山ボーイ山ガール/団地団地団地
6/26(日)
朝っぱらから真夏日和。
奈良に向かう近鉄は中高年のハイカーの方たちでいっぱい。
山ボーイ山ガール。

林由美香の命日、平野勝之監督作品「監督失格」の予告編があがっているのだが、主題歌を矢野顕子が歌っていてひっくり返る。

松江哲明の「あんにょん由美香」はおもしろくなくはなかったのだけれど、どうにも微妙な引っかかりを残す作品だった。これもちいと心配。でもなんといっても傑作「由美香」の平野監督の映画だしね。

そしてなんと渡辺文樹が大阪にやってくるという!
7/7・8の2日間、飛鳥の人権センターって、解放会館だったとこだよな。

6/27(月)
冷房の効いた列車から降りて、改札を出た瞬間の熱風の吹き寄せる感じ、実は嫌いじゃない。

「映画秘宝」8月号の東映の特集、すばらしくよく網羅されている。卓越した見世物師としての映画興行師にして辣腕経営者の手腕を兼ね備えた岡田茂への評価は的確だと思う。ほんとうはキネマ旬報のような業界誌がしっかりした岡田東映の追悼特集を行うべきなんだが。

深夜、日本映画専門チャンネルで村上透監督「凶弾」を途中からなんとなく見てしまう。石原良純と古尾谷雅人のホモ映画?と思いきや、高木澪が再び現れての良純には分不相応なベッドシーン。とにかく素人同然の主役石原良純をとりまく脇役連中が無駄に豪華で、追い詰められた主人公がシージャックする観光船の船長として若山富三郎が登場するにいたって、誰の映画だか完全に見えなくなるww

6/28(火)
真夏の日差しの中自転車走らせて千里中央へ。
田村書店でサミュエル・R・ディレイニー「ダールグレン1」「2」購入。堂々2段組500pが2冊、読める気が全然しないw

「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」という主婦たちのアマチュアバンド小説をざっと立ち読みして、結構グッとくる。
自殺した上原美優の本が文庫化されて平積みになっていて、ちょっとギョッとする。
やめときゃいいのにプレイボーイのホリエモンのグラビアのぞいて、かなりゲッとなる。
あまりの暑さに、スタバでしばし茫然と涼を摂ったのち、帰路に。
南町団地2 南町団地3
南町団地4 南町団地5
夏の団地写真集。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/07/04 12:00】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<火を放て/女はつらいよ | ホーム | ハチミツとドライバーと史上最悪の二日酔い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/981-ec62e4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |