スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読んでも読まなくても本
この夏に姫路勤務を解かれて新快速に片道1時間揺られる通勤がなくなったことが、読書量に大きな影響を与えている。また、新ブログがなかなか本始動できないのも、同じ理由で文章をつづる時間が取れないことに起因していたりする。
要するに読みたい本はたくさんあるのに、いっこうに読む時間が取れないということですの。

もはや大ベストセラー作家となってしまった感のある森見登美彦さんの新作「有頂天家族」(幻冬社)が本屋で平積みになっている。これは買わねば。しかしいつ読める?

カフカ「変身,掟の前で 他2編」 (光文社古典新訳文庫)。同じ新訳文庫でケストナーの「飛ぶ教室」を訳した丘沢静也さんによる新訳。(「飛ぶ教室」についてはこちら
評判の高い白水社の池内紀訳にあえて異を唱え、カフカの「犬のように」訳したという訳業だけに楽しみ。
私なんとあの有名な「変身」、読んだことないんです。

銀林みのる「鉄塔武蔵野線」(ソフトバンク文庫)は94年にファンタジーノベル大賞を受賞した作品の2度目の文庫化。
ある夏の日ふと目にした送電線の鉄塔に見入られた小学生が、順番に掲げられた番号をさかのぼって1番の鉄塔を目指す、というそれだけといえばそれだけだけど、妙に男子心をそそる話で、これは買ってしまいました。実は単行本を図書館で借りて読んでるのだけど、今回の文庫化は作者が当初の原稿につけた500枚以上の写真がはじめて完全な形で掲載された(従来は340枚しか掲載されていなかった)という、いわば、ディレクターズカットとも言うべきバージョンなのだ。おまけに折込で地図まで入っていて、念の入り方には脱帽。再読したいのだけど。

さて、これはちょっと違うのだけど…。
「大人の科学マガジンVol.17テルミン」(学習研究社)、なんと2400円でテルミンが買えるのですよ!
ところが今日通勤途中に梅田の本屋に寄ると、どこの本屋でも売り切れ…。
アマゾンではさっそく5000円6000円付けてるボケが!
おかしい、昨日なんばの××で平積みになっていたのを見たぞ、絶対あした朝一で買う!

  
スポンサーサイト

テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌

【2007/10/03 01:25】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<テルミン | ホーム | 禁断の果実>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/9-1baa7253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。