テニスコーツ、カスミトリオ、contact Gonzo(3/20、心斎橋クラブクアトロ)
えらく間が開いてしまいましたが、先月心斎橋クアトロで行われたクリアスポット企画のテニスコーツのライヴの覚書です。テニスにカスミトリオの競演ということで凄く楽しみにしていたライヴでした。

ステージ前方のフロアはなぜか立ち入り禁止になっています。ジス・ヒートの流れる中、まずはカスミトリオ登場。ステージ深めに、上手から高橋幾郎(ds)、道下慎介(e.g)、植野隆司(ac.g)と一直線に並び、さらに下手でひとりステージ前方で装置をいじる梅田哲也。
BGMのジス・ヒートのループにあわせて高橋さんがビートを刻み始め、演奏が始まります。全体のサウンドの基調は植野さんのアコースティックギターのカッティングやフレーズ。これに道下さんのボリューム極小に抑えたノイジーな弱音サイケギターや、梅田さんの回転スピーカーみたいな装置から出るヒュードロドロって感じの音が彩りを付けていく。ムチャ気持ちいいです。今回は2、3曲演奏するごとに植野さんがばったりとフロアに寝そべるのを合図に道下&高橋の爆音LSDマーチタイムが始まり、ひとつぶで二度美味しい感じ。ラストはポリスの「見つめていたい」のイントロから アルバムに収められていた「ペルシアン・ラグ」に。

Contact Gonzo。封鎖されていたフロアにはどうやらマイクがセッティングされている様子。ヒップホップチームのような4人の若者が出てきて、もみ合ったり、体当たりかましあったり、ドツキあったり、ペットボトルの水を飲んだり、ペットボトル落として蹴ったり、そしてその物音がマイクに拾われて深いエコーがかけられハウッたり。観ていて面白いし、音も予想がつかずおもしろい。
最後は床にテープで貼られた印にお客さんが立ったらメンバーが寄ってたかって引っ張って運ぶという観客参加のパフォーマンス。おかしい。植野さん登場して引っ張りまわされてるし。梅田さんの置いた巨大松ぽっくりにも我先にとタックルしてるし。
contact Gonzo 1 contact Gonzo 2
contact Gonzo 3 contact Gonzo 4
contact Gonzo 5

前方フロアも開放され、お待ちかね、テニスコーツ登場。本日はさや・植野に加えて高橋幾郎がドラムスで参加です。
クアトロでのテニスは前回のクリアスポット企画が動き回る2人の生音をいかにひろうか工夫を凝らされたマイクセッティングの音響が記憶に新しいのだけど、今回はステージ上普通にボーカルマイクと植野さんのアコースティックギター用のマイクがたてられているだけ。例によってテニスの二人は動き回り、曲によってPA通したり、生音でやったりという感じ。高橋さんもそれにフレキシブルに合わせてドラムの音量押さえたり、タムだけはずして持ってきて手で叩いたり。
これだけ日がたつと細部は忘れちゃったので、以下当日暗がりの中でつけたメモから判読できる部分をそのまま拾います。
ボールになりたい/魚をすなどる/終わりに向かって息を弾ませ終わりはいつですかと僕は…/醒めた水に…/フーチチークマン/雪の白さ/もしゃもしゃ(ブルーズ風)/とんとんとんからり(w.道下・コンタクトゴンゾの人)~ドリフの大爆笑(植野)/余韻残さずに消えた…走れ目立たずに/最初するには/どんなどんな/歌う声跳ねる足弾ける種を集めに行こう手を叩いてみんな集まれ曲が始まるあしたの曲が/嗚咽と歓喜の名乗り歌
tenniscoats
このメンツだとこのていどの集客なのかな、それとも地震直後のせいなのか、全体に観客はさびしい感じ。前のフロアが入れない状態でも詰まっている感じじゃなかったもん。前の山本精一さんがゲストで出たときはもう少し入っていたと思うのだけど。テニスも最初はクアトロの広さをうまくつかみきれていない感じがしたんですが、まあいたってマイペースに、かっちりと完成された歌をじっくり聞かせるステージを繰り広げてくれました。とくに終盤は名曲続きで、最近のライヴでよく演奏される「あしたの曲」の歌は素晴しいなあ。今日はやらなかった「たましー」とか「間違いだらけのインディアン」とかしっかりとしたいい曲がいっぱいあるので、早く新しいアルバムが聞きたいです。
[関連ライヴ]
「ザ・ライブ」(2011/3/16、中崎町common cafe)(テニスコーツ、梅田哲也ほか)
新春猫アレルギー祭(2011/1/10、難波ベアーズ)(山本精一+梅田哲也+猫)
出張円盤(2010/10/17、コーポ北加賀屋)(今井次郎+テニスコーツ、梅田哲也)
テニスコーツ guest 山本精一、梅田哲也 ほか(2010/8/12、心斎橋クラブ・クアトロ)(テニスコーツwith山本精一・梅田哲也)
テニスコーツ×TEASI(2010/6/20、難波BEARS)(テニスコーツ)
テニスコーツ×ゑでぃまぁこん(2009/12/20、難波BEARS)(テニスコーツ)
軽音楽ジャンボリーseries vol.2「第1回軽音楽とジャンボリー」(2009/11/8、塩谷・旧グッゲンハイム邸)(梅田哲也)
京都造形芸術大学瓜生山祭09「瓜生山ライブ」(2009/11/3、京都造形芸術大学B11・K41教室)(テニスコーツ)
カスミトリオ、山本精一と焼酎漫才ほか(2009/4/8、難波ベアーズ)(カスミトリオ=植野隆司・道下慎介・高橋幾郎・梅田哲也)
「ゆきのようにしおふらせて」(2008/12/14、難波BEARS)(ゑでぃまぁこんwith TONJAY & テニスコーツ)
AH-WOOT RAPPその16(208/6/15、梅田Shangri-La)(テニスコーツ)
NEW PICNIC @ 太陽公園 (2007/10/7、姫路太陽公園)(テニスコーツ)
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2011/04/07 13:33】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Perfect World/Walking To The Rhythm/Mercy, Mercy Me | ホーム | 冷たい熱帯魚>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/892-f768677d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |