キック・アス/わすれがたみ/有田焼
1/27(木)
朝寝をせずに、ひさしぶりにひとり映画を観に出かけることに。
テアトル梅田で「キック・アス」
女に縁もなく、ただマンガにうつつを抜かしすおたく高校生が、ある日ふと、自分もスーパーヒーローになろうと思いたつところから始まる冒険活劇。
血も涙もないホンモノのスーパーヒーロー父娘や敵役であるギャングの親玉はもちろん、そのボンクラ息子やその他主人公にからむ登場人物が、脇役まで本当によく生き生きとしてるし、コドモには見せられないエグめの暴力描写の切れのよさときたら、見事なもんです。
もう別にエントリー立てて書くことなんか何もないなあ。
おもしろかった。おもしろい映画が観たいと思っていて、まだ観ていない人はとにかく観てください、って感じ(これもこんだけ評判になってからじゃいまさらな物言いだけど)。
ストーンズの歌にもあった「欲しいものが手に入るとは限らない。でもとりあえずやってみろよ、いつかはかなうかもしれないぜ」っていう単純な真実を、いまさら教えてもらったようないいラストでした。
110127アイリッシュカリー
アイリッシュカレー中津店でアイリッシュポークカレー850円。
そうかこんな梅田からすぐのところにアイリッシュカレーがあったんだ。文句なし。
Po'Boy Records
うろうろしていて見つけたPO'BOY RECORDSというレコード店に入ってみる。
アメリカンルーツミュージックの専門店で、ウッディでしゃれた店内にたくさんのブルーズやフォーク、マウンテンミュージックなどのアナログやCD、古い「Sing Out!」など雑誌までそろえていて、ぼくは完全に門外漢なんでけど、そういう方面の好きな方にはたまらない品揃えなのではないでしょうか。
AZUMIさんや、先日亡くなられたあべのぼるさん、良本優作さんといった大阪のミュージシャンのCDやCD-Rが並んでいるコーナーがあって、お聞きすると、このあたりのミュージシャンの方との交流が深い様子。あべさんと福岡風太さんの笑顔のツーショット写真がいい。
久保田麻琴さんの名盤「まちぼうけ」と並んでディスプレイされていた音羽信「わすれがたみ」試聴させてもらって、購入。久保田さんのアルバムと同時期に作られた対になる一枚とのことで、バッキングも夕焼け楽団が担当しているのだけど、受ける印象はもっとダークで、確かに対照的。
「まちぼうけ」に入っているのと同じタイトルの音羽さんの詞の曲が2曲ほど入っているのだけど、まるで別の曲です。エンジニアを吉野大作さんが勤めていたようで、ライナーも書いてられるのがびっくり。
本当はあべのぼるさんのCD-Rとか買えばよかったかな、とあとで思ったんだけど、「ポーボーイ」といえばアシッドな空気感のある野坂昭如さんの名曲を思い出してしまって、僕の中ではつながってるんです。

奥さんが阪神百貨店の駅弁まつりで買って来てくれた佐世保線有田駅の有田焼カレー。有田焼の丼に入って2000円(プレミアム版)。ちなみにプレミアム版と通常版(1500円)はどう違うかと言うと、器のグレードが違うらしい。
いやカレーは旨いし、器も立派なのだけど、これって駅で買って列車の中で食えるの?
110127有田焼カレーパッケージ 110127有田焼カレー
「紙のおとうた通信」2月号到着。
定期購読のおまけの鈴木画伯のイラストのバッジがかわいい。

1/28(金)
なんばwalkの西端、日本橋のたんと定食黒べえで土鍋タンカレー定食950円。見た目豪華だけど、土鍋の意味は特になし。茄子もタンもルーになじんでなくて残念な感じ。お店は2月頭に閉店だそうですが。
110128黒べえ
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/31 09:43】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<01/30のツイートまとめ | ホーム | ザ・ベストテン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/834-cba39c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |