スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Take A Walk On The Wildside
フォーククルセダースの「オーブル街」は、馬車のSEにかぶさる流麗なオーケストレーションのイントロに続いてエコーのかかった加藤和彦のあの甘い声が流れた瞬間に、古めかしくセピアにかすんだ霧の深い情景が広がってくるという名曲。1曲目からこの曲をどう料理するのだろう、と思ってプレイボタンをおすと、bikkeの絶妙なエレキギターの音色(ジ・ジーというシールドノイズがまたいい塩梅!)と石橋英子のピアノの即興風の絡みの静かに張り詰めた空気に一気に引き込まれ、ジム・オルークのベースと石橋さんのピアノに山本久土のギターが最小限の装飾をつけるミニマルなバッキングに、Phewが意外にも高音で少し震えるような細めの歌声で歌うと、オリジナルで歌われた愛の喪失がより純粋に抽出されたような切実さで浮かび上がってくる。もうこの短い1曲目だけで何度も繰り返して聞いてしまった。

加藤和彦の曲が他に2曲選ばれている。ジャックスの「花が咲いて」のようなディープなサイケデリアに仕上がっている「不思議な日」もよいけれど、なんといってもMOSTちっくなパンクスタイルでキッパリと歌われる「青年は荒野をめざす」がカッコいい。パーソネルは久土(g)・精一(g)・達久(ds)の山本トリオにオルーク(b)、五木寛之の詞がいささか青臭さを感じさせる(まあそこが魅力なんだけど)オリジナルに比べ、ヤケッパチな感じがいい。数々の修羅場を潜り抜けてきた大先輩にこんな歌歌われたら、お前なにショボくれてんだ、と、どやされてるような気になる。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2010/09/07 02:10】 | 今日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<09/07のツイートまとめ | ホーム | 09/05のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/708-b4f17c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。