正月その2~クラシックロック三昧の巻
BSで紅白見ていたら、続きがなんか赤坂泰のナビゲーションによるロック名曲選みたいな番組で、その後はクラシックロック漬け。

・Rolling Stone誌の選んだロック名曲300曲を基にした「伝説のロック・全米ベストヒット・スペシャルセレクション」なる番組だったのだけど、性質上No1ヒットとかばかりじゃなくて、けっこう渋い曲がかかってて見入ってしまう。アル・グリーンのセックスアピール振りまくりのライヴとか、若き日のJBの華麗なフットワークとか。シドがまったくベース弾いてねえピストルズのライヴも面白かった。

・そのあとチャンネル変えてBS朝日の「ベストヒットUSA2007」の6時間スペシャルを途中から。ちょっと見て録画に切り替え、元旦の晩に見ました。小林克也さん、お元気だねえ。いい湯加減のトークを適当につまみながらクラシックロック漬。さすがにこっちは80年代のMTV全盛期の定番ビデオの数々(シンディ・ローパーとか「スリラー」とか「カーマは気まぐれ」とかダイアー・ストレイツの「マネー・フォー・ナッシング」とか)が懐かしかった。良かったのはやはりライヴもの、77年CBGBのラモーンズとか年代忘れたけどごく初期のクラッシュとか。




・2日は元旦に録画しておいたBS朝日「ジョン・レノン・スーパーライヴ」を見る。なんと言ってもチャボを従えて登場の清志郎。化粧をしても消せない顔のやつれ加減、むくみ具合が痛々しいが、歌の迫力は「復活」の名にふさわしい。いきなり「おかあさん!」と歌われる「Mother」は圧倒的で、ほかの出演者と格が違うと思いました。なぜか「ハートに火をつけて」なイントロでさらりと歌われる「ア・ハード・デイズ・ナイト」もよし。

・フィナーレ、出演者全員による「パワー・トゥ・ザ・ピープル」~「ギヴ・ピース・ア・チャンス」でヨーコ登場、ここから30分にわたるヨーコの絶叫が…というようなことは全然なく、あっさりと「イマジン」で感動のエンディング。さすがヨーコさん、チャリティに求められているもの(=しっかり金を集められるアクト)をちゃんと心得てはる。樹木希林は呼んでおきながら、その旦那に声かけないのも同じ理由か。

ということでジョン・レノン・スーパーライヴ」では見られなかったヨーコさんのパフォーマンス(w/サーストン・ムーア)。


今年もまあこんな感じですが、どうかよろしく。
スポンサーサイト

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

【2008/01/03 00:07】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1・2・3・4!/孤児部隊の世界永久戦争/ギャラン・ドゥ | ホーム | 正月その1~紅白の巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/69-3ecac250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |