スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
テニスコーツ×TEASI(6/20、難波BEARS)
日曜日は仕事のあとライブに行きました。ベアーズでテニスコーツとTEASIのツーマンです。

テニスコーツは今回PAを通さない生音のセットでした。さやさんがステージの上から客席まで自由に歩きながら歌い、たまにカシオトーンやピアニカで色を付け、植野さんアコースティックギターをかかえてさやさんに追い回されるようにステージ上を移動しながら伴奏をつけていきます。音や声の聞こえ方が刻々変わるのがいちいち凄く面白い。音の一つ一つを聞き逃すまいという客席の緊張感をふわっと和らげて行くような、素晴しい空気感のただよう演奏でした。どの曲も人懐っこくて、聞いたことがあるはずと思ってあとでCDを聞き返してみても見つからなかったり。他のライブで聴いたのかなあ。
中盤「Cacoy」から梅田哲也さん登場、今回はぐるぐる回転するスピーカーの装置を操り、スピーカーにふたをかぶせて風のような音を出したり、ピンポン玉やビー玉のせて音を立てたりされます。さやさんにいきなり「ソロ!」とか振られて「できないですよ」とか言ってましたがいやいやどうして存在感ばっちりでした。ラストに演奏された、「テンポラチャ」に収められた曲に歌詞をのっけたような半分即興風の曲でのはまり具合は本当に見事でした。

TEASIはVo&g、b、keyb、dsの4人に元山ツトムさんのスティールギターと村上ゴンゾさんの謎の装置を加えた編成。モツさんは最近はゑでぃまぁこんでおなじみだけど、ゴンゾさんはなんか久しぶりにお見かけしましたよ。ボーカル&ギターの一平さんは以前Tonjayとしてゑでぃまぁこんのライヴにゲスト参加されてましたね。すべてのパートが一音一音丁寧に音を乗っけていくような繊細に作られていくサウンドは、あとでさやさんが言ってた言葉を借りれば「コヤ全体がそのままどこかに行ってしまっているような」CD以上のトリップ感でした。
超満員のベアーズは、特にこういうじっくり聞かせるライヴだと、床に座っていても立っていてもかなりキツいものがあります。今回は最初立見だったのが、TEASIの間次々に異世界にアブダクションされて消えていく人たちがいて途中から腰を下ろすスペースができたのでなんとかなったんですがw。

最後はテニスコーツの二人を加え、テニスの曲を2曲とTEASIの曲1曲をさやさんと一平さんが掛け合いで歌うようなスタイルで演奏しました。植野さんはサックス、なかなか達者にロッキンな演奏を聞かせます。TEASIの曲もいいですが、テニスの曲のポップさは格別ですね。バンド演奏になると二人の演奏とはまた違った空気感がある。ここ数年でファンになった者としては「マイカー炎上」「花びらのインド」という初期の名曲が聞けたのが大変嬉しかったです。エンディングで植野さんがステージ中央に出て派手なアクションで指揮をします。高まる演奏、そして植野さんの頭上には梅田さんがセットした巨大な金だらいが…。

あとで植野さんにお声をかける機会があったんですが、とっさに「あの金盥…」とかしょうももないことしか言えずがっかり。ベアーズのような小さいライブハウスだとライブあとにメンバーの人がうろうろしてて、いいライブだったらなんか感想を伝なきゃ申し訳ないような気になるんですが、とっさに言葉がすっと出てこなくくていつも後悔する。植野さんは「いつ落ちてくるかわからなくてこわかった」とちゃんと返してくださったんですが、最近アンプラグドなスタイルで演奏されている曲(「間違いだらけのインディアン」とか)、音源化の予定はあるのかとか、他に聞きたいことは他にあったのに。

夕日ふたつ
物販でPastels/Tenniscoatsのアナログや円盤から出たテニスのDVD-R、アキツユコさんとゑでぃさんのユニットとんでけ草のRなどなど細かいものをがっさり購入。一番細かいのはさや・一平・パグダス・POPOといった豪華メンバーによるカシオトーンを使った1分ずつの音源をまとめたコンピレーション・ミニ・CD-R。これはかわいい。音もすっと聞けてとってもキュート。
[関連ライヴ]
テニスコーツ×ゑでぃまぁこん(2009/12/20、難波BEARS)
軽音楽ジャンボリーseries vol.2「第1回軽音楽とジャンボリー」(2009/11/8、塩谷・旧グッゲンハイム邸)(梅田哲也ほか)
京都造形芸術大学瓜生山祭09「瓜生山ライブ」(2009/11/3、京都造形芸術大学B11・K41教室)(テニスコーツ)
カスミトリオ、山本精一と焼酎漫才ほか(2009/4/8、難波ベアーズ)(カスミトリオ=植野隆司・道下慎介・高橋幾郎・梅田哲也)
「ゆきのようにしおふらせて」(2008/12/14、難波BEARS)(ゑでぃまぁこんwith TONJAY & テニスコーツ)
AH-WOOT RAPPその16(208/6/15、梅田Shangri-La)(テニスコーツ)
NEW PICNIC @ 太陽公園 (2007/10/7、姫路太陽公園)(テニスコーツ)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2010/06/24 02:45】 | ライヴ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<なんて素晴しいのふたりのロマンス | ホーム | ベトナム/ラッセル/レインコーツ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/655-3b344a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TDK データ用 DVD-R 1-16倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50枚 スピンドル DR47PWC50PU |
TDK データ用 DVD-R 1-16倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50... これ欲しい【2010/07/01 16:21】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。