ワン・ウィーク
5/30(日)
初夏の晴天。温度もかなり上がっていい感じ。
朝夕と畑で農作業。昼はとんかつ道場で弁当買って娘と緑地でいただく。ぷしゅ。
奥さんからのメールでデニス・ホッパーの訃報を知る。
晩はレトルトのカレー。娘は嬉野温泉和多屋の別荘佐賀牛ビーフカレー、博多伽哩堂の濃黒伽哩。確かに辛いけど辛けりゃいいってもんでもないしなあ。
100530嬉野温泉和多屋・博多伽哩堂レトルト
録画していた「四畳半神話体系」第3回、今回はほぼ完全オリジナルストーリーで、「まなみ号」の登場に愛情は感じるけれど、主人公がレース用自転車を漕ぐ話には違和感。

Dommuneで吉田アミの怪鳥音。

5/31(月)
森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」(角川書店)。京都という存在感のある土地を離れて現実感の薄い近郊の新興住宅街を舞台に小学生の視点で描かれるファンタジーという新境地。なんかね、キャラクターとか文体とか、そこはかとなく村上春樹っぽい。いや村上春樹よりだんぜんおもしろいんだけど。

6/1(火)
偉い人と会食。二次会でカラオケ。ただでさえカラオケなんか行かないのに偉い人の前でどんな歌を歌えというのだ。とりあえずジュリーとかクサいところをうたう。
オザケンの「さよならなんて云えないよ」を歌ったら、年上の偉い人たちだけじゃなくてちょっと自分より歳が下のやつらもまったく知らないのにいささかショックを受けた。
オザケンはちゃんとあのまま続けて日本の歌謡界のメインストリームを背負っているべき人だったと思う。そうすれば俺がカラオケで歌える歌ももっとあったろうに。

6/2(水)
100602船場カリー
なんばCITYの船場カリーでスジネギカリー950円。

6/3(木)
奥さんとTOHOシネマズなんばで「アリス・イン・ワンダーランド」。「トロン」とかなんかディズニーのアニメとか3Dものの予告編を見たけど、まったく記憶に残ってない。
それにしても「告白」、すごく面白そうなんだけど、それ以上にすごーく厭な気分になりそうで観にいく気になれない。
晩、近所の大阪王将で餃子など。
大阪王将

6/4(金)
朝から録画していた「少年メリケンサック」を見る。まあほんっと適当な話だけど、「さくら~」のシーンはむちゃくちゃおもしろかった。宮崎あおいたん可愛いし、ただで録画で見るには十分おもしろかったと思います。パンクの好きな人は怒ると思うけど。
四ツ橋のカレー屋エクソダスでチキンカレー880円。
200604エクソダス
うん、旨い。

6/5(土)
絲山秋子「ダーティ・ワーク」(集英社文庫)購入。
帰りにタワレによって15分ほどうろうろ。試聴した最初のギターの音でシビレて割礼「星を見る」をレジに。
「風とロック」6月号、永ちゃんの写真とインタビュー、おもしろい。

6/6(日)
朝から出勤。眠い。
帰ってから夜中のドミューンのイルリメの再放送を見たかったのだけど、あえなく撃沈。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2010/06/08 02:02】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ロケットSON | ホーム | アリス・イン・ワンダーランド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/648-2cfd609f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |