今歌うんだ今叫ぶんだ言葉を忘れた俺の/アメリカ文学の扉を叩く
5/19(木)
「みさちゃんのこと JOJO広重ブログ2008-2010」(天然文庫)を読む。
正直なところ、JOJO広重さんの人生を語ることばは苦手だ。
なぜかと考えるに、ロックミュージシャンの語る人生のたいていが破天荒で常人離れしていることが多いのに、JOJOさんのことばが、その過激な音楽活動とうらはらに、しごく真っ当に、普通に人生を生きることの大切さを突いてくるからだろう。この本ではJOJOさんの子供時代や学生時代の思い出話がすばらしく精細にみずみずしく語られるのだけれど、読めば読むほど自分自身の人生の薄っぺらさを責められているような気になってしまうのだ。

かっこわるくてもいい。ヘタクソでもいいのだ。誰かのまねごとでもかまわない。そのうちに自分の言葉に、自分の歌になるから。失敗したってかまわないから。


後半あまり出てこないが、オカルトめいた体験を語るJOJOさんの語り口が好きだ。
ドッペルゲンガーに出あったり、毎晩のように通り過ぎるモノの下に生活したりと、一般的に「心霊体験」と言われるような不思議な体験を紹介しながら、JOJOさんはそれを何か結論付けたり、因縁話に回収することはなく、ただただそこにあるものとして描きだす。自ら占い師として活動もされていると聞くのに、最近ありがちな俗流スピリチュアルズムとは確実に一線を引いた姿勢が興味深い。

前世が何であろうが、霊がついていようがいまいが、家に邪気を感じようが、そんなことはどうでもいい。そんなことに左右されない自己があれば、どんなことでも乗り切れるさ。墓を立て替えたところで、高価なハンコを買ったところで、そんなもので幸せになってなんになる。

「科学と神秘のあいだ」の菊池誠さんの言葉を借りて言えば「神秘は人の心の中に存在する」ことをよくご存知なんだと思う。

5/20(金)
休み。昼前に、さあ今日はどこのカレーを食べようなどとぼんやりしていたら、さる偉い筋からお叱りのメール、書類に大々的に抜けがあるとのことで、あわてて髭そってネクタイ締めて市内某所に参上する。

いい天気、つうか暑いねえ。夏だよ。
用事をさっさと済ませて、ネクタイをはずし、心斎橋のStandard Bookstoreでぶらぶら。
100521StandardBookstore
地下のカフェでチキンカレー。単品で700円、セットだと1品とコーヒーで1100円とちょっと張りますね。カレーはチキン・ジャガイモがゴロゴロとしっかり主張していて美味。
アイスコーヒーすすりながら購入したブローティガン「芝生の復讐」 (新潮文庫)をぱらぱら。
これおもしろいよー。冒頭の表題作の痛快さに引き込まれ、2篇目、3篇目とおもしろいおもしろいと読み進んでいくうちに、6編目の妻に逃げられた男がモンタレー湾岸でビーチ・ボーイズの「カリフォルニア・ガールズ」のかかっているラジオに火を放つ「太平洋のラジオ火災のこと」って話(泣ける!)で気づいた。これ文庫出た時に買ってるわ。読みかけのままどこかに眠ってるはず。
これこれ、ブログ内検索をするでない。

スタンダードブックストアを出たらすぐ韓国総領事館なのだけど、御堂筋をはさんだ向かいで拡声器持ってデモの人々。最近ちょくちょく見かける人たちだ。あまりに汚い言葉遣いにせっかくの楽しい休日気分に泥をかけられたようないやーな気分に。
銀行で税金払って帰宅。

夏草
裏の畑の草むらに足を踏み入れると、大きなカエルがいっぱい跳ねて逃げていった。
春はおわり、もう夏なのだな。
夜になると盛大なカエルの合唱、聞きながらその前に梅雨があるんだと思い出したり。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/21 23:30】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ご臨終です/ハルヒ | ホーム | ドロー・ザ・ライン>>
コメント
>たけちよさん
外に敵を見つけてそれを排除することで自らのアイデンティティを確保しようというような人たちは、どうやら(ナチスドイツを例に挙げるまでもなく)一定量いるようなのですよ。
僕はそれは、自分の内部に敵を見つけ潔癖症的な空論で自己批判と内ゲバを繰り返しながら内部崩壊をとげていった新左翼の連中とは対極に位置するものだと思います。
左翼の人たちのことはさておき、世の不正の何もかもが自分たちと種類の異なる「あいつら」のせいだといわんばかりの暴論を普通に吐ける品性は耐え難いものがあります。で、そういった言説が一部の人たちとは言えそれなりに受け入れられている現状には恐怖を感じます。
【2010/05/25 00:04】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
JOJO広重さんライブで見たことないです。
一回見てみたいんだけどなぁ・・・

ヘイトスピーチねぇ・・・
かつての極左集団が大衆の支持を得たか?考えりゃわかるようなもんだと思うのですけどねぇ・・・
【2010/05/21 23:50】 URL | まつだいらたけちよ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/641-7bafa84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |