WILCO JAPAN TOUR 2010 (4/22心斎橋アメリカ村BIG CAT)
Wilcoの7年ぶりの来日公演を見に行ってきました。
2時間10分にわたるコンサートはとにかく素晴しくって、あれから5日近く経つ今も他の音楽聞きたくないくらい。
もう何もかも良かったで済ましたいところですが、それではあまりになんなんでかなり雑い文章だけどライヴの印象をまとめておきます。

最新アルバムのオープニングでもある彼らのテーマソング「Wilco」でコンサートが始まる。重いギターのリフにリードギターが絡む無骨なアメリカンロックサウンドにちょっぴり泣かせるサビのメロディというウィルコのロック宣言みたいな曲。最後"Wilco."と歌うたびにブレイクが入りメンバー紹介のアナウンスが流れるのがニクイ。
2曲目はヒット作「Yankee Fotel Foxtror」のオープニング曲でこれは打って変わってじっくり歌を聞かせる(タイトルのフレーズではすでにみんないっしょに口ずさんでる)バラードながら最後は壮絶なノイズまみれになるポストロック曲で、早々に彼らの音楽の幅の広さを見せ付けてくれる。それでもどの曲にも共通するのは絶妙に哀愁を帯びた歌メロディで、なんでこのバンドの日本での人気がこの程度のものなのか、納得できん。序盤は泣かせる名曲の連続で、特に僕はマイケル・ジョルゲンソンのピアノにジェフのアコースティック・ギターで始まる「You Are My Face」の冒頭のジェフ・トゥィーディとベースのジョン・スティラットの美しいハーモニーでもうこらかなわんと思った。僕の好きな70年代初頭のグレイトフルデッドをちょっと思わせるカントリー・ロック、それがだんだんダイナミックに展開していく。デッドのライヴは見れなかったけど、ウィルコが見れて良かったと思った。

無茶なノイズをオーバーアクション気味に派手にかき鳴らしたりしながら、実は職人的に丁寧にサウンドに装飾を施していくネルス・クラインのギターがいい。「Impossible Germany」の後半の流麗に伸び上がっていくフュージョンみたいな音色のギターソロ。
「Poor Place」がラストまたしても壮絶なノイズで終わり、ジェフのアコースティックギター弾き語りに他のメンバーが優しくさりげない装飾をつける美しい「Reservation」から、ウィルコで一番Neu!度の高い10分にわたる「Spiders」のビートに移っていくあたりのダイナミズムは中盤のハイライトだったと思う。グレン・コッツエの叩くパワフルなハンマービートにネルスとジェフ、さらにもうひとり最初にキーボードで登場したはずのベビーフェイスのパット・サンソンが加わったトリプルギターによるキメのリフの快感。

日記にも書いたけれど、観客が7年間のブランクを埋めるかのように素晴しい盛り上がりを見せてくれた。とにかく反応がよくて演奏の一つ一つに反応して声を出し、歌い騒ぎ、手拍子し、盛り上がった。外国人が多かったのは確かだけど、MCへの反応も良くて、最初はあまり口をきかなかったジェフがだんだん軽口叩くようになっていくのが嬉しい。ジェフ「楽しんでるかい?」客「いえーっ!」ジェフ「帰りたいかい?」客「のーっ!」日本人がついなんでも「イエーッ」って言ってしまうトラップも難なくクリアでした。でも一番びっくりしたのは「Jesus, etc.」でまるまる1曲観客で歌いきったところ。外タレのコンサートでいつも残念な結果に終わるのがSingalongタイムなんだけど、今回ばかりは震えた。次に日本に来てくれる時はちゃんと歌えるように歌詞覚えてこ。

終盤、僕の大好きな「Heavy Metal Drummer」もやってくれました。
グレンはスティックをまわし、パットはマラカスを高く投げ、すごく楽しそうでよかった。

最後にジェフが「See You Soon!」って言ってたけど社交辞令じゃないよね。某野外フェスを期待してるんですけど。
アンコールが終わって客電がついても再アンコールを求める拍手が鳴り止みませんでした。

セットリスト(4/26修正)
1. Wilco (the song) [W]
2. I Am Trying To Break Your Heart [YHF]
3. Bull Black Nova [W]
4. You Are My Face [SBS]
5 One Wing [W]
6. A Shot In The Arm [ST]
7. At Least That's What You Said [GIB]
8. Radio Cure [YHF]
9. Muzzle of Bees [GIB]
10. Deeper Down [W]
11. Handshake Drugs [GIB]
12. Impossible Germany [SBS]
13. Poor Places [YHF]
14. Reservations [YHF]
15. Spiders (Kidsmoke) [GIB]
16. Hummingbird [GIB]
17. Jesus, etc. [YHF]
18. You Never Know [W]
19. Theologian [GIB]
20. Heavy Metal Drummer [YHF]
21. Hate It Here [SBS]
22. Walken [SBS]
23. I'm The Man Who Loves You [YHF]
E1. The Late Greats [GIB]
E2. I'm A Wheel [GIB]
[ST]:Summerteeth, [YHF]:Yankee Hotel Foxtrot, [GIB]:A Ghost Is Born,
[SBS]:Sky Blue Sky, [W]:Wilco (The Album)
スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

【2010/04/23 02:24】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジーザス・エトセトラ | ホーム | 岡部まりはともかくきん枝はないやろきん枝は。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/624-3da15d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |