坂道下って/夢をみるなら/アカシアの雨に打たれ
1/12(火)
鼻水止まらない。
やっぱり風邪ではないのかorz

こないだホール・オヴ・フェイムの番組で見たCSNがちょっと良かったんで、昔買ったスティーヴン・スティルスのマナサスのCD「Down the Road」を引っ張り出して(iPodに取り込んで)聴いてみると、これがすごくいいんだわ。ギターやオルガンやスティールギターといったそれぞれの楽器の演奏、サウンドやグルーヴやら全部いい。プラケースに直接WAVEの600円の値札シールが貼ってあり、確か茶屋町の梅田LOFTの5階に昔あったWAVEのバーゲンで買ったんじゃないかと思う(もしかしたらなんばのBIG STEPのWAVEの閉店セールだったかもしれない)。1回そこら聞いたけれどさっぱり良さがわからずCDラックに放置されて多分もう20年位になるのではないかではないかな。その間に音楽的な好みも変わってきているんですね。たぶんグレイトフル・デッドに一時期ハマったのがその後聴く音楽の幅を一気に広げることになったのではと思う。あとこれも一時期はまり込んで、今でも抜けられない日本のフォーク/ロックの創成期のアーティストにカントリー・フレイヴァーを持った人が結構いたことと。
いずれにせよこの方面は未開拓の分野、とりあえずCSNYを久しぶりに再聴したいけど紙ジャケ出ないかなあ。

そしてラブクライ「平凡」はいいアルバムでした。メジャーデビュー(なのかな?)になる2001年の「アイ・ブリング・ユー・ダウン・トゥ・アンダーグランド」で聴けたメロディセンスやルーズなグルーヴ、芳醇なサウンドはすでに1999年のこの時点で完成していたんだ。
おさめられた5曲のうち歌モノ3曲はどれもエヴァーグリーンで、1曲目「夢を見るなら」の最後のインチキ臭いカタカナ英語のリフレインとか愛しくてたまらない。そしてタイトル曲「平凡」のういういしくパキっとした女声ボーカルが良かったのでクレジットを見たらヘリコイドのロコさんだった。へー。
残り2曲のへんてこなインストもトリッピーでいいです。

ということで通勤時この2枚を繰り返して聴く。

1/13(水)
朝出勤で夜まで仕事。
寒いぞ。

晩。NHK総合で録画していた「SONGS」のNOKKOを見る。産休・育休を経て10年ぶりに復帰とのことで、すっかりおばさんになっちゃったけど、声は衰えていない。「人魚」「Raspberry Dream」「フレンズ」などテロップ見て一緒に口ずさんだりする。ラストは佐野元春の「サムデイ」、復帰作がいまはやりのJ-Popクラシックのカヴァー集っていうのはなんだかなーと言う感じだけど、これも普通に歌えてしまう。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/01/15 01:11】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<安い店/お年寄り関係 | ホーム | えびすさん/おもらいくん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/571-b6ce1646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |