買い物/ビリー・ジーン/鍵
12/26(土)
うちはK-CATeo光テレビでパナソニックの録画機能付STBを使ってテレビを見ている。最近妻が韓流ドラマに(いまごろ)ハマりだしたせいもあってHDDが不足気味になってきたので、ここはボーナスもでたことだし、ぶりっとDVDだかBDだかの付いたHDDレコーダーを買ってこましたろ、とヨドバシにでかけて、初めてCATVから外部録画装置にハイヴィジョン録画できないという事実を知った。
え、そうなの?みんなケーブルでテレビ見てる人って知ってることなの?―いや、あんまり知らない人のほうが多いと思います、というのが店の人のお答え。
唯一パナソニックの500GB以上のHDD/BDレコーダーならiLink端子が付いていて、ムーヴだの直接外部レコーダーへの録画ができるとのこと。ヨドバシのポイントもたまってるし8万円はまあ予算ギリかなというところだけど。もともとCATVで見ているCSのチャンネルなんてまだHD画質じゃないところがほとんどだし、実はあんまりこだわる必要はないのかもしれないのだけど、それなら余計にこのスペックは無駄に思え萎えてしまい、仕切りなおすことにする。
今のレンタルのパナソニックのHD録画機能付きSTBはダブルチューナーだし実はけっこうスペックは悪くないと言うことも分かったので、これをHDD500GB/BD付きというのにグレードアップする、というのが正解の様子。あとはK-CATだかeoだかに払い続ける月2000円を高いと考えるか安いと考えるかの問題。

夜、DVDでマイケル・ジャクソンの80年代のPVを見る。ジョン・ランディスの「スリラー」は有名だけど、「BAD」がスコセッシだとは知らなかった。まあでもこの辺の「作品」ぽいやつって今見ると、無駄に長い。特にカルキンの出てる「ブラック&ホワイト」、歌が終わってからなんでこんなに長いんだ。
全然関係ないけど、「ビリー・ジーン」が尻軽女に嵌められてお腹の子供の父親にさせられそうな男の子の叫びだというのをはじめて知った。

12/27(日)
普通に昼から出勤。子供は毎日家にいるし、曜日の感覚がない。

12/28(月)
なんばCITYの船場カリーでいつもすじネギカリーじゃ芸がないのでロースかつカリーを頼んでみた。
091228.船場カリー

桐野夏生編「我等、同じ船に乗り―心に残る物語 日本文学秀作選 」(文春文庫)、いよいよ大詰めは谷崎潤一郎の「鍵」。
いやあ谷崎なんてはじめて読んだよ。いや、本当はは中学生の頃父親の本棚の黴臭い日本文学全集の「痴人の愛」をときどきこっそり読んでいたような気がするから、それ以来だ。
こんなド変態話とは思わんかったわ。面白いねえ。

夜、BS2を見てたら中森明菜のコンサートをやっている。
フォークの名曲を歌うとかって、「神田川」とか「いちご白書をもう一度」とか「心もよう」とか歌っているのだけど、ちょっと酷すぎて聞いてられん。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/12/29 00:23】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<買ったきりあまり聞いていなかったアルバムをiPodにインポートしてシャッフルで聞き返してみるテスト | ホーム | サンタが町にやってきた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/562-b63565c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |