アンヴィル!夢を諦めきれない男たち
シネリーブル梅田で「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」を見てきました。カナダ出身のへヴィ・メタルバンド「アンヴィル」を追ったドキュメンタリー映画です。
シネリーブルは毎月15日が入場料1000円の日だったみたいで、初回の16時20分の回は8割の入りという超満員状態で、正直ビビリましたよ。
anvilとクラウザーさん

映画のほうは本当によくできていて、まあ感心しました。まずは主人公のアンヴィルのふたり、とにかく陽気で楽天的なボーカルのリップスととにかくリップスに尽くし続けるいいヤツドラマーのロブという、この二人のキャラからして絵になりすぎ。さらに、二人がレコーディング中に大喧嘩してあわやロブ脱退!って時の和解の瞬間とか、奇跡的な絵がそこここにあって、その上でしっかりストーリーラインが出来上がってるから面白くないわけがない。某国のメタルフェスの盛り上がりを見た瞬間、監督はこれで決まったとさぞかしニンマリしたに違いない。

「夢を諦めきれない男たち」というサブタイトルから、負け犬の話だと勘違いしている人もいるかもしれないが、実はちっともそんなことはない、というのがぼくの感想。たとえば中盤の「悲惨な」ヨーロッパツアーのくだりでも、確かに客がわずか5人しかいないライヴとか悲惨な映像もあったけど、実際はちゃんと盛り上がってるライヴもたくさんあったよね。なんやいいながら30年にわたってやりたい音楽をやり続け、インディとはいえ新しいアルバムを作り、ヨーロッパツアーまで敢行してしまってるんだから、これを人生の勝ち組といわずになんと言おう。この映画が感動的なのは、人によっては悲惨に見るかもしれないそんな日々を、ごく楽しげに乗り切っていく主人公たちの素の姿がいきいきとフィルムに定着されている点なんじゃないのかな。

それにしても某国のロックファンって素晴しい。
たぶんフェスティバルで昼前からスタートする最初のアクトから律儀に盛り上がるのは日本(あ、言っちゃったw)くらいなんだろうなあ。

原題:Anvil!: The Story Of Anvil
(2009年/アメリカ/81分/1:1.85/ドルビーデジタル)
スポンサーサイト

テーマ:見た映画 - ジャンル:映画

【2009/12/16 00:04】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ケフテ/スフレ | ホーム | メンズデー/音楽と漫画とカレー/と回転寿司>>
コメント
>ねこらくさん
コメントありがとうございます。
いやあ最近見る映画みんな単館なんですよ。
行きたいと思ってもレイトショーだけで時間が取れなかったり、そんなんばっかり。

アンヴィル、私はロブがいい奴すぎて目頭が熱くなりました。
【2009/12/17 00:28】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
こんにちは。はじめまして。

「アンヴィル」私も観ました。熱かったです。
上映している映画館が少ないですね。

またお伺いします。
【2009/12/16 19:56】 URL | ねこらく #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/553-ca6bf756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |