ぐらころ
グラコロってCool Japanだと思う。あのクリームコロッケとキャベツととんかつソースの味と食感の微妙な組み合わせの妙。あらあアメリカ人には作れないよな。

はちみつぱいの「The Final Tapes」もようやくディスク8の解散コンサートまで来た。鈴木慶一さんが風邪気味で多少鼻声ではあるけれど、メドレー形式で次々に代表曲を演奏していく演奏していく文句なしの構成。特に中盤、「ミスターソウル」からこのアーカイヴではもはやおなじみのおなじみの「薬屋さん、再び」~「ラティーノ」のインストメドレーに組み込んで、久々の「こうもりの飛ぶ頃」が演奏されるあたりの流れは見事。ラストは名曲「大道芸人」(このころのライヴでは必ず「髭と口紅とバルコニー」のイントロに後に使われるフォスター風のピアノから始まる)の最後がフェードアウトで終わるのが惜しい。
コンサートではこのあと演奏された「塀の上で」は、ソリッドから出ていた「セカンド・アルバム~イン・コンサート」に収められているので、ぜひ再録して欲しかったところ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/10/30 01:11】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マイケル・ジャクソンTHIS IS IT | ホーム | こうもりの飛ぶ頃>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/528-5f46e69c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |