スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
いんなあすぺーす/クルクルミラクル/さゆり圧勝
「S-Fマガジン」11月号、J・G・バラード特集を買う。巻末の柳下毅一郎作成の書誌を見ていて、初期の長編をちゃんと読んでいないことに気づく。amazonで見てみたら創元の「狂風世界」も「燃える世界」も品切れ中の模様。再版されないかなあ。

関西テレビ「僕らの音楽」で小野洋子のプラスティック・オノ・バンドを見た。
基本この人酷く音痴でリズム感も怪しいんで、今までジョンと絡んでいるもの以外はあまり積極的に聞いていなかったんだけど、コーネリアスバンド+ショーン・レノン&本田ユカ+細野晴臣という無駄に豪華なバンドの達者な演奏をバックに豪快に「女性上位万歳」を歌いまくるその姿を見て、ああこれもアリかな、と思った。今回のアルバムはどうやら音楽監督をショーンが勤めているようで、そのあたりが成功の要因かも。ショーンのピアノをバックにしたポエトリーリーディングが意外に美しかった。お得意のボイスパフォーマンス(これもえんえんやられるとキツいんだけど)を中心にした最後の曲もコンパクトでカッコよかった。はっきり言ってクラプトンやリンゴやジョンがやっていたトロントのプラスティック・オノ・バンドよりずっといい。
すっかり歯並びも整って美人になり、ついでにオーラがまったくなくなった篠原ともえによるインタビューは、なんだかす。大きなサングラスを鼻にひっかけ、おっぱいの谷間を見せてご機嫌にしゃべる洋子さんの異人ぶりだけが禍々しい輝きを見せてました。

ネットで「音博」を検索して回っていたら、さゆり圧勝でワラタ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/09/26 11:23】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<恩田陸も有川浩も桜庭一樹も女性作家です | ホーム | エンゼル堺/ここかしこ/接吻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/504-4c1cb731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。