Fuji Rock Festival 2009 Day3(7/26、苗場スキーリゾート)
さて、昨晩なくしたケイタイですが、あさいちでインフォメーションに行って聞いたらあっさり見つかりました。すばらしい。レッドマーキーという場所がよかった。これがヘヴンやホワイト、あるいはグリーンのフィールド内だったらこうすぐには出てこなかっただろう。ましてオレンジだったら今頃サッカー少年の足元深くに眠っていただろう。

3日目は曇り時々晴れ。まずは苗場食堂裏でケイタイ発見を祝って乾杯(ますどれという女の子バンドの音が聞こえてた)、あとはまずアヴァロンで子どもを遊ばせる。昼飯食ってだちゃんぼで盛り上がるヘヴンを横目にオレンジへ行ったらJuana Molinaの最後の方だった。さすがに昨日あれだけ近いところで2回も見たんだからもういいだろうというつもりだったんだけど、大ステージの大きな音(オレンジの出音を大きいというのはちょっと抵抗があるのだけど、それでも、あの程度の音でも)で聞いたらミニマルなヘッドミュージックっぽいニュアンスがまったく掻き消えてグルーヴするダンスミュージックになってしまっているのが驚いた。それも全部ファナおばさんの指先1本ですよ。なんたるリズム感。だちゃんぼで踊り狂っていたジャム系のお客さんはもったいないことしたと思うよ。

オレンジコート、続いて司会のMCに続いて頭脳警察登場…と思ったらすぐにみんな引き上げちゃった。もう一度司会再登場してお詫びと訂正「先ほど39周年と申し上げましたが、40周年の間違いでした…」(笑)。気を取り直して登場したバックメンバー+トシとパンタ、1曲目はステッペンウルフ「ワイルドで行こう」の日本語カヴァー、続いて「悪たれ小僧」、「万物流転」。個人的に頭脳警察はあまりよくわからなくて聞いてなかったんだけど、色気のあるパンタの歌声で、いわゆる「ロックの歌詞」らしい頭の悪い感じの詩ではない普通に聞かせる歌詞がダイレクトに伝わり、ぞくぞくするほどかっこいい。特に新曲「俺たちに明日はない」に続いて歌われた「Blood Blood Blood」のハードさときたら、トシのパーカッションの連打もあいまってほんとにシビレました。最後はブルーチアーヴァージョンの「サマータイム・ブルーズ」、途中に「銃を取れ!」が挟み込まれているのだけど、これがまたロックっぽくうねるビートでカッコいいです。そして、「サマータイム・ブルース」の日本語詞は「カヴァーズ」の清志郎のヴァージョン。賑々しい追悼なんてお題目を立てなくても、わかる奴にはわかるというこの姿勢がいいです。50分の持ち時間にもかかわらず、30分そこそこであっという間に去っていったのもイカシてる。そして頭脳警察が去っていった途端に底の抜けたような土砂降り。

土砂降りの中、ヘヴンから聞こえるサニーデイサービスの歌を聴きながら、オレンジのトイレに30分くらい並ぶ。やっと用を足して、雨が止んできたのでヘヴンに移動したらまあ超満員で。サニーデイと入れ違いでオレンジでソウル・フラワー・ユニオンが始まるのだけど、あまり好きじゃないんで、まったりとROVO待ち。
ROVOは凄かった。すいません。ROVOの音楽を表現する言葉がありません。

ここはもうみんなそういう移動なんでしょうがない、渋滞の人並みにもまれながら、泥でぐっちょぐちょの通路を通ってオレンジコートの渋さ知らズに移動。ようやくオレンジの入口の橋に差し掛かった瞬間の光景は忘れられない。オレンジコート一面の人人人…、そしてちょうど始まった「ナーダム」に、居合わせたみんなの中から自然発生的に「ラーラーラーラーララー」と歌声がおこり、歌いながら橋を渡ったんだ。
06年、オレンジ初年度のオオトリだった渋さのステージは玄人向けであまり評判がよくなかったように思うのだけど、今回は完全にフェス向けのベスト選曲で観客を乗せまくる(個人的にはちょっと外れた曲があった方が渋さらしいと思うのだけど)。そんななかで、ジミヘンの「リトル・ウィング」~サン・ラの「イメージズ」のあたりの流れは個人的にツボだった。
終盤にはROVOを終えたばかりの勝井さん芳垣さんも駆けつけ、見せ場を作る。
最後はお約束の「本田工務店のテーマ」で大団円。あーそうそう、坂本さんがチェロで火花飛ばしてましたw
ヘヴンで ヘヴンでその2
Disco Biscuitsで盛り上がるヘヴンの最後の夜をぶらぶらしたのち、一気にオアシスまで帰還、苗場食堂の曽我部恵一BANDを聞きながら最後の乾杯。ソガバンいいですね。サニーデイよりずっと勢いを感じる。
そして埋火。1曲目「サマーサウンズ」でトラブル発生。ミシオさんのイフェクターの調子がよくないらしい。調子の悪いイフェクターを交換しても直らない、イフェクターはずしたら音が出ない、シールド変えても音が出ないみたいなドツボの状況のようす。10分以上見ているこっちがハラハラするようなあーでもないこーでもないの末、ミシオさんが一言、「直結します!」
男前だなー、イフェクターすべてなしのミシオさんのギターの音はさっぱり勢いがあって気持ちがよかったです。最近いつもやってるハードな新曲に続いて、最後に演奏された「だから私と」では途中ハンドマイクで歌うシーンもあり、ますますステージングに貫禄がついてきたなあ。
そして私の大トリは引き続き苗場食堂でneco眠る。最初CD聞いたときはSAKEROCKみたいとか思ったけど、ぜんぜん違うくて、むしろZUINOSINに近いアッパーな感じ。集まったお客は多分僕と同様初めて見る人間も多かったとおもうのだけど、とにかく踊り狂ってました。

ああでももう限界、ボロボロ。
と、いう感じで3日間無事終了だった、と思います。
いやもうこの辺記憶ないです。なんか夢の中にいたみたい(笑

来年も行けるかな?
スポンサーサイト

テーマ:【ロックフェス】 - ジャンル:音楽

【2009/08/09 01:26】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<YOU | ホーム | SUMMER SONIC 2009(8/7、舞洲サマーソニック大阪特設会場)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/473-c1fcd222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |