Fuji Rock Festival 2009 Day2(7/25、苗場スキーリゾート)
この日もぜったい雨だ、と覚悟していたのだけど、途中多少ぱらついたものの基本的に好天。天気がいいと暑い。今日もヒトハタウサギがお迎え。
ヒトハタウサギ

この日は早い時間にあまりお目当てのアクトがなかったんで、いきなり最奥の「ストーンド・サークル」まで足を伸ばしてぶらぶら。なぜだか蓄音機でSPレコードを再生させてくれた。去年はキャバレー・フィエスタというメキシコ風寸劇を見せてくれるバーがあったのだが、今年はカフェ・ド・パリスというフランスのキャバレーをイメージしたスペースになっている。赤い風車(ただし手動)があったり、「サルコジ大統領とその愛人より」なんていう花輪があったり、細かいところで笑わせてくれるけど、おふらんすって言うよりメキシコの方が雰囲気だなあ。

アーティストのTシャツってだいたい3500円とかするのだけど、ヘヴンの物販でインスペクター・クルーゾーのTシャツが2000円で出ていたので購入。空いているうちに、とさくらぐみのピザで昼飯。
木道亭でJuana Molinaを見る。アルバムの魅力がライヴで再現できるのか心配だったのだけど、いやあの凄さはライヴでこそ体験できるものだということが良くわかりました。ホワイトでダンサーのおねえさんがなんかレゲエのバンドでエロいダンス踊ってるのを横目にグリーンへ。UAを見たのち、ホワイトステージで筋肉少女帯を見て、アヴァロンで再度Juana Molinna
このあたりは別記事を参照。
ファナ姐さん
黄金の緑
俺にカレーを食わせろ

逡巡の末、グリーンステージの忌野清志郎スペシャルメッセージオーケストラNICE MIDDLE with New Blue Day Hornsを家族で見ることにした。内容についてはあちこちで触れられているし、フジテレビのCSで中継もされていたみたいなんで(つうことは探せばどこかで見れます)、いまさらなんだけど、流れだけ軽くかいつまんでおきます。
・「田舎に行こう」にあわせてスクリーンに自転車で会場入りする清志郎の映像。
・スマッシュ日高社長のMC(大観衆にアガってしまってかなりダメダメ)に続いてまずは泉谷しげる登場、ギターをかき鳴らして「「2時間35分」歌えって言われたんだけど歌えるわけねーだろう、あいつの歌はキーがたけえんだよ」と「烏合の衆」を披露。泉谷は終始ただの酔っ払いのオッサンといった風情を最後まで崩さず。清志郎同様、含羞の人なんだなと思った。
・再度日高社長のよれよれMCに続いてSteve Cropper(g)、Booker T.(keyb)、Wilko Johnson(g)、Norman Watt-Roy(b)といういささか強引な英米混成のメンバー(+NICE MIDDLEとブルーデイ・ホーンズ)によるスタックスナンバーの演奏。"In The Midnight Hour"はクロッパー、"(Sittin' On The) Dock Of The Bay"はブッカー・Tのボーカルだったのだけど、どうせならここはたとえば金子マリさんとかちゃんと聞かせるボーカリストを連れてきて欲しかったところ。まあここまでは失礼ながら前座という感じ。
・「ゴーッド!」蔦岡さんによる賑々しい呼び込みに続いて改めてNICE MIDDLE with New Blue Day Horns、そしてビデオスクリーンに清志郎が登場して「JUMP!」。会場は一気に盛り上がる。
・このあとは次々にゲストが登場して清志郎やRCのナンバーをナイスミドルとともに演奏するという趣向。まず最初がCharのギターとボーカルをフィーチャーした「ロックンロール・ショー」。チャーはピンクのカウボーイハットで派手にカッコつけててサマになってる。単純にかっこよい。
浜崎貴司Yo-Kingのボーカルで「デイ・ドリーム・ビリーバー」。清志郎が亡くなってから有山じゅんじや三宅伸治の演奏を聞いてしまった今となってはちょっと分が悪いか。
・赤いドレスで登場のUAによる「スローバラード」。イントロのピアノ聴いた瞬間この曲は無理だろ、と思ったが見事に歌いきった。UA凄いと思った。梅津さんのSAXが咽ぶ。個人的にはベスト。
トータス松本が坊主頭で登場し、清志郎の思い出を語った後「ベイビー何もかも」。トータスはがんばってた。お約束の一度引っ込んで再登場するパフォーマンスも。ただこの曲あんまりにも「Try A Little Tenderness」過ぎて個人的に好きじゃないんです。
甲本ヒロト&真島昌利が登場して二人で「リメンバー・ユー」。ヒロトMC「子どもたちが泣いたり笑ったり限りロックンロールは死にませんよー」。そして「キモちE」。まるでオリジナルのようにハマってる。
・真打仲井戸麗市登場、「いいことばかりはありゃしない」。三宅伸治とデュエット。(泣)
・ボーカルにCHARALeyona登場。チャボのあのギターのイントロフレーズに続いて「君が僕を知ってる」。かわいそうだがレヨナがストレートな声質で普通に歌えるので、チャラはただ単に下手糞に聞こえてしまう。
・スクリーンに清志郎登場「最後にみんなに聞いておきたいことがあるんだ…」。出演者全員そろって「雨上がりの夜空に」で大盛り上がり、なんだけど、見ているうちに僕はなんか醒めてしまった。何が、といわれると難しいんだけど。個々のパフォーマンスには良いものも多かったんだけどね、追悼ってこういうこと?なんでこのメンツ?っていう疑問とか、もう今ここにいない清志郎がビデオスクリーンで登場するこへの違和感とか、いろいろ。今思うと一番大きかったのはやはり主役がここにいない「喪失感」そのものだったのかも。
・「Oh! RADIO」に乗せて自転車で去っていく清志郎の映像。この曲のタイトルは「RADIO」じゃなく「ラジオ」が正しいよな、なんてどうでもいいことを考えていた。

このあと宿に戻ろうとして入場ゲートまで戻ったところでレッドマーキーからの爆音に後ろ髪をつかまれ、Dinosaur Jr.を見に戻ったことについてはすでに書いたとおり。いや気持ちのいいステージでした。
リトルフューリーシング

ところが宿に戻ってどうやら携帯電話を落としたらしいことに気が付いた。もうへとへとだったんで、風呂入って一眠りした後、夜中に目が覚ましてレッドマーキーのあたりまでとぼとぼ探しに戻るが、見つからず。いいことばかりはありゃしねえ…。
スポンサーサイト

テーマ:【ロックフェス】 - ジャンル:音楽

【2009/08/06 01:39】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<原爆忌 | ホーム | 梅雨明け>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/468-f189cefa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |