カレーナウ/君はフィクション/わたしたちの望むものは
カレーナウ
「Meets Regional」の9月号、カレーの特集。うー知らん店ばかりや。うれしいぞ。
カレーの世界は奥が深い。
オリジナルのマサラがおまけで付いてきた。夏休み中に一度作ってみよう。

中島らも「君はフィクション」 (集英社文庫)読了。ホラー、コント、青春もの、音楽もの、心象スケッチなどさまざまな短編が収められていて、楽しい。
個人的にはちょうどフジに行ってたところだったので、日本の野外フェスの草分けである71年の第3回全日本フォークジャンボリーを舞台にした「結婚しようよ」が面白かった。らもさんのシニカルなところと優しいところがうまいことブレンドされていてよい按配です。
ただ拓郎はサブステージでの演奏だったはずだし、「旅の宿」や「結婚しようよ」がヒットするのは翌年の話なので歴史的にはちょっと怪しいけど。

フォークジャンボリーの当時の主催者たちが、当時と同じ椛の湖湖畔に当時出演したアクトを集めてフェスを行ったという記事が新聞に載っていた。早川義夫・中川五郎・加川良・遠藤賢司・あがた森魚・アーリータイムスストリングスバンドなどかなり豪華な顔ぶれではある。ただ、これだけのメンツ集めているのに、下の世代に引き継いでいこうというようなものが何も感じられない。1200名の動員だったとのこと。動員数の問題ではないと思うけど、これだけの歌い手を集めて、シルヴァー世代だけを対象にした回顧主義の同窓会でいいのだろうか。たとえば春一番があれだけの規模で毎年続けていけるのはどういうことなのか、主催者はもっとちゃんと考えた方がいいんじゃないか。
いや別にえらそうに言う筋合いではないですけど。
'09椛の湖FOLK JAMBOREE
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2009/08/03 09:29】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<梅雨明け | ホーム | Fuji Rock Festival 2009 Day1(7/24、苗場スキーリゾート)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/466-a54d7c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |