Song of Songs 2009 ~Beautiful side(5/30、難波BEARS)
暑いなあ。

仕事を切り上げて、ベアーズで行われた「Song Of Songs」という2日にわたるアルケミー・レコードのイベントに行ってきました。初日の今日は「Beautiful Side」と題して5組の女性ボーカルが登場しました。

30分ほど遅れてベアーズに着くと、沢口みき姐さんがSIONの歌を歌っているところでした。今回は男性シンガーの歌がテーマとのことで、大沢誉志幸「そして僕は途方にくれる」なんか歌ってられます。バンドは尾谷直子(ds)、高野陽子(b)に須原敬三(g)。ラストはなんとブランキー・ジェット・シティの「ガソリンのゆれ方」、スハラさん赤いストラト弾きまくり。「優しさだとか温もりだとか言うけれどそんな言葉に興味はないぜ」かっこいいねえ。ベアーズで(それもアルケミーイベントで)ブランキーが見れるとはおもわなんだ。

中山双葉さんはめがねをかけた小柄なおかっぱの女性で、ウクレレ弾きながらちょっとやさぐれの入ったキュートな歌を歌います。バックはベースにさきほどの高野さんとパーカッションとかピアニカとかいろんな物音担当の多田さんという男性。楽しげなステージですが、歌の世界にはほんの少しの毒や孤独や切実さやいろんな広がりを感じました。

埋火、何回か見ているが、実は今回初めて心のそこからイイと思った。「だから私と」「と、おもった」とおなじみの2曲で始まったのだけど、演奏や身のこなし(特にギター&ボーカルのミシオさん)余裕とか貫禄すら感じました。単純にこっちが馴染んできただけかもしれないけど。中盤の「わたしのふね」から須原さんのノイジーなベースではじまる新曲(?)のラウドなパート、志賀さんのドラムスがかなり強力だった。ラスト「なぞなぞ」でしっとりと締め。

とうめいロボ、アコースティックギターを抱えた長身の女性ちひろさんのソロユニット。これまた何回かライヴを見たことがあるはずなんだけど、正直なところこんなに凄いとは思わなかった。1曲目「ソーダボール」で完璧にコントロールされたその世界に引き込まれてしまった。2曲目からは添田雄介さん(a.k.a.ひげたろうさん)という人とのデュオだったのだけどこの人のサポートがまたよくて、後半ドラムスの力強いマーチングビートに乗って激しく歌い上げられた「雪」には言葉もなかった。アルバムでも2バージョン収められているけれど、そのどちらとも違ってまた新しい世界を提示できるのは歌自身の力なんだろうな。添田さんと掛け合いで歌われる1stからのまっすぐに前向きな曲が後半のハイライトで、最後は中山双葉さんやかいつぶさんも交えて楽しい「黒猫音頭」、アンコール「しっぽののこり」まで。素晴しいステージでした。

見ることの出来た4組とも(あれ、もう1組は?)、それぞれオリジナリティあふれる個性ある歌声をもっているだけではなく、自分の歌で表現したい世界をはっきり持っていて、それを演奏を通じて表現する力のあるグレードの高いアーティストばかりで、よいライヴでした。
2日目「Darkness Side」も行きます。

ライヴ終わって外に出たらなんと雨。天下一品でラーメン食って帰宅。
とうめいロボセットリスト
1.Soda Ball
2.雪
3.ポケット
4.羊
5.てがみ
~貝つぶさん(ひょーたん笛)と添田さんのセッション
6.黒猫音頭
E.しっぽののこり
 とうめいロボ:g・vo
 添田雄介:ds(2.5)・g・cho
 貝つぶ:ひょうたん笛(6)
 中山双葉:cho(6)
 (なんばBEARS、2009年5月30日)

※本文で「後半のハイライト」と書きながら「てがみ」が抜けてしまっていたので直しました(6/4)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/05/31 13:28】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Song of Songs 2009 ~Darkness Side(5/31、難波BEARS) | ホーム | よごれた顔でこんにちわ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/419-398e38d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |