Springfields'09~大阪場所~(4/29、服部緑地野外音楽堂)
緑地の野外音楽堂に「Springfields」という野外イベントに行ってきました。「春のポップ&ピースな音楽フェスティバル」だそうです。出演はEGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、SAKEROCK、細野晴臣、LITTLE CREATURES、アン・サリーの5組。
いい天気で絶好の野外コンサート日和でした。
緑地

あらかじめタイムテーブルが出ていたので、細野晴臣が最初だというのは知っていたんですが、まだ客がぞろぞろ入っているようなときに定刻に登場していきなり歌いだすので、ちょっと心の準備出来てませんでした。
面白かったのは細野さんの暴走ボケ老人ぶりで、いきなり登場するなり「時間が早すぎて眠くてしかたがない」なんておっしゃってて、1曲目からいきなりミスってやり直したり、高田漣のこと「渡くん」って呼んだり、ギターひっくり返したり、しまいには曲順間違えたあげく「この曲がやりたいの」なんて駄々こねて結局1曲カットしたり、やりたい放題。
だいたい(1曲カットされて)9曲しかやらなかったのに、そのうち2曲はハミングキッチン、1曲はアン・サリーのボーカルってありですか?アン・サリーの「スマイル」(チャプリンのアレです)はよかったですけどね。高田漣さんこの曲ではマンドリン、他にフィドルやギターも演奏と多彩振りを発揮してこのバンドの中心的役割果たしていました。
今回のバッキングはその高田漣(Pedal Steel, Flat Mandolin)・伊賀航(B)といったいつものメンバー以外はSAKEROCKの伊藤大地(Dr)、ハミングキッチンのイシイモモコ(Vo., Cho.)・眞中やす(Ac-G)と若手中心のメンバーで、このメンバーで演奏するのがThe Bandのカバー(「オール・ラ・グローリー」と「ディキシー・ダウン」)だったりカントリーの曲だったりするのでなんというか地味です。
ただ、最後の「POMPOM蒸気」はSAKEROCKの人のドラムスのキレが良くて、漣さんのペダルスティールとともに非常に良かったです。
細野晴臣グループ

以下感想。
アン・サリー、聞いたことなかったんでもっと癒し系を想像していたのだが、ジャズっぽいフィーリングのまっとうなボーカルで、けっこうバラエティもあって聞かせた。細野さんに捧げるという感じで「チャタヌガチューチュー」「ガラスの林檎」歌ったり。
LITTLE CREATURE、すいません、寝てた。黒のシャツにネクタイというガレージっぽい出で立ちの3人組で、といってロケンロールガガガというのではないかなりフクザツなことをやっていたような気がする。寝てたけど。
SAKEROCK、悪くないと思いますがもうちょっとゆっくり見たいなあ。
EGO-WRAPPIN' なんたらかんたら、よく盛り上がってましたけどね、すいません、個人的にまったくノレず。
・えーと、今どきの若い方にはこれが「夏フェス」なんですか?ただあまり脈絡なく5組のアーティストが出てきて中途半端な持ち時間演奏して終わり、でいいんですかね。もちろん1ステージのイベントだからフジロックみたいなのとと比べる気はぜんぜんないけど、「音魂」とか「RUSHBALL」とか、大体こんな感じですか?同じ緑地の野音のフェスだと「春一番」や「レインボウ・ヒル」みたいなアーティスト間の交流や特別なセットがあってもいいと思うんだけど。そういう点では細野さんのステージなんかはさすがにここでしか見られないことをやってくれてたと思う。
・アンさんのステージも細野トリビュートでつながってますね。サケロックは教授の「千のナイフ」(と「妖怪道中」の珍妙な合体)やってたし、裏テーマはYMOか。
・結局エゴラッピンがだめだったからいまいちな印象なだけなのかも。
・あとは席が指定ってダメですね。まあしょうがないんだろうけど。

090429ボタ(Springfields)
心斎橋のButtah(ボタ)というカレー屋さんの屋台が出ていたので、キーマカレー500円を購入。
スパイスが効いたエスニックなカレーでグッド。
ビール飲んでカレー食って、音楽があったんだから別に文句はないです。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/04/30 00:28】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<こころの持ちようさ | ホーム | バイク>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/397-c2e705e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |