なもおしらあぬう、とおいしーまよーりー
なんかバタバタしてるうちに一日。思ったように仕事進まず。

川上弘美「ざらざら」(マガジンハウス)。「クウネル」連載がうなずける、恋愛だの失恋だのの風景をスケッチしたオシャレな短編集。俺には関係ないや、ケッ、とか思いつつ、まあつるつる読めるんで読んでるんだけど…読ませるんだなあ。
全体に主人公たちがなんかちょっとずれているようなおかしさ・不思議さがあって、実は、オシャレというより、かなり変。

「椰子の実」のブラザー・コンプレックスの子の話が好きです。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/01/16 01:11】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本一長い商店街 | ホーム | トーキング・バウト・マイ・ジ、ジ、ジェネレーション>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/340-60231beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |