山本精一&サイケデリック連続バンドワンマン(11/28、難波BEARS)
ベアーズへ行ってきました。これで(たぶん)今年のライヴ収めです。
リアルハゲチャビン改め山本精一&連続バンド(とチラシに書いてあった)は山本さんとドラムスが砂十島NANI(Bogulta、LETTER)、ベースに須原敬三(ex.羅針盤、ありぢごくetc.)というメンバーです。これはちょっとどんなことやるのか想像が付きません。ベアーズ入ったらスハラさんが居てはったので、「今日はどんな感じなんですか?」ってお聞きしたら「さあ…」っておっしゃってましたw
声明のCDがえんえんと流れる中、会場内の灯りがすべて落とされます。ステージ上や客電がオフになるだけではなく、非常灯ふくめあらゆる光に覆いがされて、ベアーズ内は真っ暗でアンプの赤いランプだけが光っています。そしていつの間にかメンバー登場、繰り広げられたのは衝撃の…失笑の…。
いやベアーズでしかできない企画だったと思います。互いにメンバーの見えないところで即興演奏を行うという、これは極限の実験だとはいえるでしょう。でも空気はどちらかというとゆるい感じで、特に前半はともかく後半はかなりgdgdな展開、いやむちゃくちゃおかしかったんですけどね。後半スハラさん完全に気配なかったけど、いてはったのかなあ。

終演後、「ガラクタ強制配布会」というのがありまして、数々の微妙なものや不用品が配布されました。
山本さんがマジックで絵を描いた電球をもらいました。
電球
うん、かなり微妙。持って帰るときにかすれて消えてしまったので、写真はかなり補修しています。
あ、あとなんかROVOのデモっぽいCD-R。これは確かにレアだけど価値はどうだろうか。未聴ですが。


ついにiPod昇天か。
いきなり再生がとまったと思ったら「バッテリーがありません」という表示が出たままフリーズしてしまった…。寂しい。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2008/12/29 00:07】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ご都合主義者の神 | ホーム | 「ニカセトラ発売記念ツアー!二階堂和美ワンマンショー」(12/26、扇町ムジカジャポニカ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/327-91899f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |