答えは風の中に…ねえよ!
寒い日曜日。
娘と緑地のフリーマーケットを冷やかしてうろうろ。

晩、ずっと以前に録画していた「アヒルと鴨のコインロッカー」(2007)を見る。
原作は面白かったと思う。キーになる叙述トリックだけは覚えていて、これは映画にできないだろうと思っていたが、細かい話はすっかり忘れていた。これはしかしひどいだろ。こんな頭の悪い話だったっけ。
件の叙述トリックは中盤には明らかになって、以下後半はひたすら起こった出来事の説明なのだ。盛り上がりさっぱりなし。語り手の男の子(好演)がさっぱりストーリーに絡まないし、ドラマにならない。彼と物語をつなぐ非常に重要なポイントがディランの「風に吹かれて」だというのはわかるのだが、それならもうちょと大切に使って欲しい。最初っから最後まで流しっぱなしで、正直当分聞きたくない。
いっぺん原作読み返してみないといかんなあ。
スポンサーサイト

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

【2008/11/09 23:55】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ケンヂくん、遊びましょ。 | ホーム | 渚にて「よすが」発売記念ライブ(11/7、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/296-6ea43ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |