世界中の花集め作るオーデコロン
打海文三「ぼくが愛したゴウスト」(中公文庫)さらっと読了。初めてひとりでコンサートを見に出かけた11歳の「ぼく」は帰りの駅のホームで人身事故に遭遇する。それからというものこの世界に少しずつ違和感が生じ始める…。導入は「トワイライト・ゾーン」とかにもありそうな50年代SFのひとつの典型なのだが、こんな風に話が転がっていくとは想像もしなかった。特にラストには驚いた。

昨晩録画していたBS2の「SONGS」、矢野顕子特集を見る。
やはり「ひとつだけ」名曲だな。マーク・リボーとの競演による「変わるし」が凄まじくかっこいい。この曲の入ってるニューアルバム「akiko」、ロックでよいです。

ほか、NHK総合の「Music Japan」で少年ナイフ見たり、やはり昨日録画していたNHKの「七瀬ふたたび」見たり。
「七瀬」は…エロいシーンがぜんぜんないんだよな…。


咳がとまらん。腰が痛い。耳鳴りがする。目がかすれる。
…ってふつうに年寄りじゃんw
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【2008/11/07 01:42】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一久/チッポグラフィア/クロッシェ | ホーム | 覇者と覇者>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/293-38228bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |