FUJI ROCK FESTIVAL 2008~第2日目(7/26、新潟県苗場スキーリゾート)
さて2日目も朝から苗場食堂でとろろご飯。レッド・マーキーでモンゴル800がやってるけど、ユニコーンのカバーはともかく、私の琴線には触れない種類の音楽ですね。苗場食堂やワールドレストランで飯を食うことは多かったので、そこで漏れてくる音をきくことはあったけど、結局今年は1回もレッドのテント内には足を踏み入れなかった。
グリーンでeastern youthをしばらく眺めて、今日は奥地を目指します。オレンジコートのトップバッターPARAが今日のお目当てその1。ファーストアルバム「X-Game」からの「Cube」ではじまり、間に新作「Curricurum」からの曲を交えながら最後は「Arabesque」で締める割と定番の構成。ポップなフレーズの反復が織りなしていく曲は同じはずなのに、ライヴで聴くとアルバムとは違うスリルがある。
PARA@Orange Court
おなじみヘヴンの「さくらぐみ」のピザにならぶ。g+dsの爆裂ブルーズデュオThe Fumesの演奏を横目に、焼きあがるまでしばし生地を捏ね石窯で焼く過程を観察する。オレンジコートに持ち帰りいただく。生地がもっちりしておいしいんだ。
ヘヴン、混んでます さくらぐみ
続けてオレンジで鈴木慶一Captain Hate & The Seasick Sailors feat.曽我部恵一を見る…はずが、昨日の夜更かしと疲れ、そしてビールの働きもありうとうと…。慶一さんの「ゲスト山本精一!」の声で目が覚めた。サイケなインスト曲、そして最後は「煙草路地」。ボーカルは基本的に慶一&恵一のかけあいなので、山本さんはギター専念。後半は慶一・精一・恵一の順でハードドライヴィンな短いギターソロをまわす。「煙草路地」はもちろん「はちみつぱい」の初期の曲で、のちに改作されて「スカンピン」になる曲なのだけど、そんなキャリア最初期の曲をわざわざ引っ張り出してきて、まるで10代のバンドのようにギンギンにやってしまう慶一さんの若々しさに感心する。
オレンジ キャバレー・フィエスタ 
オレンジコートの奥に昨年できた新スポット「ストーンド・サークル」にさらに新しくできた「Cabaret Fiesta」をのぞいてみる。メキシコ風のバーテントで、マリアッチ風のショーをやってたりする。「テキ~ラ!」とかやってるのを聴きながら木陰でうとうと。今年はやらなかったけど、となりの「ストーンドサークル」ではパーカッションのワークショップをやってて、これはかなり楽しい。子供はさらにその隣にある「ドッグラン」で犬と遊んでました。

山本精一さんが夕方苗場食堂に出るので、グリーン方面にもどらなくてはならないのだけど、途中木道亭で中川五郎がやっているのを思い出し、もぐりこむ。春一番のときと同じく「真黒毛ぼっくす」をバックにしたステージ、アコーディオンや管楽器のやわらかい音色が五郎さんの優しい、暖かい感じをよく引き出すナイスコラボレーションだと思います。ギターの音がいまひとつ響かないなあと思ってたらあとで五郎さんのHPみたら、雨対策で持ってきたギターがいまひとつだったとのこと。ルー・リードに内緒で歌っている「ビッグ・スカイ」やまるで高校生のように触れるに触れられない微妙な距離を歌う「90センチ」で弦切りまくって、最後は2弦しか残っていなかった。ほか「Imagine」「For a Life」など。五郎さん前日が誕生日で59才だって。

一気にオアシスまで戻って苗場食堂にたどりつくと、まあすごい人。車座にになって取り囲んでるのはさすがに「フォークジャンボリー」という感じでいいけど。ザ・トリオdeフォークジャンボリーというふざけた名前のユニットは山本精一が渋さ知らズの不破大輔・佐々木彩子と飲んでる勢いで好きなフォークソングを好きなように歌おうということで結成、よし、デビューはフジロックだと言ったのが叶ってしまったらしい。
しかし選曲渋すぎ。知ってる曲は高田渡さんの「生活の柄」「失業手当」くらい。終盤鈴木慶一さんがゲストで登場して、今度は精一さんコーラスでも参加して「スカンピン」を共演。慶一さんの「スカンピン」を生で聴けたのは感激だったけど、このステージのハイライトは、最後に山本さんが歌ったフォークキャンパーズのシングアウトスタイルのナンバー「プレイボーイ・プレイガール」だった。ほとんど替え歌なんだが、軽い世相批評(「石油を買い占める政治家ども勝手なことすんな」)からフジに対するイチビったあてこすり(「動物愛護のエコロジストたち宗教みたいなことすんな」字余り過ぎw)まで縦横無尽で山本さんの面目躍如。このユニット今後この路線をメインにして最後「友よ」かなんかで締めるのがいいんじゃないでしょうか。
山本さんは10日ほど前のリハーサルの日に50歳になったんだって。「灰野さんがやってるうちはやります」とか。

シンキロウ@ヘヴン
ワールドレストランで定番のフィッシュアンドチップスにビールで乾杯、いったん家族と別れて別行動でさらに奥地に向かう。
ヘヴンの再結成Flower Travellin' Bandに挑むが、キャンドルのそばであえなく撃沈。1曲目「Make Up」でラスト「Satori Part2」というセットだったのは覚えているけど、演奏の印象はあまりないです。サイケ度はあまりなく、ハードロックのソリッドさにも欠けていたような気がしますが、いや正直なとこくたびれ果てて眠りこけていましたからあてになりません。2日目のこの時間帯はいつもそうで、たとえレッチリであっても子守唄にしか聞こえなかったりするんで。頭の中ではただ山本さんの「フジロック来たのに寝てばかりいる奴変なことすんな」という歌声がぐるぐる回ってたようなな気がします。
Candle June @ Fields Of Heaven Candle June @ Fields Of Heaven(2)

なんとか復活、オレンジでMark Stewart & The Maffia。低音びんびんの強烈なダブ・ファンクで、もちろんミックス卓には坊主頭のAdrian Sherwoodが座ってます。マークのパンクなボーカルも変わらんですが、b/ds/gの最小限の編成であれだけの強烈なグルーヴが生み出せるマフィアの面々がスゴイです(ベースのダグ・ウィンビッシュってたしかビル・ワイマンのあとストーンズで弾いてたよな)。腰が痛くてもう駄目かと思いましたが、強力な低音の中で体を泳がせていたら腰の痛みも引いてました。マークのアルバムはポップグループ以外はごく初期の3枚くらいしか聴いてないし、アレンジもぜんぜん違うので、曲目はよくわかりませんが、「エルサレム」はやってました。あとアンコールはポップ・グループの「We Are All Prostitute」、たぶん。
Mark Stewart + The Maffia @ Orange Court 盆摺り
オレンジのトリのThe Sparksも興味があったのだけど、もう今日は体が限界っぽかったので、ヘヴンのLettuce(いなたいファンク)、ホワイトのThe Simple Plan(お気楽そうなメロコア?)、グリーンのUnderworld;(オーラスのボンスリだかなんだかそのへん)あたりを横目で見ながら帰路に。
ぜんぜん聞いたことないというのもあって見送ったThe Sparksは素晴しいショウだったらしい。ちょっと惜しいことをした。


と、いうことでこの日は苗場フォークジャンボリーというか山本精一さんの日だったわけですが、ザ・トリオdeフォークジャンボリーで佐々木彩子さんが歌っていた「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」がすごく印象に残ったので、帰ってきてからRCサクセション「楽しい夕に」の紙ジャケ再発を購入。いままで聴いていなくてごめんなさい、これ名盤です。電化後のRCからは次第に少なくなっていく屈折した不思議なラブソング山盛り。
この曲だけギター弾き語りだったんですが、佐々木さんピアノ弾き語りの歌もよかったです。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2008/08/06 01:35】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<酒と麦酒の日々 | ホーム | FUJI ROCK FESTIVAL 2008~第1日目(7/25、新潟県苗場スキーリゾート)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/192-538f2fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |