スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エクストロメFEST 2017.5(5/28、心斎橋SUNHALL)
disk unionとタワーレコードNu茶屋町店の共催で行われているアイドルフェスシリーズ「エクストロメ」にゼアゼアが登場する。
2日間とも出演なのだけど、残念ながら初日は仕事で参加できず、2日目に行ってきた。

12時から始まって20時まで8時間にわたって行われる長時間のイベント、途中で抜けてしまったのだけど、この日観たグループは以下のとおり。
代代代、Kit Cat、空野青空、平野友里、ハニーゴーラン、絵恋、There There Theres、2&、ザ・にゃんとかにゃるず、フィロソフィーのダンス(出演順)
えくすとろめ


とりあえずThere There Theresについて。
2月に彼女たちがゼアゼアとして再スタートしてからのメンバーである一条さえきが、今月末で卒業することになっており、5人のゼアゼアは大阪ではこの日が最後になる。

[セットリスト]
1. RadicalHead
2. IKENIE
3. Upstairs Down
4. 無罪Honeymoon
5. rainy dance
6. Asthma
7. ペリカン

1曲目ゼアゼアの看板曲「RadicalHead」で軽快にスタート、いきなりめいちゃこと平澤芽衣の「残り6曲になってしまいましたー」ってMCが笑わせてくれる。序盤は新曲「IKENIE」から「Upstairs Down」へとウィアードなポップ感覚の溢れるゼアゼアオリジナル曲を畳みかけてくる。そしてその流れでゼアゼアとしては大阪初披露になる「無罪Honeymoon」でダークな世界を繰り広げ、そしてこれも大阪初披露の「rainy dance」で暗く激しい情念を歌い踊る。かつて柳沢あやのめがけてリフトが大量に押し寄せた落ちサビは緒倉かりんが担当だ。
ゼアゼア始動に当たってまず「RadicalHead」が発表された時は、そのストレートにポップな曲調がファンの間では賛否があったのだけど、結局のところゼアゼアも、メンバーたちの表現力が上がるにつれて、ベルハーが体現していた一筋縄ではいかないエモーショナルで奇妙な世界に突入しているようだ。今回卒業するさえきはそのバレエの経験を踏まえたしなやかな動きでそんなゼアゼアの世界の一翼を担う存在になりつつあったと思うので、今後彼女の卒業後のゼアゼアがどうなるのか、すごく気になる。


その他の出演者について。

Kit Catがすごく楽しかった。前見たのがもう1年以上まえになるんだな、すっかりレパートリーが変わってしまっていた。「Blue Monday」のオープニングはやめちゃったのかな。たぶん最後の曲以外初めて聞く曲ばかりだったけど、アーマ・トーマスの、というよりトレイシー・ウルマンのカヴァーを含め、どの曲もレトロフューチャーなポップ感覚にあふれていてとってもいい。あと、イヴにゃんの前におかれたちっこいKORGのシンセがかわいいかったな。音は出してないっぽかったけど。
[セットリスト] Lily Lies / teenage summer / Breakaway / FLASHBACK50 / ハングアラウンド

・KOTOちゃんが病欠のため、彼女の出番の時間にハニゴ姐さんたちとSAKIちゃん(2&)が何かやっていたっぽいのだけどKit Catの物販に行っていたので定かではない。

平野友里(a.k.a.ゆり丸)はアッパーなバンドサウンドの楽曲なのに、歌声と激しい振り付けがこれぞアイドルって感じ。アスリートみたいやと思った。そしてこの日はKOTOとのユニットシャオチャイポンの枠も、病欠の相方の代打で彼女のソロの2回目のステージに。

絵恋ちゃん、1曲目「同じだね」っていういじらしい恋愛ソングを普通にすっごくかわいらしく披露した後で、「この曲歌詞一番気持ち悪い」って言い放って通常運転のライヴに入っていくあたり最高。あんなに楽しい絵恋ちゃんのライヴで、いつもなんだかグッとくるのは何なんだろうと思っていていまだにうまく言葉にまとめられていない。

・フィロソフィーのダンスはやっぱり大好き。おとはすさん最高に可愛い。
でもゼアゼアのインストアイベントに行きたかったので、物販を待たずに退出。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/05/29 22:55】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「Upstairs Down」インストア無料ミニライヴ(5/28、タワーレコード梅田NU茶屋町店) | ホーム | TACO(5/23、京都法然院 外)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1769-38fac304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。