スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オモチレコード presents MAD MORNING(7/2、北堀江club vijon)
前夜に続いてのゼアゼア大阪2Days2日目は前日も共演した校庭カメラギャルとの2マン、なんと朝9時開場9時半スタートの朝公演。その上どうも「泡パ」らしい。マジ?
おかげで仕事前に行けることになったけど、泡は困る。

会場のclub vijonは北堀江のビルの地下にあるライヴハウス、天井が高くてステージが高く、見やすくていい感じ。泡から逃れて、今日は「後方彼氏ヅラ」いや、「保護者ヅラ」で行くことにしたけれど、結果的にはパフォーマンス全体がよく見えて良かった。

先攻校庭カメラギャル、やはり今日は最後にやったロックの曲が良かった。
泡は2曲目くらいから断続的に降り出し、最後の曲でクライマックスに。

ウテギャ
こんな感じ。

後攻、There There Theres、今日も昨日と同じ眼鏡7:3分けコス。カイちゃんどうやら昨日の反省を踏まえて眼鏡テープか何かで止めてるっぽい。
前日が「エッジ」「アスマ」なしのセットだったので、この間の名古屋と同じような感じで今日はパーティモードで行くのかと思ったら、案の定1曲目から「Asthma」投入。あれ、最後にこの曲でみんな泡まみれになるんじゃないんだ。

セットリストはこんな感じ。
Asthma、ペリカン、c.a.n.d.y、Upstairs Down、メタリクス、タナトスとマスカレード、The Victim、憂鬱のグロリア、IKENIE、RadicalHead

たしかに序盤は「ペリカン」から「c.a.n.d.y.」と賑々しいけれど、続いてしばらくやってなかった「Upstairs Down」から「メタリクス」「タナトス」と暗黒モードのパフォーマンスをしっかり見せてくれる。ステージの見やすさもあいまってサイコー。
ペリカン
「ペリカン」

ヴィクティム
「The Victim」

「憂鬱のグロリア」は4人編成になって初めての披露だったようだ。フロアが沸き、ここぞとばかりに泡が降ってくる。ラストはゼアゼアオリジナルで「IKENIE」から盛大に泡の降る中「RadicalHead」で〆。終ってもまだ11時前、特典会を待たずに、お父さんは仕事に行ってきますよ。
らでぃへ

めいちゃとれーれのアイドルとしてのプロ意識の高さが今のゼアゼアを引っ張っていると思う。4人の歌やパフォーマンスのレベルが高いところで揃っていて、無駄がないから、特に2015年くらいまでのベルハーの持っていた凸凹の不揃いな感じやわちゃわちゃ感はほとんどないけれど、かわりにかつてのベルハーではあまり見られなかった妖しい色っぽい美しさ、エロチシズムの欠片が散見されるのが今のゼアゼアだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/07/03 23:45】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<AqubiRec関連のライヴレポINDEX | ホーム | オモチレコード×VMO presents 超世紀末 vol.5(7/1、東心斎橋CONPAS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1767-8f74b45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。