戸川祐華”good-bye girls”発売記念ライブ(2/11、難波BEARS)
ギューンカセットからリリースされる戸川祐華のアルバム「good-bye girl」のレコ発イベント。戸川祐華さんについてはまったく知らなかったのだけど、共演のいかんせん花おこしとミラーボールズも以前から一度見てみたいと思っていたので、出かけることにした。
戸川祐華

一番手、いかんせん花おこし。他力本願寺やガンジー石原&モスキートなどのギターでサイドマンとしても活躍する長濱礼香のメインバンドで、フルアコのギターかき鳴らして歌うあやかさんと、コーラスも担当するドラムの女性と、ギター・ベースの2人の男性の4人組。下降気味でファズのかかったギターソロがサラッと挟まれるアシッドな感じの最初の曲から、今度はまっすぐに伸びていくクリアなトーンのギターソロが気持ちいい2曲目へと、かっちりとして繊細なバンドサウンドのフォークロックで引き込まれる。なによりかなめになるあやかさんの歌はふんわりとふくやかでハリのある歌声で美しく、MCの時の(そしてふだんベアーズの受付で対応してくださる時の)大阪弁のお姉ちゃん感との落差が面白い。
その後も4つ打ちっぽい曲、ワルツの曲からハードなロック曲と曲調もバラエティに富んでいて飽かせない。最後はエモーショナルなギターソロを何度かはさみながらあやかさんが静かに歌い上げていく長尺のドラマチックな曲。

続いてはアコースティックギターの男女デュオ、ミラーボールズ(from名古屋)。アコギをかき鳴らしながら歌う女性の、ちょっとひしゃげたようでありながらまっすぐ力強い一聴したら忘れられない声と、蝶ネクタイに白いシャツというボーイさんのような衣装で激しく飛び跳ねながら単音のリードフレーズ弾きまくる男性の出で立ちがいきなりインパクト大。歌の世界も奏でられるサウンドもブルーズとしか言いようがないのだけど、独特な歌声とピックアップを通したアコギの音色が妙にからっと乾いていて、心地良さすら感じる。
「明るい曲をどんどんどんとやってそのあとずんと暗い曲をやる」って言って歌われた曲が「あの子は頭がもげたのー」ってちっとも明るくなくてちょっと笑っちゃったのだけど、アップテンポな曲を何曲か演奏した後の曲は、たしかにかなりどろりとした下降気味のサイケな曲だった。最後はなんだかとっても切ない曲。パンツの歌なのに。

ここまでの2組ですでにたいがい強力だったのだけど、最後に登場したこの日のメインの戸川祐華 Band setが強烈すぎた。
まずはリッケンバッカーをひとりかき鳴らして1曲、そしてエミー・クノコビッチのドラムをバックに歌われる2曲目までは、まだまだ、ちょっと舌っ足らずな歌声がCharaっぽいななんて余裕をかましていたのだけれど、3曲目須原敬三のベースとタジマアヤのキーボードが加わったバンド演奏になって、張り上げた第一声で完全iにぶっとばされた。多少音程が外れても気にせずに完全に歌を自分のものにしてしまう絶妙なピッチ感の、力強い童女のような歌声。渚にての竹田雅子さんやBELLRING少女ハートの朝倉みずほさんの歌を最初に聞いたときと同じような衝撃。
がっちりとグルーヴをキープする須原さんクノさんのリズム隊と、ポップなピアノ伴奏からサイケ感のあるオルガンプレイまで華やかに彩りをつけるアヤさんのキーボードという、もはやベアーズのハウスバンドといってもいいんじゃないかという強力な面子のど真ん中で、リッケン抱えて一歩も引かず歌声でその場を支配する小さな姿が強烈に印象的だ。中盤に披露された、ギターストロークのワルツのリズムにアヤさんのキーボードのアコーディオンの音色がかぶさって始まる哀感あふれる曲、リフレインで彼女が「誰も知らない…知らない」と声張り上げるところでは、思わず泣きそうになった。
アンコール、アコギをもって登場した彼女が、フロアに降りてきて、観客の間でギターをかき鳴らし、マイクを通さずに声を張り上げる。
「どうにもならなくても歌になる場所で歌いたい、歌わせて」
深く打たれた。


終演後、さっそくCD購入。握手してもらったり、サインしてもらったり、すっかりドルヲタモードのキモいがっつきを見せてしまった。
CDはライヴより幾分マイルドな印象で、その分、楽曲のポップな良さが前面に出ている。
一番のお気に入りはオープニングの「ほーむすぃーとほーむ」。ライヴでは確か本編ラストに歌われていた。
その後YouTubeでいくつか彼女の動画を探してみたのだけど、どれもライヴの衝撃に迫るものではなかった。
今回のアルバムのバンドセットでの活動で彼女自身も大きくステップアップしたのではないだろうか。
ぜひともバンドでのMVの公開を強く希望する。
戸川祐華「good-bye girl」(GYUUNE CASETTE)
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/02/12 00:19】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<山本精一のライヴレポ Index | ホーム | DEMON TAPES presents 『我我我 vol.1』(2/5、心斎橋FANJ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1740-b5252be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |