ご当地鍋フェスティバル@万博記念公園(1/6、吹田・万博記念公園)
万博記念公園で行われる「ご当地鍋フェスティバル」のアイドルステージに元テレジアの鈴木花純さんが出るということで、自転車漕いで出かけてきました。2017年のオタ活初めです。
鍋フェス
天気は快晴、しかし空気は冷たいです。お祭り広場のはじっこの吹きっさらしの小さいステージ、ここでこの日から3日間5ステージ勤めるって、大変だなあ。

この日の出演者とタイムテーブルは以下の通りでした。
第1部
 12:00~12:30 鈴木花純
 12:30~13:00 C-style
 13:00~13:30 Tick☆tik
第2部
 15:00~15:30 C-style
 15:30~16:00 鈴木花純
 16:00~16:30 Tick☆tik

鈴木花純(ex.テレジア)のセットリストは以下のとおり。
第1部 12:00~12:30
(SE)
1. 歓喜の歌
2. 笑顔と風船
3. 愛を信じたタンバリンの歌
(MC)
4. 春のうた~縁~
5. かすみ、そう
第2部 15:30~16:00
(SE)
1. 私のテレジア
2. 風に乗ろうよ
3. 愛を信じたタンバリンの歌
(MC)
4. 雪華(ゆきか)
5. 私のこと

平日の早い時間の一番手とあってほとんど一般のお客さんも他オタもいない中スタートした第1部は、年始らしく「歓喜の歌」で始まって、景気付けにアップテンポの新しい曲を続けた後、MCを挟んでしっとりとした曲で締めるセット。寒さにかかわらず、花純さんの声の調子は最初から良く、強力。
第2部は多少人数も増えたかな、日が陰って来て寒さ厳しくなってきた印象。1部と同様アップテンポな曲からしっとりした曲へという流れながら、1部との選曲のかぶりは1曲だけ。あとで聞くと3日後のワンマンのリハも兼ねていたらしい。おかげでテレジア初期からの「私のテレジア」のような曲からまだ音源化されていない曲までいろんな曲を楽しむことができた。今回初めて聞いた曲では、2部ラストに歌われた「私のこと」が良かった。ストリングスのイメージが強い花純さんの曲の中では珍しく、浮遊感のあるシンセのイントロから歌が始まり、ベースラインが強調されたオケがすごくカッコいい。転調に転調を繰り返す難しい曲を情感たっぷりに歌いこなす花純さんの歌唱力、半端ない。
鈴木花純さん
カメコさんがいっぱいいたので、ネットを探せばもっとちゃんとした写真とか動画があるはず。

共演の2組について。C-styleは丈の長いセーラー服の衣装でラウド系ロック風の楽曲を歌う木更津発のヤンキー系アイドル3人組。この日夜に大阪ワンマンがあるようで、特攻服や法被姿のヲタもちらほら。第1部、客は半分くらいカメコでほとんど地蔵というおとなしい鈴木花純のステージからの落差が可笑しすぎる。
ちくちく
Tick☆tikは福岡の4人組、スカコアやロックっぽい楽曲で観客の中に飛び込んで煽りまくる元気なステージが売りのようだ。どちらかと言えば苦手なタイプなのだけど、メンバーが凸凹バラバラで明るくて感じが憎めなくて良かった。このグループに関しては、「女子99%男子1%の未完全女子」のメンバーの存在感は大きい。こんなふうに特別に取り上げること自体本来どうかと思うけれど、やはり目立つし、通りがかりに好奇の目を向ける人もいる。でもいきいきと歌い踊る当人と、それをそういうものとして受け入れて楽しんでいる現場の空気はとてもいいなあと思った。

鈴木花純さんのMCは相変わらずの調子で楽しかった。会場が太陽の塔の真後ろの広場ということで、花純さん太陽の塔ポーズがお気に入り。
初チェキ
ということで花純さんの2017年初チェキをいただきました。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/01/07 20:33】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フェイバリットディスク2016 | ホーム | “Hyper Countdown2017″大森靖子 / Maison book girl @shinjuku LOFT(12/31、新宿ロフト)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1735-8e8fffd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |