2017 PSYCHEDELIC PROTOCOL(1/29、難波BEARS)
psychedelic plotocol

球体のポ
ギター&ヴォーカル、ベース、ドラムスにテルミンという変則的な編成の4人組。ヴォーカルの人が金色のマッシュルームカットに黒サングラス、花柄のシャツという出で立ちで、お、これはネオGS風のサイケなポップか、と思わせて、実際1曲目下降気味の幻想的な曲調にファズの効いたギターのソロが入ったりして思った通りなのだけど、全体としての印象は意外とサイケ度は薄く、少しひねくれたポップなロックという印象。ちょっと長めでドラマチックな5曲目が良かった。テルミンがアクセントになっていて面白いなと思ったのだけど、ゲストでの参加だったみたい。
球体のポー

山本精一+津山篤
最近コンスタントに回数を重ねているこのデュオ、今日は山本さんはいつもの黒ストラト、津山さんはテレキャスのフルアコで、まずはおふたりともお得意なトラッド風(?)の爪弾きの絡み合いから。僕の好きな山本さんのナチュラルなディストーションのかかったストラトの音色。いつしかベースラインと深いリヴァーヴのかかったミニマルなフレーズのループの中できらめくギターフレーズが飛び交う展開。
津山さんがIPadを持ち出し、まずはストリングスのような音色で山本さんの切り込むようなフリーキーなフレーズとの絡み合い、これはちょっとギターに負けている感、すぐさま固いウッドベースの音色に切り替えて応戦。さらに左手でPadのベースかき鳴らしながら右手で縦笛を吹き鳴らす。津山師匠さすが!
ふたたび津山さんがギターに戻りベースラインのループを作ってその上で2人のギターが絡み合う。このパターンならいつまで続いていてもいい、極楽なひととき。
最後は山本さんの深いリヴァーヴのかかった静謐なギターソロに津山さんの優しいアルペジオが重なる。津山さんのギターが静かに熱を帯びてくると、山本さんはボトルネックで応酬する。
津山さんが自家製らしい三角の謎の弦楽器を取り出し、山本さんの深いリヴァーヴの海の底で弓で静かに奏でて終わり。
今回は切れ目なしではあったけれど、基本は前回と同じくお互いの反応の中で次々に5分から10分程度のピースを作り上げていくような30分だった。大枠決めていることもあるかもしれないけれど、基本即興ですよね。まったく、この2人の引き出しはどれだけあるんだろうか。すごいなあ。
山本津山

田畑満+金子ユキ(ゲスト:村田十三)
こんなに長いことこの界隈うろうろしてるのに、田畑さんのプレイを見るのは初めてだと思う。田畑さんの活動の中心であるアシッドマザーがあまり頻繁には関西でライヴしないからだと思うが。花柄のもっこりタイツにオレンジの花柄のパーカーという実にゴングな出で立ちがイカす。
今回はエレクトリック・ヴァイオリンの金子さんとのデュオアルバム発売記念で、ゲストでドラマーを迎えてのトリオのセット。ギターとヴァイオリンがゆっくりとお互いを探り合いながら立ち上がり、すかさずビートを刻みだすドラムを交えながら激しく絡み合い出す。ループを使わずにさまざまな音色を駆使しながらどんどんまっすぐに流れを作っていく田畑さんのギターが凄くて、さすがアシッドマザーで長尺の曲をいつもやってるだけあるなんて変な感心をしたり。ビートの背骨を形作る村田さんのドラムがまた強力で、このままトリオのバンドでフジロックのフィールド・オブ・ヘブンにでも出れば凡百のクソジャムバンドなんか目じゃないだろう。
激しく絡み合いながら転がり続けた演奏が、テンポを落として大団円を迎える最後のパートが、素晴らしかった。イフェクターを通して激しく弾きまくる金子さんのヴァイオリンと田畑さんのギターは、目を閉じて音だけ聞くともはやどちらの音かわからない。
演奏が終わったら40分経っていた。あっという間だった。
もう1曲、金子さんはヴァイオリンを変え、10分ほど静かな短めの演奏。
田畑金子
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/01/30 03:06】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<RUINS(吉田達也+増田隆一)~期間限定復活LIVE!!!~(2/2、京都METRO) | ホーム | ノイズ新年会/畑中階段CD発売記念ライブ(1/15、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1734-84541dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |