Hauptharmonieツアー「唇を奪いに行く」(12/4、アメリカ村FANJtwice)その1
12月で朝倉みずほと柳沢あやのの2人の主要メンバーが卒業し活動休止となる、ベルハーことBELLRING少女ハート現体制での最後の大阪2日目、この日はアメリカ村のFANJtwiceで行われたhauptharmonieのツアー追加公演だった。
出演したアイドルはCure。、ヤなことそっとミュート、我儘ラキア、じゅじゅ、BELLRING少女ハート、そしてHauptharmonieの6組(出演順)。
開演予定時間が11時とかなり早いのは、前日のIDOL ROCKS!!で東京から来阪中の3組がスケジュールが空いていたため急きょ設定したためか。微妙に押し気味に開場となる。
IMG_z75au4.jpg

FANJtwiceはアメリカ村のど真ん中のビジネスホテルの地下にある中くらいのサイズのライヴハウスなのだけど、地下2フロア分吹き抜けになっていてステージを高めにしつらえているから、フロアの後ろから地下1階からどこからでも見やすい。音もうるさくなくて出るべき音がしっかり出ている感じですごく快適。広さもちょうどいいくらいの親密感があって、まあ何から何まで前日の味園ユニバースとは対照的だった。いや、もちろんああいうフェス的なイベントで大きなクラウドを集めるハレの場としては、それはそれでアリだとは思うので誤解なきよう(どこまで入れるか、とか、あのバカみたいな爆音はないだろう、とかいうのはおいておいて、だけど)。

いつものようにゆるふわなオープニングテーマ「ヤなことフライデー」とともに登場したヤナミューことヤなことそっとミュート、1曲目新EPのオープニングトラック「ツキノメ」のイントロのギターカッティングからビシバシとクリアに響いてすごく気持ちが良い。なでしこさんを中心に4人の歌声がまっすぐ通ってくる。中盤で前日に続いて披露されたEP未収録の新曲「No known」はゴリゴリのベースの上でファンキーなギターカッティングの硬質なロックチューンに、あくまでまっすぐなシャウトときっちり振り付けられた激しいダンスがイカす。この曲だけでなく以前から演奏されている「スプートニクノート」など、どんどん新曲が生まれているのが心強い。どの曲のパフォーマンスを見てもダサい「ロック風」の歌い方とか下手な煽りとは無縁で、清々しい。ラストは「Done」、先月のコンパスの時は新メンバーのレナさんを除いた3人で披露されていたこの曲ももう4人でしっかり歌われている。

ベルハーはやっぱり自分にとって特別だってこの日のライヴを見て思った。
激しい曲やアゲ曲連発のまさにフェス仕様だった前日も悪くはなかったけれど、初っ端からノイジーなギターのハウリング音が突き刺さる「low tide」からThe Doorsの「Strange Days」のようなオルガンのイントロで始まる「Pleasure~秘密の言葉~」、そしてダークなおニャン子クラブとでもいうべき「ボクらのWednesday」と畳みかけてくる独特の陰りと切なさこそがベルハーの真骨頂だ。そして前日の味園ユニバースではあーやんこと柳沢あやのの存在感が大きく感じられたけれど、この日はベルハーの特別さの中心にいつも朝倉みずほがいるということを痛切に再確認させられるセットだった。
「low tide」は中間部ステージ中心でひとりポツリと佇む彼女の哀切な「らんらんらんららんらんらん」という歌唱から音楽が高鳴りエンディングの5人の感情の暴発ともいうべき激しい歌唱に向かっていく。「あと少しこのままでいれたら」という最後のカイちゃんとあーやんの悲痛な歌声が耳に残る。
「Pleasure」「Wednesday」の2曲の魅力である生々しい不揃いの歌唱の中心にいるのが彼女だ、そしてどちらの曲も一番の聞かせどころで彼女のあの独特の声が切なく響く。そしてその歌声の居心地の悪さや不安定感、切なさこそが、もはや参加メンバーがみずほ以外残っていないファーストアルバムのサイケ感の源泉の一つだった。
その後の曲でもステージ全体が良く見えたこともあり、常にみずほの姿を中心に見ていた。

「c.a.n.d.y.」「The Edge of~」といった定番のアゲ曲でフロアを充分混沌に陥れた後、これで終わるのかなと思いきや、ラストには駄目押しのように後藤まりこ作詞作曲の人気曲「チャッピー」が歌われる。後藤まりこ自身が弾いたという心をかきむしるような激しくノイジーなギターソロが静まったあとの落ちサビで、他のメンバーが倒れている中、一人立つみずほが切迫感のある早口で息せき切って歌う。

チャッピー もういない 君の影追いかけて
チャッピー 夏の夢 分かっている 全部全部
チャッピー 儚さと踊ろうよ さよならだ

再び高鳴る音楽に合わせてみずほを中心にした5人が激しく身体を振って踊り歌う。
長かったような短かったような夏の終わりがすぐそこに近づいている。
「チャッピー行かないで!言わないで!お願いです!」


主役のHauptharmonieや他のアイドルについては「その2」に続きます。
[ヤナミューセットリスト]
1. ツキノメ
(MC)
2. see inside
3. No known
4. スプートニクノート
5. Lily
6. Done

[ベルハーセットリスト]
1. low tide
2, Pleasure~秘密の言葉~
3. ボクらのWednesday
4, get rid of the Chopper
5. ホーネット'98
6. c.a.n.d.y.
7. the Edge of Goodbye
8. チャッピー

[関連記事]
BELLRING少女ハートのライヴレポINDEX
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2016/12/05 02:27】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Hauptharmonieツアー「唇を奪いに行く」(12/4、アメリカ村FANJtwice)その2 | ホーム | IDOL ROCKS! FESTIVAL 2016 in UNIVERSE〜忘年会スペシャル〜(12/3、千日前味園ユニバース)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1718-10c4e044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |