スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
宇宙シリーズファイナル~ダークマター(10/29、難波BEARS)
ベアーズのオリジナル企画「宇宙シリーズ」の最終回、宇宙的な音楽を奏でる3組の個性的なユニットに、今回は小堀努による「cosmic light show」を加えたスペシャルなセット。
Cv7YnCgUIAEUX4p.jpg

菊池誠と児嶋佐織のテルミンデュオ、andmo'。ギターも担当する菊池さんはニセ化学批判やP・K・ディックの翻訳も知られる阪大の物理学の先生でもあるけれど、ぼさぼさの長髪はどう見ても高円寺あたりのロックミュージシャン。
2台のテルミンがSE風に絡み合う中、おもむろに菊池さんが荘重なギターリフを奏で児嶋さんのテルミンもこれに合わせる。そして変拍子っぽいギターのリフに合わせて2台のテルミンの音色が飛び交いハードロッキンなギターがうなりをあげるドラマチックなパートに、さらにマゴットブレインなヘヴィサイケなパートを経て再び最初のリフに戻るという20分にわたるプログレな大曲が1曲目。もう1曲も基本はおなじようにギターリフのループの上にテルミンやギターのソロが飛び交うのだけど、外国語の男女のSEや児嶋さんが操作する発信音も交えよりゆったりと雄大な印象。ミニマルに爆発するライトショーの映像とともにしばしうっとり。
Cv7lEelVUAAdf4K.jpg

821のベースにふじゆきのヴォイスをフィーチャーしたSarry、821さんは最近個人的にはナスカカーのギタリストとしてお馴染みで、Sarry本体のライヴを見るのは実に9年ぶり。
まずは821さんが弓弾きの催眠的な持続フレーズ、そして硬いベースパターンをループさせて、ふじさんのヴォイスが日本語とも非言語ともつかない柔らかい歌を載せていくと、さらに821さんのベースが弓弾きや指弾きで激しくダークな影を重ねていく。ミニマルに明滅しながら映像が移り変わり、最後は激しいノイズが吹きすさぶ中で最初と変わらぬ静かなトーンで歌が詠じられている。ベース1本とヴォイスだけでこの構築力、すさまじい。
Cv8MWe4VUAAkZVD.jpg

山本精一、今日は黒ストラトにイフェクター4つと、割とシンプルなセッティング。
まずはピタッピタッというノイズをループさせて作ったまるで雨音のような音に乗せて、深くリヴァーヴのかかったメランコリックな演奏。いつの間にか雨音は消えて、低音の持続音の上で、山本さんのギターが羽を広げていく。リヴァーヴの幕のかかった向こうで山本さんのギターが鈍い光を放ちきらめいているさまに耳をこらし、じっと見つめている。バックの映像と相まって…というか、もしかしたら映像がなくてもあまり変わらないんじゃないかという。終盤激しくうなりをあげることはあったけれど、ノイジーにバーストする一歩手前できらめき続けるさまを箱の外から眺めているような、万華鏡のようなギターソロ30分。
Cv8VjNIVYAEkrA5.jpg

[関連ライヴ]
コハク、akamar22!、andmo’、ノイズわかめ(2015/6/25、難波BEARS) andmo'
ギューン秋祭り2007~ファンダンゴ20周年記念~(2007/11/4,十三Fandango) Sarry

山本精一のライヴレポ Index
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2016/10/30 15:37】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オーケストラKYOTO!(11/3、京都岡崎ロームシアター京都) | ホーム | Moonriders Outro Clubbing Tour(10/13、心斎橋Music Club JANUS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1711-829456ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。