ギューンカセットpresents tepPohseen「Some Speedy Kisses」発売記念ライブ(10/1、難波BEARS)
大阪の誇る老舗インディペンデントレーベル「ギューンカセット」主催の、福岡のtepPohseenというバンドのリリースイベントでベアーズに出かけてきた。
tepPohseenは初見だけど、共演でひさしぶりに元埋火の見汐麻衣さんが見られる、さらに山本精一さんも歌ものセットで登場とのことで、以前秋にやっていた名イベント「ギューン秋祭り」を思わせる豪華な顔ぶれ。
1001

一番手はギター×2・ベース・ドラムスの4人組インストバンド、マクマナマン(from福岡)。
テンポを落とした中間部を挟んで3連の組み合わせで疾走していく1曲目も、目まぐるしく拍子が変わりながら最後はそれぞれの楽器がそれぞれのビートををお刻みながら高まっていく2曲目も、10分以上の大曲の長さを感じさせずにぶっとばしていく爽快感。

ひさしぶりのベアーズという見汐麻衣(from東京)。
エピフォンのフルアコで奏でられる深くリヴァーヴのかかったギターソロからおもむろにNOKKO「人魚」そして切れ目なくya-to-i「空の名前」という泣かせるカヴァー曲が歌われ、さらに自身の現在のバンドMannersの曲(未リリース曲?)まで一息にメドレーで、つかみはバッチリ。続いては見汐さんが一番好きな外国のおじさんとおばさんの曲ということで、ビートルズ(ポール・マッカートニー)の「Black Bird」とヴァシュティ・バニヤンの「Diamond Day」。「Black Bird」はあの印象的なフィンガーピッキングが完コピ。「Diamond Day」は以前いちど埋火でカヴァーしたのをこのベアーズで聞いて、カヴァー曲やるなんて珍しいな、と思った覚えがある。
最後2曲は元埋火の須原敬三をベースに加わえて埋火の曲を2曲。まずは「と、おもった」、見汐さんのボーカルが華やいだ艶を振りまく、ファーストアルバムの1曲目に収められた初期からの埋火の代表曲。そして見汐さんがボディを叩いて奏でる深いエコーのかかった和音の中から須原さんのベースがのっそり動き出すイントロが印象的な「溺れる魚」。こちらはラストアルバムの1曲目。
見汐さんの歌とギターを久しぶりにに堪能したけれど、バンドでの活動が見たいと思った。Mannersの活動をちゃんとチェックしておかなくては。

いつもの黒ストラトを抱えて登場の山本精一
大量のイフェクターをつないでサウンドチェックをしていたと思ったら、拍手するタイミングもなくいきなりストロングスタイルの轟音ギターノイズをぶちかます。今日は歌ものじゃなかったの?と思っていたらいつの間にかギターは粗いコードストロークになり「あんなに好きだったこと」が歌いだされる。以下随所にノイジーなギターをぶちかましながら「EVER GLAY」「めざめのバラッド」「サナギ」を基本ガシガシとコードストロークで弾き語り。最後はヘヴィなギターリフで始まる「Days」、後半ギターソロからそのまま真っ白な爆音のギターノイズに突っ込んでいくエンディング。

本日の主役tepPohseen(from福岡)。
teppohseen

なんと表したらいいんだろう。かっちりと強力な演奏でありながらジャンクなラフさ兼ね備えている。ちょっと情感のある歌心もあり、でもあっけらかんとしてる。主としては、ドラムとベースとギターの3人の強力な演奏に、もう1人がギターとヴォ―カルで情感を付け加える感じ。全体としてヴォーカルの比重は少ないけれどその分ギターが切なく響く瞬間が多い。突き放したようなクールな感触は岡山のテストパターンにも似ている。
3曲目でドラムの志賀さん(ex.埋火)が力いっぱいビートを刻みながら歌いだして、オッと思う。ビートに絡むベースのリフがもろニューオーダーなジャンクなファンクに2本のギターがノイジーに被さりメチャメチャカッコよい。踊り狂った。

tepPohseenのアルバムに見汐麻衣のCDRシリーズ近作2枚、さらに山本精一の新しいCDRと買い込んですっからかんになってしまいました。

tepPohseen 「Some Speedy Kisses」
アルバム、いいです。
[関連ライヴ]
Gyuune Cassette presents 「見たことないうた」(2013/9/15、難波BEARS)埋火
巷のmyストーリー9(2012/12/26、難波BEARS) 埋火
THE SECRET SUMMER FESTIVAL"かくれギューン夏祭り2012"(2012/9/15、難波BEARS)
THE SECRET SUMMER FESTIVAL"かくれギューン夏祭り2012"(2012/9/9、難波BEARS)
他力本願寺レコ発(2012/8/19、難波BEARS) 埋火
埋火"ジオラマ"Release Tourワンマン!(2011/12/16、難波BEARS) 埋火
「日曜日のうた」発売記念ライブ(2010/5/16、難波BEARS) 見汐麻衣ソロ
Fuji Rock Festival 2009 Day3(2009/7/26、苗場スキーリゾート) 埋火
PSYCHEDELIC SUMMERDAYS Vol.2(2009/7/10、難波BEARS) 埋火
Song of Songs 2009 ~Beautiful side(2009/5/30、難波BEARS) 埋火
uzumibi presents watashinofune release live (2009/2/15難波BEARS) 埋火
ギューン秋祭り2007~ファンダンゴ20周年記念~(2007/11/4,十三Fandango)
ギューン秋祭り2006(2006/11/5、十三FANDANGO) 埋火

山本精一のライヴレポ Index
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2016/10/02 02:00】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ひめとまほうpresents「昼会」(10/9、ロフトプラスワンWEST) | ホーム | 蚊ぁにばる~祝「人間はカトリセンコウ」誕生40周年~(9/25、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1705-94e8c1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |