TANABATA-SLASHHHHHH(7/7、恵比寿BATICA)
BATICA
恵比寿BATICAは2階に50人もはいったらいっぱいって感じのライヴフロア、1階にバーカウンターとDJブースというこじんまりとしたクラブ。NYより帰国中の野沢直子のバンドをメインに、ベルハーのカイとあヴぁんだんどの宇佐蔵べにに元たまの石川浩司を加えたえんがわなど、相当に風変わりな面子を集めたイベントです。

前物販でえんがわのお三方と囲みチェキ撮ったり、短冊書いたりしているうちに、2階でライヴが始まってます。
七夕
アイドルデュオ、ニュートリノ温泉。まだデビューして日が浅いのかな、ええ湯加減の緩いラップをフィーチャーしたアーバンなテーマ曲をはじめ、MCなど全体にゆるゆる。他に披露された2曲はなぜかチャイニーズテイストなしっとりとした曲とロックな曲、意外と歌えてるしポップでなかなかいい感じ。

戦メリクリ。2人組DJコンビ(??)。殺害塩化ビニールのTシャツにブリーフ一丁の人はこないだCure。フェスで回してた西村ひよこさんやね。トラックに合わせてゲスいことやしょうもないことを喚き散らすオリジナルと、合間に中森明菜やら中島みゆきの曲をかけて一緒にがなり立てたり、ゲスい業界与太話なMCしたりする、最高に酷いステージ。いやほんとに酷かった(褒めてますよ)。ラストは今日のトリの野沢直子オマージュ(?)のH Jungleメドレー。

そしてお目当てのえんがわ。シングル発売のタイミングで行われた無料インストアイベント以来、今回が初のライヴイベント登場です。相変わらずランドセルしょってるべにちゃんやいつものランニング姿の石川さんはともかく、黒セーラー服じゃないカイちゃんの歌う姿はなかなかに新鮮。まずはシングルA面の「おばんざいTOKYO」、動画で見たインストアの時にに比べるとさすがにしっかりと歌ってる印象。そして「あヴぁんだんど」「World World World」とあヴぁ・ベルハーの代表曲を2人の歌と石川さんのパーカッション・合いの手入りで披露します。「WWW」の微妙にオケとずれてる石川さんのタムが船酔いに似た変なグルーヴ感を醸し出し、最後の絶叫になだれ込みます。もちろんこの流れで当然のように続いて「さよなら人類」。最後はシングルのカップリング「オーシャンゼリゼ」。
えんがわ

えんがわはカイじいちゃんにべにばあちゃん、石川浩司少年という設定なんだけど、MCで「七夕に年に1年ぶりに会った織姫と彦星は何をするのかなー」とカイじいちゃんべにばあちゃんに無邪気に問いかけ、「ちゅーとかするのかな、ねぇちゅーってどんな風にするの?おじいちゃんおばあちゃん恋人同士だったんでしょ、やってみてよ」とさらに詰める石川浩司少年の中の人のゲスっぷりがええ感じでした。
happy birthday
石川浩司少年55歳のお誕生日おめでとうございます!

最後は1階のDJブースで回していたテンテンコのDJ。テンテンコさん、めっちゃちっさくてカワいい!
音は正直普段あんまり聴かない方面なので、どういう種類の曲がかかってたかとかよくわかりません(Arthur Russellくらい)が、ミニマルでめちゃかっこよくって、結局この日のライヴのトリのEMGT(野沢直子バンド)は見ずにずっとへろへろと踊ってました。
DJテンテンコ

アンコールのラストをちょっと覗いたところでは、野沢直子のバンドはストレートなハードコアっぽい感じでした。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2016/07/08 10:54】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<少女閣下のインターナショナル殺人事件(7/8、新宿MARZ) | ホーム | Cure。Festival vol.5(7/3、心斎橋King Cobra)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1686-a9475c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |