スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
豊田道倫 20周年記念アルバム『SHINE ALL AROUND』発売記念 CDデビュー20周年記念コンサート(2/28、難波BEARS)
・仕事終わって大阪に戻ってベアーズに駆け込んだらmtvBANDの轟音をバックにMTが「あーわからないわからんわからんわからない」とがなりたてているところだった。

・ゲストの半野田拓がノイジーなサウンドトリートメントを丁寧に施す。「あいつのキス」さらに「サマーソフト」「UFOキャッチャー」とひっそりと紡がれる歌にそこはかとなくサイケなサウンドスケープが広がり胸熱。

・重厚な「そのに座ろうか」からヘヴィな歌ものが続く。「帰省」の「自分の息子の頭を撫で私は私の刀を研ぐだけ」という歌詞がドキドキする。

・「I LIKE YOU」でまたバンドが弾け出す。うねるベースと跳ねるドラミングの作り出すグル―ヴィなビート中でまたMTが「ワカラナイワカラナイ俺にはワカラナイ」と歌っている。
MT1

・ラストは「Tokyo-Osaka-San Francisco」。中間部の「何も考えない、それはあかん」というシャウトはあべのぼるへの返歌だろうか。それにしてもリフレインに戻る時のバンドの瞬発力ときたら。

・アンコールに応えてMTが一人ステージに現れ、MCを交えながら「散歩道」ほか4曲の弾き語り。MCは川本真琴について大森靖子について月亭可朝について、絶好調。

・ふたたびバンドと共に高らかに歌う「Heavenly Drive」から超高速の「うなぎデート」、そして「この夜」。スカミーな原曲が久下さんの叩きつけるようなドラミングを中心にジャンクでハードなロックンロールに変貌している。MTはまた「何もわからなかったけどこの夜大人になった」なんて歌ってる。演奏はノイジーにバーストして終わる。mtvBANDカッコよすぎる、今んところ最強のロックンロールバンド。

・ステージにMT一人残りアカペラで「ありふれたジャンパー」。心底震えた。MTがここまで聴かせるシンガーだとは思っていなかった。不明を恥じる。

MT2
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2016/02/29 08:30】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サイケ奉行ワンマンショー~平日にワンマンて無謀やろか(3/7、難波BEARS) | ホーム | でんぱ組.inc GOGO DEMPA TOUR 2016 ~まだまだ夢で終わらんよっ~ (2/24、ZEPP NAMBA)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1671-bc6176a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。