でんぱ組.inc GOGO DEMPA TOUR 2016 ~まだまだ夢で終わらんよっ~ (2/24、ZEPP NAMBA)
でんぱ組.incの春のツアー、去年の春と同じオリックスホールの公演もあったのですが、日程的にちょっと難しかったのと、ちょうどよい日程でオールスタンディングのライヴハウス公演もZEPPで行われるということだったので、こちらを選んで家人と共に参加してきました。
2つ目の柵のゾーンの後ろの方で、列で言えば10列目とかそんな感じでしょうか。上手はじっこの方なのでそんなに圧縮も激しくなく、わりとゆったり楽しむことができました。

オープニングの「まんが日本昔話」風アニメーションに続いていきなり1曲目「バイバイさよーならー」の「サクラあっぱれ―しょん」だったのはちょっと意外さらに「とんちんかんちん一休さん」で意表をついたのち、「ちゅるりちゅるりら」「NEO JAPONISM」の定番アゲ曲で盛り上げます。この日はバッキングを「でんでんバンド」が勤めるバンドセットだったのですが、高速曲が多いでんぱ組なのに、ほぼ完ぺきなバッキングぶり。
このあとも「WWD」から「Dear☆Stageへ~」「ブランニューワールド」「あした地球が~」としっとり聞かせる曲を続けたかと思うと「でんぱーりーナイト」で沸かせたりと緩急つけた曲順がよく考えられてます。個人的には「冬へと走り出すお!」やってくれたのが嬉しかったな。
さて、「破! to the Future」から始まった終盤のクライマックスは「FUTURE DIVER」からの「イロドリセカイ」での最上もが生誕企画の紫キンプレ一斉点灯。歌いだしから途中までの会場中のキンプレ消灯ですでにもがたん察してうるうる来ていたようで、まあ、それはそれで大成功。
「でんぱれーどJAPAN」のエンディング、「バリ3共和国」「でんでんぱっしょん」から、配信が始まったばかりの新曲「ファンファーレは僕らのために」のアンコールの盛り上がりについてはいわずもがなですね。
もが誕

オールスタンディングのでんぱ組のライヴはなかなか楽しくて良かったと思います。個人的には昨年の春のツアーのオリックスホールの時より楽しかったです。人が詰まってるからヲタ芸があまり見られないのはしょうがないですよね。それより気になったのはペンライトで、確かに綺麗なんだけどみんなずっとつけっぱなしで頭の上で降ってるもんだから、視界が悪くてしょうがない。すくなくともオルスタの会場に関してはここぞという時だけの点灯にしても良いのではないかと思うんですけど。

この日一番おかしかったのは未鈴ちゃんのアンコール登場時のあいさつ。
ニューアルバムの紹介のMCでさらっと「5人になって5年目の…」。
おいおい、ひとりたりないだろw、観客一斉に「えーっw」。ねむ「ちょっと卒業フラグ立てないでよー」。
最近とみに未鈴ちゃんがかわいく見えて仕方ないこの頃です。
[セットリスト]
(オープニング)
1. サクラあっぱれ―しょん
2. とんちんかんちん一休さん
3. ちゅるりちゅるりら
4. NEO JAPONISM
(MC、自己紹介)
5. W.W.D
6. Dear☆Stageへようこそ♡
7. ブランニューワールド
8. あした地球がこなごなになっても
(バンドメンバー紹介)
9. でんぱーりーナイト
10. 冬へと走り出すお!
(MC)
11. 破! to the Future
12. Future Diver
13. イロドリセカイ
(もが誕生祝い)
14. でんぱれーどJAPAN
(アンコール)
E1. バリ3共和国
E2. でんでんぱっしょん
E3. ファンファーレは僕らのために
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2016/02/25 21:01】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<豊田道倫 20周年記念アルバム『SHINE ALL AROUND』発売記念 CDデビュー20周年記念コンサート(2/28、難波BEARS) | ホーム | 奇島残月企画「わたくしロックランドウェスト」(2/21、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1670-2edc8010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |