IDOL ROCKS!~BOUQUET 1st Anniversary SPECIAL in BIGCAT(3/30、心斎橋BIGCAT)
ロック的なテイストを持ったアイドルを集めて行われるイベントシリーズ「IDOL ROCKS!」の1周年スペシャル版、登場したアイドルたちは以下のとおり。
柚餅子みこ(O.A.)、大阪☆春夏秋冬MAPLEZPassCodeBELLRING少女ハートBiSH
なんだか去年の6月のvol.2の面子とほとんど同じという気もするけど、SUNHALLと違って天井が高く広いBIGCATでこのアクトを見られるのはありがたい。

会場についたら、広々とした場内中盤で、でんぱ組.incヴァージョンのBiSの「IDOL」で10人くらいが盛大にヲタ芸打ちまくっていて笑ってしまった。オープニングアクトの柚餅子みこのステージ、ふだんこういう現場に行かないからむっちゃおもろい。秋葉原のカレー屋さんの店員さんとのことで、ディアステージ的なアキバのノリなのかな。最後はブルーハーツの「TRAIN-TRAIN」のカヴァー、イントロに入るMIXがハマりすぎだし、終盤の「栄光に向けて走る~」のケチャにはかなりグッと来る。最後の「TRAIN-TRAIN走っていく」のヲタのサークルの真ん中に柚餅子さんが飛び込んで終わり。カリガリカレー、東京出張の際には行ってみなければ。

ひとことでロック的なテイストを持ったといってもそれぞれグループによってそのテイストは全く違う。大阪☆春夏秋冬はオールドウェイヴなハードロックのテイストだ。なんせオープニングが「We Will Rock You」(QUEEN)から「Kill The King」(RAINBOW)やし。こんなコンセプトを可能にするのはなんといってもリードシンガーまいなさんのアイドル離れしたヴォーカリストとしての力量だ。オリジナル曲にはいまどきの音作りを意識したものもあるけれど、この巻き舌のロックヴォーカル然とした(言ってしまえばベタベタな)歌に、他のメンバーたちのバッキングヴォーカルやダンスの過剰なまでのパフォーマンスが合わさって、しゅかしゅんらしいいなたいグルーヴに染められる。もしこれがロックバンドだったら古臭くて聞く気にならなかったかもしれない、アイドルがやるからおもしろいんだと思う。ホーンセクションをフィーチャーした賑々しいブラスロックなんかどうだろうか、昔TOPSがやっていたChaseの「黒い炎」のカヴァーとかいいと思うぞ。

PassCodeはもう何回か見ているけれど、今回いままでで一番前方でパフォーマンスをじっくり見ることができた。ちょうどお立ち台の前だったので、たとえば中盤の「KISSの花束」で一番小柄なちゆなさんがアイドル然としてニコニコと歌っているところから終盤パートで一転デスヴォイスで咆哮しまくる様を目の前で見られて、大層眼福であった。続くピアノをフィーチャーした曲(曲名不詳)とか終盤の「ORANGE」とか、エクストリームなサウンドの中に挟み込まれるメロディアスな曲が良くって、今回は、酔っぱらった人が飛びまくるめんどくさい現場というイメージ以上の、アイドルらしいキュートな魅力を堪能させていただいた。

暗いステージに静かにBELLRING少女ハートのメンバーが登場する。派手ななギターのイントロに合わせて激しくストロボライトが点滅し「rainy dance」が始まる。序盤いまひとつ観客をつかみ切れていない印象を持ったのは、こっちがスピーカーのまん前で爆音すぎて音をつかめなかったせいかもしれない。3曲目「low tide」のいつもの胸震わせるパフォーマンスからそんな違和感もなくなり、みずほと甘楽のアカペラに導かれて始まった「憂鬱のグローリア」ではもうすっかり声を合わせて「GLORIA!」と叫んでいたりする。ここでアシッドなトラックにみずほのファニーなラップをフィーチャーした怪曲「ライスとチューニング」という変化球が投げ込まれる。続く「チャッピー」へとみずほ推しにとってはたまらない流れ、「チャッピー」のみずほの早口の歌唱はアルバムよりはるかに力がこもっていて、胸に迫る。作詞作曲の後藤まりこさんは最近のベルハーの「チャッピー」のパフォーマンスを目にしているのだろうか。もしご覧になっていないならぜひ見てほしいと思う。きっと後藤さんご自身にもフィードバックされるものがあるのじゃないかと思うのだけど。
さらに歌いだしの音程のムチャなあがり方が切なくもドラマチックな「ホーネット'98」とサードアルバムの最強の曲が続く。
おなじみのギターリフから「c.a.n.d.y.」が始まると、あとはもう無敵のベルハーの世界だ。広々としたBIGCATフロアを、「c.a.n.d.y.」で左右にシャッフルし、「The Edge of~」で上下に揺らし、最後に「asthma」で大きくぐるっとかき回してすっかり笑顔に満ちた混沌のるつぼと化してしまった。
2/1にもえちこと宇佐美萌が脱退して5人になって初めての大阪でのライヴだったわけだけど、すでに5人での態勢はすっかり出来上がっているように感じられる。「エッジ」でも「asthma」でもメッセージを述べるみずほさんに、残された最古参メンバーとしてベルハーを引っ張るのは自分だという強力な意思を感じて頼もしく感じた。
サードアルバム曲ばかりの前日と変わって、この日はファーストからサードまで満遍なく沸き曲を固めた対バンライヴ向けの必勝セットリストだった。ベルハーで力を使い果たしてしまい、今回も、BiSHを見る元気は残っていなかった。タワーレコードNU茶屋街店の里咲りさインストアにも行きたかったので、WACK渡辺社長のリフト禁止のアナウンスに続いて、「Nerve」で客席が沸いているのを横目に退散させていただきました。いや、他意はないです。たぶん。
[BELLRING少女ハートセットリスト]
1. rainy dance
2. プラスチック21g
3. low tide
4. 憂鬱のグロリア
5. ライスとチューニング
6. チャッピー
7. ホーネット'98
8. c.a.n.d.y.
9. The Edge of Goodbye
10. asthma



スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2016/03/31 14:52】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<復活!春の音泉祭り♪(4/17、服部緑地野外音楽堂) | ホーム | BELLRING少女ハートミニライブ&特典会(3/29、タワーレコードNU茶屋町店)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1669-d6d7f953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |