青葉市子 山本精一(1/9、難波BEARS)
今年のBEARS初め。
いつものように呑気に構えていたら、TLに開場前からベアーズに大行列ができてるとの情報が流れていたのであわてて駆け付けた。店の前に列が作れないので、隣の駐車場の角を回ったところに列が。ベアーズでこんな列作るのなんだかひさしぶりだ。昔なんの時だったか忘れたけど、横断歩道渡った高速の下に並ばされたことがあったっけ。青葉市子さんってすごい人気のある方なんだな、と素朴な感想。
山本精一・青葉市子

まずはいつものように黒いストラト抱えて登場の山本精一さん。
「お正月なんでいつもと違う感じでやります…いやいっしょか」などと言いながら、まずはスタンダードナンバー「国境の南」から。長めのギターアドリブからおもむろに始まる2曲目以降は最新作「童謡(わざうた)」中心の弾き語りセットで、12月の「童謡(わざうた)」レコ発に行けなかった身としてはすごくありがたい。「まっすぐにみちをはずすわたしにはまっすぐなひとの心がわからない」(まっすぐにみちをはずすわたしには)、「また昨日によく似た白い朝がゆっくりと始まってみんなの期待に応えるようないつもの私になる」(ゆうれい)…「童謡(わざうた)」の曲は今まで以上に詞のフレーズが聞き手の自分にまっすぐに届いてくるような気がする。
後半で山本精一&PHEWの名作「幸せのすみか」でPHEWが歌っていた「鼻」が歌いだされた時は、あ、今日むかしの曲もやるんだ、くらいだったのが、続けてイントロなくいきなり歌いだされたのが羅針盤の「ますら」で、不意を打たれて息を飲んだ。いまさらだけど羅針盤は1996年にはじめてFANDANGOで見てから2005年にドラマーのちゃいなさんの不慮の死で解散するまで10年間、一番好きなバンドだった。解散後しばらくは羅針盤の曲を山本さんが歌うことはなかったのだけど、最近は羅針盤の曲ばかり歌うソロライヴもあったりした(行けなかった)くらいで、わりと普通にレパートリーに入れて歌っているようであり、ファンにとっては嬉しいことだ。この曲をライヴで聞くのは10年以上ぶりになるのでちょっと感無量。
「無垢なものすべてが綺麗で光るわけではないと知ったとき始まることもあるから」(ますら)
国境の南(South of The Border)/まっすぐにみちをはずすわたしには/サナギ/真昼間の獏/もぬけのから/鼻/ますら/ゆうれい  

ステージ上手下手にもぎっしりお客さんが上がって座って見守る中、青葉市子さんのステージが始まる。青葉さんはまったく初見で曲聴くのもほとんど初めてだったのだけど、歌いだされた瞬間に深みのある歌声の存在感が圧倒的でに釣り込まれてしまう。歌だけではなく、クラシックギターのバックボーンを感じさせるアコースティックギターの伴奏がまためちゃくちゃ上手い。チューナーとか使わずにMCしながらちょいちょいとペグをいじってチューニングするのがクール。その上美人だし。寺山修司の「レミング」の舞台の方にかまけていて音楽のライヴはひさしぶりだから「リハビリです」なんて、いやぜんぜんそんなことないから。
何もかも朽ち果てた海岸の廃墟で単身働き続けるロボットの歌や、太陽の昇らない街でただひとり光を忘れない「僕」の歌など、長編の物語性の強い歌が素晴らしく聞き応えがある。「吟遊詩人」という感じ。七尾旅人のカヴァーも良かったな。

山本さん50分、青葉さん60分のステージののち、休憩をはさんで2人の共演のセット。
まず精一さんのギターをバックに青葉さんが1曲。そして精一さんが歌う「童謡(わざうた)」に青葉さんが薄くコーラスをつけると、それだけで違う曲のような輝きを放つ。
さらにもう1曲、というところで、用意したはずの歌詞カードがない、というのでしばし中断して探し回ったあげく、最初に青葉さんのギターのピックアップの安定が悪くて、たたんで挟んだ紙がそれだったというオチ(見ながらもしかしたらそうじゃないかと思ってたんだw)。ぐだぐだの末に青葉さんと山本さんのふたりで歌いだされた「ロボット」(山本精一&Phew)がそのままぐだぐだの出来で、首をかしげながらもう一度最初からやり直し。青葉さんと精一さんのデュエットで描かれる多幸感あふれるナンセンスな歌の世界、この2回目の演奏が二人の共演セットのハイライトだった。さすがおふたりともプロだななんて妙な感心をした。
アンコールの拍手が鳴りやまず、青葉さんが再登場して、この日のライヴを締めくくる。

今年も行けたり行けなかったりすると思いますが、いつもBEARSがホームのつもりです。
一年よろしくお願いします。
[関連記事]
山本精一のライヴレポ Index
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2016/01/10 11:43】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<怪獣らんどその② 怪獣墓場編(1/10、宗右衛門町ロフトプラスワンWEST) | ホーム | 動画で見るフェイバリット2015>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1657-ce3d509a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |