地下アイドル姫乃たまの、地下しか泳げない通信~『潜行 地下アイドルの人に言えない生活』出版記念イベント(12/13、ロフトプラスワンWEST)
昨年末のいずこねこのラストライヴで1曲だけ曲を披露したのを拝見して、ずっと気になっていた姫乃たまさんなんですが、著作の出版を記念して来阪イベントを行うということで、1年ぶりにお会いしに行ってきました。

まずはホストの姫乃たまさんが、あいさつ代わりに彼女が最近「僕とジョルジュ」名義で出したアルバムから1曲「恋のすゝめ」。「僕とジョルジュ」は作りこまれたインドアポップ感が昔好きだった鈴木さえ子さんを思わせて、すごくお気に入りです。

そしてゲストのアイドルが登場します。
まずは栗原ゆうさん。ポップな曲に澄んだ高音のきれいなキュートボイス、2曲目ちょっと自虐入った「アラサーランド」で「アラサー」コールで沸かせます。
ロックアレンジの「うしろ指さされ組」で登場したのは「さきそん」ことももねさきさん。昭和のアイドル大好きとのことで、さらに岡田有希子「くちびるNETWORK」で会場のオッサンのハートをわしづかみw。ルックスはともかく(失礼)、歌い方や振りつけがほんとによくオリジナルを研究していて素晴らしいです。
松原タニシという松竹の芸人とたまさんの地下アイドルトークを挟んで、後半はももねさき先攻で、オリジナル曲2曲ずつ。さきそん最初の曲、ティアーズ・フォー・フィアーズっぽい80年代感あるサウンドが渋いです。栗原さんもももねさんも、曲がよいのと、さすがベテラン地下アイドルって感じのおもてなし心が随所に見られて良いステージでした。

さてここからは飛び道具、まずは合唱曲をバックに「虚無」と印刷されたメモを配りながら登場した謎の虚無僧アイドルきゃりー虚無虚無。「キャンディ・キャンディ」に合わせた「♪ガンジ-ガンジーマハトマガンジー」とか「ふりそでーしょん」に合わせた「はまちーはまちー…ぶりの名称」なんていうわかり易いきゃりーネタの一発ギャグと「きょむきょむ~」と声かけるとピーとソプラノリコーダー奏でるなどの不条理感のあるナンセンスが程よいバランスで、地下感を盛り上げてくれました。
虚無虚無

そしてでっかいお○こマークが書きなぐられた白Tシャツに黒サン・赤バンダナ、ベルボトムジーンズという出で立ちでサンプラー内蔵の改造アコースティックギターを抱えて登場した宝塚の誇る特殊ギタリストstrong>佐伯誠之助。
ロリ声の「ち○ぽ」コールから高速ドラムンベースに突入する1曲目から全開の異様にカッコいい人力ブレイクビーツ、ただしネタは卑語下ネタオンリー。なんでしょうこの下らなさ以外になにも存在しない完全に役に立たないカッコのいい音楽はw。ラストはいままで聞いた中でもっとも最低の「rollin' rollin'」(♪ロ~リ~ロ~リ~)。ヤバすぎてこれ以上説明できません。「たま…たま…姫乃たま~」と姫乃さんの名前を絶唱するソウルフルなエンディングで会場を一つにしてくれました。

最後はもちろん姫乃たまさんの歌。「巨大な遊園地」からアコースティックな「42歳」とオシャレな「僕とジョルジュ」の曲を続けます。ふんわりとした姫乃さんの声がとってもキュートです。
今日は「僕とジョルジュ」の曲だけなのかなと思いきや、歌ってくれました、「ねえ王子」。アルプス一万尺の振りと華麗なるステップで引きこもりの王子様を慰撫してくれる優しい歌。
最後は姫乃さんが「たまちゃん」と呼びかけると客席が「はーい」と答えるコール&レスポンスで、会場全体を銭湯のようなゆるっとした空気にしあげてくれました。

潜行
すでに読了していた姫乃さんのご著書を持参してサインをしていただきました。
姫乃さんの「潜行」は、地下アイドルとその周辺の奇妙な愛すべき生態を描くのみならず、16歳でこの地下の世界に入って22歳の現在まで駆け抜けた姫乃さんの青春を描いた名著だと思います。
ちなみにカードはなぜかたまさんではなくてAV女優さんのポストカードだそうです。
そして思いだしたトークでの発言。「私のファンは40代バツイチと50代が多いんですよー、愛人顔なんでー。」

そして佐伯誠之助の「非売品CDR付プロマイド」も。
このいろんな面でグレーなブツを非売品のオマケとして売るやり口、以前ドラびでおがやってたなw
佐伯誠之助ブロマイド
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/12/14 20:55】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柴田聡子サードアルバム発売記念ツアー【京都編】(12/15、京都磔磔) | ホーム | リビアライズ(12/6、アメリカ村三角公園前RIBIA)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1654-dacc83f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |