アイドル楽曲大賞2015
第4回アイドル楽曲大賞2015」に投票しました。
投票内容と投票コメントに加筆したものが下記になります。

■メジャーアイドル楽曲部門
1.ねぇバーディア(Negicco) (3.0pt)
2.1000%の片想い(Negicco) (3.0pt)
3.14才のおしえて(ずんね from JC-WC) (2.5pt)
4.ふへへへへへへへ大作戦(寺嶋由芙) (1.0pt)
5.不景気(アイドルネッサンス) (0.5pt)

AKBGに縁のない自分がこの部門でなんとか5曲選べたのは、ひとえにT-Palletteがこのワクに入っていたおかげ。タワレコのレーベルの中でT-Palletteだけがメジャー扱いなのはちょっと不思議だけど。
まずは「RICE & SNOW」をアルバム部門に選べなかったお詫びも含めてNegiccoの大好きなシングル曲を2曲。
ずんねはまず吉田凛音と蒼波純という対照的な14歳コンビの取り合わせがいい。大森靖子の昭和歌謡くさいメロにサクライケンタのトチ狂ったアレンジのハマり具合も奇跡的で、企画もののプロジェクトとしては出来過ぎ。
ゆっふぃーでネタがつきたので、残り1曲はT-Palletteから出たピチカートファイヴカヴァーアルバムから、オープニングを飾るアイルネの曲を選んだ。選曲だけで満点っていうカヴァー。

■インディーズ/地方アイドル楽曲部門
1.Asthma(BELLRING少女ハート)
(3.0pt)
2.i.s.f.b.(いずこねこ) (2.0pt)
3.snow irony(Maison book girl) (2.0pt)
4.仮初の涙(Peach sugar snow) (1.5pt)
5.Love likes a mille-feuille(Hauptharmonie) (1.5pt)

この部門が今回の自分の投票の中心です。それが証拠にいちいちコメントが長い。
いろいろ迷ったけどどれも本当に大好きな曲ばかりだから、この結果にはまったく異存はない。

1.今年のベルハーでどれか1曲選ぶとしたらこれしかない。彼女たちの楽曲の中ではどちらかといえば珍しい直球で爽快な曲と泣かせる詞のポップな楽曲で、レコ―ディングは歌もちょっとお行儀がよく普通にいい曲って感じ。でもライヴだとこんなもんじゃない、破壊力200%増量のいつものベルハーの歌唱とパフォーマンスで、最後はオタちゃんのチャントも含めて聞くたびに弩級のカタルシスを与えてくれる。

2.映画「世界の終わりのいずこねこ」の主題歌でありながら、隕石衝突による華々しい世界の終わりの映画とはあまり関係なさそう。きわめてプライベートな世界の終わりを描く、いままでのいずこねこの詞の中でもペシミスティック度では最悪なサクライさんらしい詞の世界。12月から15月にかけての終わりの日々のドキュメントが、つんのめるような変拍子のトラックに乗せて、茉里ちゃんの時に伸びやかな愁いを帯びる声で歌われる生々しさ。いずこねこのラストソングとしてこれ以外にはありえなかった。

3.変拍子を駆使したパーカッシブなサウンドをバックに、いずこねこ「i.s.f.b.」の続きの16月から始まり「rainy irony」の引用で終わる歌詞の世界は、まぎれもなくいずこねこから袂を分かったサクライケンタのネクストステップ。Maison book girlのファーストアルバムの中心に位置する、心臓ともいうべき曲だが、アルバムで入念に加工されていた彼女たちの歌声が、ライヴのパフォーマンスで生き生きとした生歌で血肉化されたのを聴いた時に、いずこねこは本当に終わったんだと実感した。

4.ソロユニットになってからのPeach sugar snowのシングルは2枚とも素晴らしい出来で、むしろグループ時代からひと回りもふた回りも大きく化けたんじゃないか。第1作の「さよなら惑星」が「かぐや姫」をモチーフにしていたのに対し、この曲はたしか「赤頭巾ちゃん」をモチーフにしていると言っていたと思うんだけど、ライヴでは赤ではなく茶色い頭巾を着てステージにうずくまって歌うパフォーマンスが、戦争と平和を歌った壮大な歌の世界と相まって圧巻だ。勝手な俺の解釈では「どっちに生きても仮初の涙が流れてる」という歌詞通り、赤頭巾とオオカミのどちらにもなりうる人間の業に対する祈りがこの歌だ。(「赤頭巾」じゃなくて「ヘンゼルとグレーテル」だったかもw)

5.Hauptharmonieのライヴは1回しか見たことがないのだけど、そのステージの最後に歌われていたのがこの曲だ。感情に寄り添うようなピアノとベースをバックに、3人の登場人物が入れ代わり立ち代わり現れてドラマチックに胸の中をかき回す。たった4分の曲なのにまるで1時間半の映画のラストシーンのようだ。次の日タワレコで探したけれどまだCDになっておらず驚いたのだけど、数か月後発売された彼女たちのファーストアルバムで当然のようにその掉尾を飾っていた。

自分は自分のことを「楽曲派」だと思ってる。それはどんなかわいらしいアイドルさんでも、曲が引っかからないとほとんど興味を持てないからで、まあこれは楽曲の好みが人それぞれあるだけで、実はアイドルリスナーのかなりの部分がそうなんだと思う。
でも今回投票コメントを書いてて思ったのは、アイドルの楽曲の魅力はライヴでのパフォーマンスと抜きがたく結びついているんだなってこと。たぶん今年になって地下アイドルとかライヴアイドルとか言われるアイドルの現場に多少出入りするようになってから自分の中で変わった部分だと思う。

■アルバム部門
1.UNDO THE UNION(BELLRING少女ハート) (3.0pt)
2.Hauptharmonie(Hauptharmonie) (2.0pt)
3.3776を聴かない理由があるとすれば(3776) (1.0pt)

これは厳しかった。3枚どころか5枚でもムリだったろう。
1と2は既定として、3はいまでも迷っている。
3776のアルバムと以下の次点の5枚はどれにしても良かった。

(次点)
・RICE & SNOW(Negicco)
・Maison book girl(Maison book girl)
・THE-R(里咲りさ)
・女王失格(夢幻レジーナ)
・細胞宣戦(細胞彼女)


…うーん3776とか入れる人多いだろうし、細胞彼女とかに入れときゃよかったかな…。

ゆるめるモ!の新しい奴とかも、もう少し聞きこんだら入ってくるかもしれない。
ベルハーは6月に出たミニアルバム「13 WEEKS LATER EP」がまた良かったのだけど、これは「EP」なのでアルバム部門のノミネート対象にならないみたい。まあ年末の個人フェイバリットに。

■推し箱部門
BELLRING少女ハート


去年のTIFではじめてベルハーのステージを見ることができた時に、彼女たちだけが他のアイドルたちとまったく違う場所にいて、目指すところもまったく違う、異質な存在だと感じた。その後少しばかり地下のシーンに少し足を踏み入れて、ベルハー以降ともいうべきエクストリームだったりオルタナティヴだったりスカムだったりする新しいアイドルを含め、いろんなアイドルを見ることになったけれど、そんな中にいてもいまだにベルハーだけは、音楽的にも志向的にも、他のアイドルとまったく違うところを向いているように感じられる。
今はむしろ、そんなベルハーこそが正統なアイドルの王道なのではないかとさえ思いつつある。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2015/12/03 01:36】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リビアライズ(12/6、アメリカ村三角公園前RIBIA) | ホーム | 『Dance on a SeaAnemone!』TOUR(11/29、千日前味園ユニバース)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1641-f9a0d282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |