スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
BELLRING少女ハート VS Vampillia blackest ever black metal (9/23,東心斎橋CONPASS)
われらがベルハーことBELLRING少女ハートが大阪にやってきてVampilliaとツーマンを行う!ということで出かけてきました。
会場の東心斎橋CONPASSは気になるライヴをよくやっているので気になっていたのですが、今回初体験です。地図を見ていてそうじゃないかと思っていたのですが、以前鰻谷SANSUIのあった場所ですね。ステージの感じなんかそんままで、昔ここでメルツバウやJackie-O-Motherfuckerの出るVampillia主催のイベントを見たことを思い出します。

この日はVampillia本体ではなく、別動隊のVampillia blackest ever black metalという「ブラックメタル」ユニットでの登場なのですが、早々に前説で、バンド名がVMO(Violent Magic Orchestra)と変わったことが告げられます。真っ暗な舞台に、それぞれにブラックメタルのバンド名がカタカナで書かれたTシャツを着たメンバーが登場し、しばし不穏な静けさに満ちたメランコリックな音楽が奏でられます。やがてインダストリアルな打ち込みのビートがテンポアップし、激しくデスヴォイスが咆哮し、ストロボライトが明滅します。ビートが打ち込みなのですが、転落や飛翔をイメージさせるような静と動を対比するコンセプト自体はVampillia本体とそれほど変わらないような気がします。ただし激しいストロボライトの明滅が視覚に訴えるインパクトが強すぎて、音そのものについては正直あまりよく覚えていません。基本真っ暗だったので、ステージの上に何人メンバーがいたのかすらもよくわからない。前説でダークスローンさんが「アトラクションだ」と言っていましたが、「ブラックメタル」の意匠を借りて音と光のマジックが喚起する暴力的なエモーションを追及するというのがVMOのコンセプトということになるでしょうか。

DJさんのかけるPassCodeの曲がフェイドアウトするといきなりオケが低く流れ出し、慌ててメンバーが登場してBELLRING少女ハートのステージが始まります。
1曲目「無罪:Honeymoon」、いきなり最新系のダークなベルハーで会場の空気をつかみます。今日はこの路線でしばらく突き進むのかと思いきや、2曲目はセカンドアルバムの掉尾を飾るジプシーブラスナンバー「Rivelry!!!」バカ騒ぎにそしてさらにキラーチューン「サーカス」「rainy dance」で早々からぶち上げてきます。

「yOUらり」のあとメンバーが全員一度舞台袖からはけて謎の中断があり、しばらくして再び横一列で登場して歌いだされたのが、なんといまだ音源化されていない幻の曲「Cherry」でした。2月にじゅりが卒業する時にじゅりのために作られ、じゅり卒業後はほとんど歌われていないはずです。来年2月のもえちの卒業が発表されたばかりのこのタイミングで、じゅりの親友であるみずほがもえち・かい・あやののコーラスで歌います。難しい歌で、ベルハーの中でも特に歌唱力がしっかりしていたじゅりも苦労して歌っていたこの歌を、後半は感極まって涙を流しながらも最後まで途切れさせることなくしっかりと歌い切ったみずほのパフォーマンスが、間違いなくこの日のハイライトでした。

「c.a.n.d.y.」「GIGABITE」とまたしても破壊力の高い曲をかまして盛り上げたところで、アシッドな香りのするミニマルなテクノ曲「クロノスの鎌」で一気にクールダウンさせます。新メンバーでの「クロノス」はもちろんはじめて。思えば今年の年始にUFOクラブで見たこの曲のパフォーマンスが彼女たちに本当にハマるきっかけでした。
さらに「タナトスとマスカレード」「low tide」と最新EP「13 WEEKS LATER EP」の魅せる曲が続きます。「タナトス」はちゃんとした振り付けのある形では関西初演です。
「low tide」はおそらく今のベルハーの最もエモーショナルなパフォーマンスが見られる曲だと思います。この曲が最後、メンバー全員が悲痛な叫びともいえる絶唱を聞かせて生々しいぶつ切りで終わると、間髪入れず「the Edge of Goodbye」が始まり、さらに彼女たちの最新曲にして早くもアンセムとなった「Asthma」へと、もう文句のつけようのないクライマックスが続きます。
終わってみると70分のロングセット、現在形のBELLRING少女ハートを堪能できる素晴らしいライヴでした。

そしてさらに、しばしのセッティングののち再度VMOが登場しベルハーとのコラボステージが。
正直どういう曲だったかさっぱり思いだせないのだけど、ストロボライトの激しく明滅する真っ暗な場内にVMOもベルハーもダイヴしまくる狂騒のうちに、この日のライヴは幕を閉じたのでした。

今回は勢い一発のセッションだけだったけど、ベルハーの、特に「13 WEEKS LATER EP」のゴシックでシアトリカルな方向性とVampilliaは非常に相性がいいと思うので、今度はぜひ本体でのがっつりのコラボレーションも含めた共演の機会があればよいと思います。
以下、ぐだぐだと個人的補足をいくつか。

・VMO物販のブラックメタルTシャツw。
ヴェノム
開演前にアンナが仮ちゃんとどれにしようかと迷ってるのがかわいかった。

・前回は新メンバーがどうだろうかとかいう興味も大きかったのだけど、今回前髪切りすぎたみずほがとてつもなくチャーミングだったので、正直ほとんどみずほしか見てなかった。

・「サーカス」の恒例のパシャのときは甘楽の下にいた。なんと甘楽はこの日初めてのダイヴだったらしい。

 写真は甘楽のブログより。

・「rainy」だったか「サーカス」だったかであーやんが前の客の上に膝立ちした時、僕の手につかまってくれたよ!

・「rainy」のあとに簡単な自己紹介があって、これがベルハー唯一のMC。バタバタの登場だったため、いつもステージに出る前にやってる円陣ができなかったので、あらためてここで「ベルハーファイト―!Oh, yeah!」。そして、「オタちゃんもファイト―っ!Oh yeah!」。

・「low tide」の最後、胸に迫るパフォーマンスがぶつ切られて終わるのだけど、この静まったタイミングで場違いな「段ボール」の掛け声(ディアステMIX?)入れやがった奴がいて、カッとなりかけたところでそんな暇もなく間髪入れず「エッジ」が始まったので良かった。

・卒業するまで毒霧はじゅりの持ちネタで、その後はもえちが受け継いだような印象があったのだけど、最近は新メンもやるようになってるみたいて、もえちや甘楽のお水をたくさん受けさせていただいた。ネットに上がってる動画ではみずほもやってたけど、あれはかなり酷いなw(でもちょっと受けたい)。

・前回はまだ関西お披露目っぽくていまひとつ盛り上がらなかった「Asthma」も今回はサークルモッシュも起こり感動的な盛り上がりだった。最後に珍しくステージ前のヲタの上に上ったみずほが、「上ったけど下りれないよー」とガチでベソかいていたのがみずほらしすぎる。

・転換中も含めて基本真っ暗なフロアにかかっていたDJの選曲がかなりグッジョブだった。VMO前はドゥームメタルとかブラックメタルとか(この辺詳しくないのでいいかげん)にちょいちょい細胞彼女とかBiS階段が混じっていいなーって思っていたのだけど、VMO終了後は一転してアイドルの曲ばかり、それもメジャーから地下までいい曲いっぱい。ずんねJC-WC「14才のおしえて」から大森靖子「イミテーションガール」とか。物販列に並んでるときにいずこねこの「nostalgie el」が流れ、いずこMIXで沸いたのが楽しかった。

[セットリスト]
1. 無罪:Honeymoon
2. Revelry!!!
3. サーカス&恋愛相談
4. rainy dance(4人)
(MC)
5. yOUらり
6. Cherry
7. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。(4人)
8. c.a.n.d.y.
9. GIGABITE
10. クロノスの鎌
11. タナトスとマスカレード
12. low tide
13. the Edge of Goodbye
14. asthma
15. ボクらのWednesday
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/09/24 01:53】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<RAINBOW HILL 2015(9/27、服部緑地野外音楽堂) | ホーム | Rock In Disco Fever(9/23、千日前味園ユニバース)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1633-ab0888a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。