FUJI ROOK FESTIVAL 2015 DAY2(7/25、苗場スキーリゾート)
あやしい3人組(Silent Breeze)→ハンバートハンバート(Field of Heaven)→ゲスの極み乙女(Red Marquee)→岡村靖幸(Red Marquee)→クラムボン(White Stage)→栗コーダーとビューティフルハミングバード(苗場食堂)→オシリペンペンズ(苗場食堂)→The Circus Of Horrors(The Palace Arena)

本日も快晴、朝から高所恐怖の奥さんを放置して、娘とドラゴンドラで山上をめざします。


山頂到着、山の1日はまずラジオ体操から!
山上は確実に温度が違う。涼しいです。

デイドリーミングのサウンドシステム、マッドマックス感あふれていてクール。
草の上に流れていく爆音がむっちゃ気持ちイイ!


ドラゴンドラ山頂レストラン「アルム」でチキンカレー。


怪しい3人組(a.k.a.ハッチェル特急楽団)、フィドル&ボーカルのハッチハッチェルさんとバンジョー、サックスのトリオでスタンダードナンバーの替え歌をこなすエンタテイメント楽団。西部警察と北酒場、寅さんと白鳥の湖など、メロがちょっと似ているというだけの一発ギャグ的なマッシュアップで笑かしくれる。
ハッチェルさん名残惜しいけれど後ろ髪引かれながら下界に戻ります。やまかわのりをさん見かけたけどギターパンダのステージも観られなかったわい。

フィールド・オブ・ヘブンでハンバートハンバート。今回はバックバンドなしの2人きりのステージ、登場するやいなやgdgdなトークがしばし続き、とりあえず始まったと思ったら「ミサワホーム」のCMソングを見事なハーモニーで聞かせて脱力。「長いこと待っていたんだ」でしんみりしたとおもったらアウトドアらしく(笑)「キャンプだホイ」そしてまたしても代表曲の「おなじ話」という硬軟波状攻撃でまったく油断できない。ゆうほさんの趣味である「Yahoo知恵袋ウォッチング」の最近の成果報告のMCでへらへら笑っていたら、「まぶしい人」「ぼくのお日さま」と胸を抉られるようなシリアスな歌が続けられる。良成さんのとぼけたコーラスからあくまで朗らかにゆうほさんが歌う「ロマンスの神様」なんて邪悪な歌にしか聞こえない。アルペン踊りを踊りながらヘヴンのクラウドに突入するゆうほさんと良成さん見てて、ハンバートって実はすげえパンクな連中なんじやないかと思った。 ヒップホップパートを挟んだ「おいらの船」、超高速の「天使のハンマー」まで1時間、緩急取り混ぜた見事なステージだった。
1. いついつまでも   2. 長いこと待っていたんだ   3. キャンプだホイ   4. おなじ話   5. どうにかなるさ   6. まぶしい人   7. ぼくのお日さま   8. ロマンスの神様   9. ホンマツテントウ虫   10. アルプス一万尺   11. アセロラ体操のうた   12. おいらの船   13. 天使のハンマー 

せっかくフェスに来てんだから、普段緑地野音で見ているような人たちばかりじゃなくてここでしか見れない(見ない)アーティストを見ようとレッドマーキーに移動し、ゲスの極み乙女。岡村靖幸を観戦。
レッドマーキーのフロアは狭いなあ。そしてあいかわらずあのクラウドにもかかわらず椅子だして悠々と座ってる連中がいっぱいいてストレスフルな環境である。


岡村ちゃん盛り上がってきたところでで抜けて、ホワイトへ移動。
苗場の夕暮れ。

ホワイトステージのクラムボン、今年フジで見たアーティストの中では、ここまでのところ一番良かったかもしれない。演奏された曲で知っていた曲はカヴァーの2曲だけだったのに。
とりあえずカバー曲その1「星間飛行」が始まった途端アニソンオタのウチの娘は狂喜乱舞していました。すごかったのはそのあとに演奏された中盤の数曲で、ミトさんと郁子さんのふたりの声と、3人の演奏がダイナミックな静と動のコントラストを行き来しながら、苗場の森の暗闇に時にさらに闇を重ね、時に切り裂くように鋭く疾走し、時に混沌のノイズを放り込む様に、何度も声を上げて「すごい」って呟いていました。
ラストはフィッシュマンズの「ナイトクルージング」のカヴァー。

ワールドレストランエリアで晩飯。

激しいMUSEの音漏れの中、苗場食堂ステージの栗コーダーとビューティフルハミングバードの「カントリーロード」に耳を澄ませながら、クィーンシーバのロッカーズプレート。

この日の我が家のメインアクトはそのまま苗場食堂でオシリペンペンズ
最近の曲から昔の曲までベスト盤みたいな選曲だったと思います。
さいごは「時は来た」だったかな。
oshiripenpenz1
oshiripenpenz2
oshiripenpenzz3
すみません、とにかく楽しくて、ほとんど何も覚えていない。覚えてるのは、まっ赤なジャージ姿のモタコさんがへんなクラゲみたいな被り物をかぶって登場したこととか、テントの上によじ登ったこととか、マイクのケーブルがどうしてもスタンドに絡まってぐちゃぐちゃになってたこととか、喉に指突っ込んで客席突進したらみんな逃げ出してモタコさんのまわりに等心円上の空間ができたこととかそんなことばかり。
oshiripenpenz4
oshiripenpenz5

さて、もうひとがんばり。最後に場外パレスアリーナで深夜のサイドショーを見なくてはなりません。
前夜祭にも登場したロッキーホラーショー風の罰当たりサーカス団、The Circus Of Horrorsです。
しかしこれは…串刺し芸とか痛いのはダメだ…。危険なのはいいけど、痛いのは勘弁。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/07/26 22:36】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<FUJI ROOK FESTIVAL 2015 DAY3(7/26、苗場スキーリゾート) | ホーム | FUJI ROOK FESTIVAL 2015 DAY1(7/24、苗場スキーリゾート)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1623-61f18be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |