四ツ橋LMスタジオ「BASEMENT LOUD」(5/31、十三FANDANGO)
四ツ橋にあるLMスタジオは1979年開業で35年の歴史を誇る。関西のインディーズでここで練習し録音したバンドは数知れないという。
そのLMスタジオのスタジオということで、超ベテランから若手までちょっとあまりない豪華な顔合わせだったので出かけてきた。

まずはサイケ奉行。津山さん開口一番「ファンダンゴのオーディションに呼んでいただきありがとうございます。今日は精一杯がんばりますのでブッキングの方どうぞよろしくお願いします。」などと言いながら、おもむろに「ど」の付く強力なハードロックをぶちかます。ベースの須原さんの安定のぶっといグルーヴの上でNANIさんの手数の多いドラムが煽り立て、津山さんのギターが暴れまくる。本物のライヴハウスの音圧が嬉しくて、ひさしぶりにファンダンゴ来たかいがあったよ。挟み込まれるキメのリフが必ず変拍子で唖然とする。
サイケ奉行
「隠密小屋番」「長谷川平蔵」(ロング・キャニオン・リバー・フラット・ウェアハウス!八ッハ―!)と2曲やったところでもう「次が最後の曲です」。この最後の曲が特にすごかった。まるでジミヘンがドゥ―ビーをカヴァーしたような猛烈なハードロック(シカゴのカヴァーで聞いたことがありました、スペンサー・デイヴィス・グループの「I'm A Man」ですね)から、グル―ヴィな変拍子の上で津山さんのギターと歌が暴れまくる「俺の暴れん坊将軍」にするりと切り替わってる。CDでもやっていたギターソロと口ギターとのユニゾンなどという馬鹿馬鹿しくも凄まじい技が披露される。津山さんの合図一発で再び「I'm A Man」へ、そしてまた「暴れん坊将軍」へ、と拍子がまったく異なる2曲がするするとスイッチされていく。「1曲が長いんで1.5倍のスピードでやります」なんていうMCもあながち冗談ではないと思えるスピード感の15分だった。
津山さん

ギター、ベース、ドラムスに女性ボーカルの4人組Otori。この日の出演者の中でおそらく一番若い。カンカンに乾いたスネア、じゃりっとしたギターの音がカッコいい、NWとかポストパンク風のサウンド。ちょっぴりしわがれたようなフックのある声で投げつけるように反復フレーズを配置する女性ボーカルが小気味良い。聴いていると時にラップぽく聞こえたりもする。

Balzacは彼らが活動開始して数年というころに一度ファンダンゴでライヴを見たことがある。すでにゴシックな出で立ちのファンがたくさん集まっていたと思う。ホラー風のビジュアルから勝手にAlien Sex Fiendのようなおどろおどろしいステージを予想していたのだけど、始まってみると、コール&レスポンスで盛り上がる意外にストレートなパンクサウンドで、拍子抜けした。1995年7月、いまからかれこれ20年前のことだ。
ひさしぶりに再見した彼らの演奏も観客も、まったく当時と印象が変わらないのにまず感動した。20年続けてるんだよ。実はあの時、「こんなのヴィジュアルこそおどろおどろしいけど最近流行ってきているメロコアとかいう連中と変わらんやん」とか思ったのだけど、その後いっぱい出てきたメロコアのバンドでいまでも途中解散したりせず継続して活動しているバンドがどれだけいる?

BalzacからPIKA☆という流れもすごいな。ギター弾き語りの「おかあさん」で会場の空気を一気に引き込む。ドラマーを迎え、さらにコーラスの女性を加えての3曲目、静かにふたりの声の呼応から始まって次第にストーリーが進むと共にビートが激しく疾走していく「龍の棲家」という曲がすごく良かった。実はあふりらんぽのころから彼女の歌がどうも苦手だったのだけど、10年もたってようやく少し近づけたような気がした。
PIKA

この日のトリを務める少年ナイフ、ベースのりつこさんが産休に入って、今日は代役のなるさんの初ステージだった。さらにドラムのえみさんがこの日と翌週からのアメリカツアー、そして712デイのライヴでナイフを卒業するとのこと。あまり意識していなかったけれどえみさんが加入後のナイフ、けっこうイベントで見てる。えみさんのドラム、スピード感があって良かった。この日のセットは選曲も客層を意識してか代表曲ばかりを畳みかけるような勢いで一気に演奏するコンパクトなセットで、文句なしに楽しかった。彼女たち目当ての外人客が何組か来ていたけれどみんな大喜びでした。トリなんだからもう10分くらいやっても、とは思ったけど。
少年ナイフ
<少年ナイフセットリスト> SE~バナナチップス、ツイストバービー、Flying Jelly Attack、Lazybone、ロケットに乗って、Buttercup、Giant Kitty、アントニオバカ貝、Rubber Band(アンコール)

ひさしぶりのファンダンゴ、デカい音が嬉しくて、昔のようにジンをロックで飲んでたらたった1杯でええ塩梅に出来上がってしまってふらふらになって帰宅。おまけに翌日は会社で耳鳴りがする始末。トシなんだから気をつけないといかん。いやだねえ。
<関連ライヴ>
雯(ぶん)2013(2013/5/5、梅田クラブ・クアトロ)(少年ナイフ、PIKA)
少年ナイフミニライブ(2013/5/3、NHK大阪放送局アトリウム)(少年ナイフ)
難波ベアーズ25周年記念~少年ナイフ結成30周年記念ライブ&トークショー(2012/4/22、難波BEARS)(少年ナイフ)
御奉行さまとヒロシご乱行(2011/12/11扇町ムジカジャポニカ)(サイケ奉行)
FUJI ROCK FESTIVAL 2011 Day2(2011/7/30、苗場スキーリゾート)(少年ナイフ)
雯(ぶん)2011(2011/5/15、心斎橋クラブ・クアトロ)(少年ナイフ)
EGGPLANT同窓会2010(2010/4/4、アメリカ村BIG CAT) その2(山野直子ソロ)
BEARS & FANDANGO W20周年記念フェスタ~OSAKA宇宙祭り(2007/11/11,アメリカ村BIG CAT)(少年ナイフ、ピカ)
NEW PICNIC @ 太陽公園 (2007/10/7、姫路太陽公園)(少年ナイフ)
FUJI ROCK FESTIVAL 2007 Day2(2007/7/28、新潟県苗場スキーリゾート)(少年ナイフ)
dipdisc presentsいいにおいにのするアヴァン・ミュージック・フェス(2007/3/11、鰻谷燦粋)(あふりらんぽ)
チャイナ一周忌飲食会と音曲等@木屋町UrBANGUILD(2006/11/4、木屋町UrBANGUILD)(山野直子ソロ)
FUJI ROCK FESTIVAL 2006 前夜祭(2006/7/27、苗場スキーリゾート)(少年ナイフ)
FUJI ROCK FESTIVAL 2005(2005/7/31、苗場スキーリゾート)(あふりらんぽ)
帰ってきたAH WOOT RAPPその参(2004/11/17、十三FANDANGO)(あふりらんぽ)


少年ナイフのヘルプのベースのなるさんはマミーザピープショーのベースだったんですね。マミーも何回かFANDANGOで見たなあ。たぶん彼女の参加する前だと思うけれど。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/05/31 23:26】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Peach sugar snow「さよなら惑星」リリース記念ミニライブ(6/7、タワーレコード梅田Nu茶屋町店) | ホーム | 13 WEEKS LATER EP>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1617-a4322234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |