でんぱ組.inc WWD大冒険TOUR 2015~この世界はまだ知らないことばかり~ (3/21、大阪オリックス劇場)
でんぱ組.incのコンサートに出かけてきました。
サードアルバム「WWDD」の全国ツアー大阪公演、会場はオリックスホール、昔の厚生年金大ホールですね。ここが今回のツアー中最大のホールだったようです。
イベントでは何回か見たことがあったものの、彼女たちの単独のライヴを見るのは今回が初めてになります。

会場に入ると、「WWDD」のアルバムジャケットの原色のジャングルのような装飾が施されています。舞台脇にはジャケットにも出ている6人のメンバーを模した6体のモンスターの看板が。
10分くらい押して客電がおち、メンバーが登場し、コンサートがはじまります。

衣装は見慣れたセーラーではなく6人それぞれのテーマカラーとキャラクターを生かしたオリジナルな衣装で、初めてのホールツアーにかける意気込みが感じられます。

まずは最新シングルにしてアルバムの冒頭を飾る「でんぱーりーナイト」、そして続けて名刺代わりの「W.W.D.」と、ツカミはばっちりの選曲でスタートして、以下「WWDD」の曲をほぼアルバムの曲順に追いながら、過去の曲を織り込んでいくようなセットになっています。
たとえば「Future Diver」から「FD2」という流れには「サクセスストーリーを夢見て頑張るでんぱ組」から「独自のエンタテイメントを提供するポップグループとしてのでんぱ組」へという明確な意思を読み取れるように思いました。
舞台の中央には大きなモニターが置かれ、曲に合わせて映像が流されます。PVとは違うツアー用のオリジナルになっているのも細かいですが手がかかっています。

ねむ推しの自分としては、中盤の日替わりソロコーナーでねむきゅんの「あのね…実はわたし、夢眠ねむなんだ…?」が聞けたのが。大変うれしかったです。この曲から「Dear☆Stageへようこそ?」「まもなく、でんぱ組.incが離陸致します」という清竜人曲の流れにユメミ心地になります。
大阪の高校に通っていたねむきゅんの仕切りによるご当地クイズのコーナーは、さすがに朝からの長丁場にくたびれてしまってウトウトしてしまったけれど、メロウに揺れる「イロドリセカイ」や松隈ケンタ作曲のエモーショナルなロックナンバー「ブランニューワールド」といった彼女たちにとっては新機軸の曲を経て「キラキラチューン」から有無をいわせず「バリ3共和国」「ちゅるりちゅるりら」というヒット曲になだれ込む終盤の展開には目が覚めます。「でんでんぱっしょん」でクライマックスを迎えた後、「檸檬色」でしっとりとエンディングを飾ります。
そしてアンコール、Tシャツとショートパンツ姿でメンバーが再登場し、しっとりと「イツカ、ハルカカナタ」から賑々しい「でんぱれーどJAPAN」というバランスのいい選曲で2時間弱のショウの幕を閉じます。

でんぱ組と言えばやはり、コアなヲタの所作は見ものでした。私のシートの周辺にもヲタの一団がいて、ベルハーの「ヲタちゃん」とはまた違った、良く統制のとれたオーソドックスなヲタ芸を繰り広げて目を楽しませてくれました。
そして一面に広がる「サイリウムの海」(「Future Diver」)はたしかにすごく美しい光景でした。実際のところいま主流はサイリウムライトではなくペンライトなんですが。僕もとなりのヲタさんが貸してくれたペンライトでミントグリーン振りまくってたので、気持ちはすごくよくわかるのですが、こんだけ推し色の常時点灯がデフォルトになっちゃうと、ちょっと効果が薄れてしまうような気も。

たしか「でんでんぱっしょん」のときだったか、パン!という破裂音と共にステージ両サイドから大量のリボンが発射される演出がありました。ホールコンサートらしいクライマックスの演出なのですが、飛び出した金銀のリボンにそれぞれメンバーのメッセージが印刷されてるのです。終演後あたりは推しのリボンを探して交換する光景がしばらく繰り広げられたのでした。もしかしたら大きなホールのコンサートではよくある趣向なのかもしれないけれど、こういう仕掛けの細やかな気遣いはでんぱ組らしいと思います。女性らしい細やかな気配り、というのは紋切型ですし、もふくちゃんというプロデューサーの存在を知って見ているから感じるのかもしれません。でもそんな細部への気配りが、彼女たちの現在の人気につながっているのだと思います。
この日会場についてまず驚かされたのは、カップルや友人同士で来ている女性ファンの多さでした。みんなおしゃれで、それぞれに推しのメンバーのテーマカラーをコーディネートしていたり、セーラー衣装を着ていたり、とメンバーへの憧憬を形にしているのが好感を持てます。原点にあるそれぞれの物語を細やかな洗練で提供することができたから、彼女たちはコアなドルヲタから同性までの幅広い層のリスナーを獲得して、他のライヴアイドルから頭を抜けて現在のような成功を手にすることができたのだと、この日のパフォーマンスや演出を見て思い知らされました。

この日は「アイドル伝説」からのハシゴだったのですが、こちらは開演時に場内にいた女性客はたぶん2人だけでしたよ。
うちひとりはウチの娘だったのですがw
(トリのベルハーのころには多少女子の数も増えていました)

オリックス劇場から心斎橋に向かってぶらぶら歩きながら…。

夫(ねむ推し) 「アンコールのホットパンツ姿のねむきゅんの太股、ヤバかった」
妻(もが推し) 「それよりバリ3で走るところのもがたんの乳の揺れ具合が!」
娘(りさ推し) (汚いものを見るような目で無言)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/03/22 23:14】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベルハー×パスコ suported by アイドル甲子園(5/2、福島LIVE SQUARE 2nd Line) | ホーム | 吉田豪×南波一海 アイドル伝説vol.4~3.21大阪決戦~(3/21、アメリカ村FANJ twice)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1615-086fc70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |