プラニメの定期公演をやっていく予定です。(大阪)(2/22、難波BEARS)
ミズタマリこと元いずこねこの茉里と元BiSのカミヤサキのユニット「プラニメ」の大阪での初めての定期公演に参加した。会場はいずこねこ誕生の地でもある難波BEARS、奇しくも開催日もにゃんにゃんにゃんの2/22、ベアーズでいずこねこと出会った遅れてきたいずこねこファンとしては行かないわけに行かない。ちなみにこの日は私の51回目の誕生日、どうでもいいですが。

意外と余裕のある入りだと思ってたら、昼公演のため出足が遅かっただけなのか、開演のころには超満員になっていた。ベアーズでこの入りだと、真ん中より後ろはステージなんか全然見えない。その分ステージと客席の間の距離が近い(というか、ないw)こともあって、キツいビートのイントロに続いて二人が登場し、デビューシングルの「Plastic 2 Mercy」のでだし「プラニメ・セイ・ハロー!」が歌いだされた瞬間からプラニメイト達はステージに向かっていっせいに手を差し伸べるいわゆる「ケチャ」の態勢、そして曲に入るとマリちゃんの煽りに応えて「オイ!オイ!」の大騒ぎ。
プラニメ・セイハロー
今回つくづく再確認したのはマリちゃんの客の煽り方やあしらい方といったステージングの安定感。さすがソロアイドルで長くやっていただけある。
持ち曲がそれほど多いわけではないので、5~6曲くらい歌ってトークとじゃんけん大会30分くらい、そしてさらに3曲。最後は最初にやった「Plastic 2 Mercy」をもう一度。

MCの時のマリちゃんの声はふにゃっとした柔らかい声質で、舌っ足らずにベタベタな大阪弁でしゃべりまくるのが、クールなトーンでおっとりとした東京弁でしゃべるサキちゃんと絶妙なコンビネーションを醸し出す。ところが歌になるとマリちゃんの声は艶のあるのびやかな張った歌声になり、この落差がいずこねこの時からの彼女の魅力の一つだった。プラニメでは相方のサキちゃんも歌声の声質が不思議なほど似通っている。
ハイテンションのデジタルビートで突っ切るプラニメの楽曲は、個人的にはあまり面白いと思えなかったのだけど、ライヴの場ではたしかに単純に盛り上がるし、この二人のテンションの高い声質には相性がいいようだ。CDで聴いたときよりはるかに迫力が増しているし、激しいパフォーマンスにも息切れしない安定感もさすがだ。どの曲でもフィーチャーされるこの強い声の二声のハモりが、ソロでは味わえないデュオのユニットならではエモーショナルな情動を喚起する。
(にわかではあるけれど)いずこねこのファンとしては、なによりも、楽しそうな笑顔を振りまきながら生き生きと歌い、踊り、煽りまくるマリちゃんの姿が見られたことが嬉しい。いずこねこの軛を放たれて自ら選んだ相棒と新しいユニットを作り上げていくにあたって、ストレートでシンプルな楽曲が彼女にとってもいま一番しっくりくるとことなんだろう。
いずこねこの屈折した複雑な詞曲をたったひとりで軽々とクリアしていく彼女の表現力にあふれた魅力を愛していた者としては、少々寂しいところではあるけれど。
トーク
ベアーズの思い出と鉄板神社の魅力について語るマリちゃん。

ベアーズという、自身のいずこねことしてのキャリア発祥の地で、つらい葛藤の結果に新しい仲間と共に自分たちの新しい音楽を作っていくにあたっての定期公演の場をスタートさせた、マリちゃんに、そしてその相棒サキちゃんまずは乾杯しなきゃな。
なんていう苦しげなレヴュウをひと月かけてようやくアップした直後に、マリちゃんのプラニメ脱退発表が。
なんじゃそりゃあ。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/02/23 10:50】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<来星~テニスコーツの二日間(3/1、北堀江 アオツキ書房) | ホーム | Shigeru充03(2/21、心斎橋ロフトプラスワンWest)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1609-deb658b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |