吉田豪×南波一海 アイドル伝説vol.4~3.21大阪決戦~(3/21、アメリカ村FANJ twice)
吉田豪さんと南波一海さんのアイドルイベントに朝っぱらから出かけてきました。
会場はアメリカ村FANJ twice、ここは初めてだったのだけど、地下2階くらいまで吹き抜けになった高い天井が気持ちいいハコ。
この日登場したアイドルは細胞彼女amiinaHauptharmonieClassic FairyPeach sugar snowKOTOBELLRING少女ハートの7組。どれもすごくおもしろかった。
今年に入ってからアイドルの絡んでないライヴにほとんど行ってないような気もしますが、違うんです、僕はベルハーが見たいだけなんです。

まずはオープニングアクト、細胞彼女。 ハードな打ち込みのビートにちょっとボカロ風のかわいらしいイフェクトのかかったボーカルの取り合わせが面白い。トークで豪さんと南波さんが指摘していたようにボーカルのうてなさんは、ちょっとカミヤサキ似でその上振付はいずこねこ感がある、いわばひとりプラニメ状態、ただしサウンドはかなりノイジーで、わりと好み。あさイチから低音の鳴りのよさに目が覚めた。

この日の最大の収穫はHauptharmonie。まずサウンドが洗練されたさわやかなギターロック、こういうのはありそうでなかったな。コスプレ的なケバさを感じさせない、それでいて微妙に浮世離れしたコスチュームをまとった5人のメンバーの柔らかい雰囲気もいい。スカの曲も楽しかったけれど、ピアノの伴奏がスケール感を感じさせる最後の「ミルフィーユ」と言う曲がすごく良かった。主に歌う3人の歌声のバランスと、物語性を感じさせる振り付けが絶妙だ。2番をほぼまるまる歌ったメンバー(男役のようにひとりパンツルック)が、この日は声の調子が悪くかなり辛そうだったけれど、凛としたきれいな伸びのある声でカッコ良かった。

Classic Fairyが数曲歌ってPeach sugar snowへというセットは年末のいずこねこのラストライヴでも見た流れ、ただしPSSは3人いたメンバーがからひとり抜けて2人になっていて、さらにもう一人も4月には独立してソロになるという。3人組のコンビネーションがよくできていて完成度高いなーという印象があったので惜しいことだ。前回は子供がウィスパーでっていうコンセプトでまずはウケてしまっていたのだけど、今回はメローな曲だけでなくアッパーな曲まで30分弱のステージで曲の良さを再認。くるりの「ばらの花」を思わせる「じゅもん」という曲が素晴らしく胸に迫る曲で、そこから切れ目なしに「人魚」へという流れはかなりぐっと来た。アップテンポの曲はアニソン好きの娘によると水樹奈々のカヴァーだった模様。

KOTOの超絶なダンスパフォーマンスに続いて、トリを飾るのはもちろん「ベルハー」ことBELLRING少女ハート。2月末で初期メンバー2人が離脱し、新メンバーの加入を控えての4人編成での最後の日になる。離脱した2人が歌唱力もパフォーマンスもか技量の高いメンバーだったので、どうなっているか楽しみだったのだけど、結果からいえば6人ベルハー末期の高いレベルのパフォーマンスをさらに純化させたようなテンションの高いパフォーマンスだった。ここしばらくあーやんのアクションに気が向いていたのだけど、4人になってステージ上のすべての動きが目に入るようになってみずほのパフォーマンスのグレードの高さに改めて気づかされる。この日のセットはファーストのアッパーな曲が中心の選曲で、なにより嬉しかったのみずほのラップを全面にフィーチャーした怪曲「ライスとチューニング」をやってくれたこと。やはりみずほがベルハーだ。みずほisベルハー。
ちなみにベルハーの衣装、黒い羽が新調されてつやつやふさふさしていたのだけど、セーラー服自体が新しくなったわけではなく、みずほの衣装は卒業したゆうゆの衣装だったとのこと。
付け加えておくと、天井が高くてステージにそれなりの高さがあり、PAがちゃんとしてるこのFANJ twiceという会場はいままで大阪で見たベルハーのライヴの中では一番気持ちよく楽しめたような気がする。前回のロフトプラスワンウェストはライヴ会場としてはいまいちすぎだったなあ。
1.サーカス&恋愛相談  2.rainy dance  3.Pleasure~秘密の言葉  4.ボクらのWednesday  5. get rid of the Chopper 6.ライスとチューニング  7.夏のアッチェレランド  8.World World World  9.the Edge of Goodbye   10.Rivelry!!!

メンバーに運営も交えたライヴ後のトーク、どれも非常に興味深い話ばかりだったのだけど、やはり何といってもClassic FairyやPeach sugar snowの運営の小林清美先生が断トツに面白かった。
Peach sugar snowの卒業ライヴの最後に、ピアノを弾きながら予定になかったメンバーへの感謝を切々と語って(タワレコミネワキ社長をはじめとする)観客の涙を誘った話や、普段はさみやホッチキスといった日常生活の道具すらまともに扱えなくて小中学生のメンバーに助けてもらってるなんていう話など、ピュアでキュートなお人柄が伝わるエピソードがザクザク。
豪さんと南波さんのつっこみが的確で、どのアイドルからもいいエピソードをたくさん引き出してくれたのだけど、ベルハーはさすがに難しかった様子、話が転がらない、いつものグダグダぶり。まあそれはそれで「らしい」からいいんだけど。運営の田中さんの話が聞けるかと思って期待してたので、そこは残念。

吉田豪「だって何度も問題起こしてますもん。警察沙汰になった瞬間観てますよ。
(※テレビ埼玉の公録番組で警備員がベルハーオタのいつものノリに過剰反応して通報しオタが警察に連行された。音が止められベルハーはオケなしでステージを続行した)
吉田豪「…最高でしたよ。」
みずほ「最高?」
吉田豪「面白かったですよ、めちゃくちゃ。」
みずほ「じゃあいいや。」
みずほの発言は折に触れアナーキーだ。素なのか演じているのか、無邪気なのか虚無なのか、あるいは両方なのか、いまだ判断が付きかねるのだけど。パンクである。

最後に出演者全員登場してのサインボール投げ。BGMは再度登場した細胞彼女による「ロマンチスト」、もちろんザ・スターリンのカヴァー!会場のオタもステージ上のアイドルたちもほぼスルーな中、ベルハーの4人だけはちゃんと踊っていたのはさすが。
もえちボール1 もえちボール2
もえちのボールゲットしました。
「ち」が消えてるけど。

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/03/22 09:49】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<でんぱ組.inc WWD大冒険TOUR 2015~この世界はまだ知らないことばかり~ (3/21、大阪オリックス劇場) | ホーム | 来星~テニスコーツの二日間(3/1、北堀江 アオツキ書房)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1607-9d0c3b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |