渚にて「遠泳」ワンマンライヴ(1/12、難波BEARS)
渚にての昨年発売されたニューアルバム「遠泳」のレコ発ライヴに出かけてきました。
渚にては前回おととしの5月にやはりベアーズの昼公演で見て以来、1年半ぶり。

今回のパーソネルは柴山伸二(g/vo)・竹田雅子(ds/vo)・山田隆司(b)・吉田正幸(keyb)に大阪のみ頭士奈生樹(g)を加えたアルバム録音メンバーが揃う。柴山さんは今日はアロハじゃなくてピンク・フロイドのTシャツ姿、ナタリーのコメントでピンク・フロイドをあげていたのにちなんだのだのかな。そういう耳で聞くと1曲目「けものみち」の最初のソロはデイヴ・ギルモアっぽくも聞こえる。
今回の渚にてはなんといってもゲストの頭士さんのギター。最初の曲から、寡黙なたたずまいでていねいに曲にあわせているかと思えば、おもむろにすこーんとフリークアウトしたソロを弾かれて、のけぞった。
柴山さんと頭士さん
僕がはじめて渚にてを見たのは97年1月、このベアーズで羅針盤とのツーマンだったのだけど、その時は竹田さんがちょっと危うい感じのベースを弾くトリオ編成だった(ドラムは今思えば高橋幾郎さん?)。あのころに比べたらこの5人編成の渚にてはもう安定感ありすぎて円熟の域にすら達している。
でも根っこにあるの部分は変わらない。柴山さんの歌とギターは当時からもうすでにスタイルが出来上がっていたと思う。ちょっと青臭い歌声は最初に聞いたときから大好きだ。そして竹田さん、あの時は歌っていなかったと思うのだけど、次に見た時はやはり危うい感じのドラムをたたきながら歌われていて、そのイノセントな歌声に仰天した。ドラムは今や渚にてのサウンドの屋台骨だ。今も完成とは対極にある童女のような歌声が今回も3曲めから登場し、柴山さんが歌う曲と交互に演奏される。

基本的に「遠泳」の曲中心のセットの中で、中盤に「今は誰もいない哀しい街を見たよ」と歌いだされる新曲が演奏される。「ウーフー」という柴山さんの雄叫びに頭士さんのギターと吉田さんのキーボードがまとわりついて、サビが珍しく「Can you hear me? Can you touch me?」と英語で問いかけられる。故山口富士夫に捧げられた「フジオ」の終盤のガガッガガッていうギターリフのあとの「イエー」っていう呟きとか、今までの渚にてにはあまりなかったようないかにもロックっぽいフレージングが新鮮で、しかも渚にてらしく生々しく決まっている。
そして本編では唯一の昔からのレパートリーとして演奏された大曲「太陽の世界」は今の深化した渚にての集大成のような演奏だった。ゆったりとしたビートの上を咆哮するような頭士さんのギターソロと、柴山さんのナチュラルなディストーションがのびやかなギターソロの対比が面白い。
そして堂々たる演奏に柴山さんの歌が素晴らしく胸に迫る「暗く青い星」など、「遠泳」の曲に戻り、いったん本編終了。
アンコールはもう一つの代表曲「本当の世界」から。最初柴山さんが歌って、吉田さんのエレピと頭士さん柴山さんのギターが荒れ狂う短い間奏を挟んで、竹田さんに歌が引き継がれた瞬間の空が晴れるような空気の転換が好きだ。そして歌がクライマックスに達したところで柴山さんが加わり二人で声を張り上げるところのざらついたユニゾン。この生々しい感じこそが、渚にての昔から変わらない本質だと思う。

Naked渚にて
物販で渚にてのCDR「NAKED渚にてvol.4」と頭士奈生樹さんのファーストアルバムを買いました。
渚にてのCDRはいつものようにお子さんの絵が使われたジャケットが4種、どれもかわいい。そして音はホームデモっぽいのだけど、たぶんお子さんが叩いているドラムに合わせて柴山さんが歌う「まだ夜」がとびきりキュートで、ああ渚にて最初に見た時と変わっていないなあ。

[渚にて「遠泳」ワンマンライヴセットリスト]
1. けものみち
2. フジオ
3. ことりのゆめ(竹田)
4. まだ夜
5. 残像
6. 水草(竹田)
7. (新曲)
8. (?)(竹田)
9. 太陽の世界
10 .海にゆく(竹田)
11. 暗く青い星
12 ひかるふたつ(竹田)
13 遠泳
E1. ほんとうの世界
E2. そっくりモグラ
2015年1月12日難波BEARS
渚にて
 柴山伸二(g/vo1,2,4,5,7,9,11,13,E1,E2)・竹田雅子(ds/vo3,6,8,10,12,E1)・山田隆司(b)・吉田正幸(keyb)
 頭士奈生樹(g)

[関連ライヴ]
渚にて ワンマン(2013/5/26、難波BEARS)(渚にて)
THE SECRET SUMMER FESTIVAL"かくれギューン夏祭り2012"(2012/9/15、難波BEARS)(柴山シンジと毛のふさふさした動物の不思議な歌)
PSYCHEDELIC AUTUMN DAYS(2011/10/16、難波BEARS)(柴山シンジ)
BEARS 23周年記念(2010/4/29、難波BEARS)(頭士奈生樹)
渚にて「よすが」発売記念ライブ(2008/11/7、難波BEARS)(渚にて)
BEARS & FANDANGO W20周年記念フェスタ~OSAKA宇宙祭り(2007/11/11,アメリカ村BIG CAT)(柴山伸二)
"Surf's Up vol.3"(2007/1/6、難波Bears)(渚にて)
ギューン秋祭り2006(2006/11/5、十三FANDANGO)(頭士奈生樹)
チャイナ一周忌飲食会と音曲等(2006/11/4、木屋町UrBANGUILD)(渚にて)
阪神淡路大震災復興支援チャリティコンサート(2005/5/1、芦屋山村サロン)(渚にて、頭士奈生樹)
渚にて(2004/11/22、心斎橋クラブクアトロ)(渚にて)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/01/13 08:54】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<BELLRING少女ハート黒い羽集金ツアー(1/16、心斎橋OSAKA MUSE) | ホーム | U.F.O,クラブ19周年記念「発狂天国 vol.67」(1/5、東高円寺U.F.O.クラブ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1601-f13bf799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |