buoy・山本精一バンド・indian no echo sign bine no!・池永正二ソロ(1/4、難波BEARS)
2015年最初のライヴはやっぱりベアーズ。
ベアーズのライヴ初めに山本精一さん(と多分須原さん)が登場するということで、出かけてきました。
去年も最初のライヴはベアーズで、須原さんの他力本願寺や山本さんの出たノイズ新年会だったんだよな。

池永正二ソロ
(あらかじめ決められた恋人たちよ)
ラップトップとイフェクターを駆使してひとしきり風の音のような、地鳴りのようなノイズが流れる、その中から静かにメロディが少しずつ浮かび上がってくる。しばしアンビエントな時間が流れた後、ゆったりとしたビートがこぼれ出し、ピアニカのメロディが奏でられる。最後はすべてが真っ白な轟音に溶け合って、不意に終わる。

buoy
5年前のチャイナさんの追悼イベントで見てすごく良かったのだけど、この時はトランペットやペダル・スティールを加えた5人組の特別ユニットだった。今は元Jesus FeverのnonさんとMSAYAの内田さんの二人のギターと、zungさんというドラムスの3人でパーマネントな活動を開始している様子。
Jesus Feverはもう一人のギタリスト、オカザワさんの美しい轟音ギターがサウンドのポイントの一つだったのだけど、正直なところキレイすぎて(僕には)とっかかりがなく、ちょっと苦手だった。同じようにnonさんのボーカルをフィーチャーしたツインギター+ドラムスのベースレスのトリオ編成ながら、今回のbuoyはJesus Feverとはかなり音の感触が違う。内田さんはベース音を中心に、ドラムのzungさんと共に曲全体の大枠を作るような役割で、nonさんの歌とギターが最小限の色を付けていく。基本的に全曲とも詞は英語なので、過剰な感情移入はしないけれど、nonさんの歌声がJesus Feverの時より荒っぽく、生々しく響く。ちょっとエイミー・マンの「マグノリア」の曲に雰囲気の似た曲が良かった。最後に演奏された曲の、シンプルな演奏が次第に強度を増していくコーダ部で、不意に日本語が発せられてどきっとした。

山本精一+須原敬三
スケジュールでは「山本精一バンド」となっていたけど、実際はお馴染み須原さんとのデュオ。
おふたりでやるのはひさしぶりじゃないかな。羅針盤解散後のブランクを挟んで、このデュオがいろんなけったいなバンド名でライブをやっていた頃を思い出す。1曲め「Ever Gray」の終盤、山本さんがコードをどんどん外れて暴走して行くのに、須原さんがじっと山本さんの手元見ながらすかさず合わせていく感じが相変わらずで嬉しい。山本さんの指示でベースの音大き目、ゴリゴリいう音が気持ちいい。
続いてなんと新曲。山本さんらしい内省的な歌詞がとつとつと歌われ、最後はギターソロがノイジーに炸裂して終わる。
後半は「FALSETTO」の曲をライブでやるときの最近のパターンで、長い組曲のような形で切れ目なしに演奏される。「12色のバラッド」から曲調が変わり歌いだされたのが羅針盤の「カラーズ」!最近時々歌われていることは聞いていたけど、実際に聞けて感無量です。そしてそのまま「パウダー」に。
たった5曲、30分ちょっとのセットだけど素晴らしく濃密な時間だった。
1. Ever Gray
2. (また昨日によく似た朝がゆっくり始まった)
3. 12色のバラッド
4. カラーズ(羅針盤)
5. POWDER

indian no echo sign bine no!
ヴァイオリンを弾きながら歌う女性と、ベースとギターをとっかえひっかえ演奏する男性、そしてドラムの女性の3人組。まずはこの編成にゲスト半野田拓のノイジーなサンプラーを加えた深くぶっといダブサウンドに驚かされる。そして硬く厳しく孤立していながらもどこか人懐っこく、すっと入り込んでくる歌。
終盤の山本信記のトランペットとwon jiksooの朗読を加えた曲が素晴らしかった。won jiksooさんは中国の方なのかな、イントネーションの独特な訛りのおかげで言葉がリアルなパワーを持ち、まっすぐに伝わってくる。
そして最後に3人でもう1曲、カーペンターズの「イエスタデーワンスモア」をオリジナルな日本語詞で。演奏もシャッグスのバージョンを思い出させるシンプルで素朴なアレンジで、これが素晴らしかった。
すっごく長くやってるバンドだと思う。90年代一度見ているような気もするのだけど、ちゃんと覚えていない。ここ数年再始動して活発にライブしているようなので、チェックしとかなきゃ。
indian_no_echo_sign_bine_no!

ということでライヴ初めは、期待以上にどのアクトも素晴らしかった。やっぱりここは特別な場所だな。
今年もここを中心のライヴ生活になるんだろうなと思わされる晩でした。
しかし須原さんが異常に具合悪そうに見えたのがちょっと気がかり。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/01/05 00:28】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<U.F.O,クラブ19周年記念「発狂天国 vol.67」(1/5、東高円寺U.F.O.クラブ) | ホーム | フェイバリットディスク2014>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1600-9b71cefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |