ボロフェスタ2014(10/26、京都KBSホール)
プラニメjizueミライスカートKING BROTHERS大森靖子&THEピンクトカレフBELLRING少女ハートodd eyes×contact GonzoLimited Express (has gone?)→ベルハー物販→川本真琴with ゴロニャンずクリトリック・リス

KBSホール内は正面に10mステージ、左側面に9mステージという二つのステージがしつらえてあり、この2つのステージで交互にアクトが演奏する流れになっている。
ホール内に入った時には9mステージと10mステージの間の角っこのセンターステージでプラニメのステージが始まったところだった。
このほかにホールの外のロビーにある舟の形をしたビーロウステージ、地下のアンダーグラウンドステージという小さいステージが2つ、アンダーグラウンドステージはいつも満員で結局いかなかったな。

この日のお目当てその1は大森靖子&THEピンクトカレフ。フロアにドラムセットを移動してボーカルが観客の上で「西宮!」と煽りまくった前のKING BROTHERSの演奏の余韻がさめないまま、サウンドチェックからなだれ込むようにバンドの演奏が始まり、フロア後方から観客をかき分けながらアコギ背負った大森さんが登場、ステージによじ登ってつんのめるようなビートで「背中のジッパー」を歌いだす。アルバムでは静かに歌われているこの曲が強力なロックナンバーに生まれ変わっていて、むちゃくちゃカッコいい。大森さんの弾き語りの演奏は有無を言わせぬパワーで歌の中にどんどん引きずり込んでいくような息詰まる緊張感があるのだけど、、ピントカのバンドバージョンだとそのパワーが大森さんの歌を含めたバンドの演奏によって全部外に向けて解き放たれるような爽快感がある。「Over The Party」の「進化する豚」コールとか快感以外の何物でもない。

この日のハイライト。
大森「「キンブラ見てそういうのやりたくなったでしょ。「ロックンロール!とか言いたくなったんじゃないの、「ロックンロール!」って言わせてやってもいいよ。」
高野「次の曲そんな曲でもないし」
大森「変えればいいのよセットリストなんて。」
高野ギターのストローク、じゃーん 
大森「「ミッドナイト清純異性交遊」!

大森靖子
ついにきゃりーぱみゅぱみゅの事務所からクレームが来たという「新宿」から大森さんのキーボードで始まる「歌謡曲」、最後はPAによじ登って観客を煽る煽る。バンドが引っ込み、アカペラの「呪いは水色」で心震わすエンディング。
1. 背中のジッパー
2. hayatochiri
3. Over The Party
4. ミッドナイト清純異性交遊
5. きゅるきゅる
6. 絶対少女
7. 新宿
8. 歌謡曲
9. 呪いは水色

もうひとつのお目当ては、なんといってもBELLRING少女ハート。TIFでのステージが細切れでしか見られなかったので本当に楽しみにしていた。月末に発売される新曲や前のEPの曲を織り交ぜながらファーストアルバムの代表曲をほぼ網羅するフェス仕様のベストヒットセット、「みんなのファンをいただきます、BELLRING少女ハートです」っていう最初の口上以外MCもメンバー紹介もなくノンストップで全力疾走する35分間で大満足。夏に見た時よりさらにパワーアップして、ステージングもうまくなったのではないだろうか。彼女たちのパフォーマンスに「上手くなった」という表現が的確かどうかわからないけれど。あいかわらずメンバーの顔も名前もほとんど一致しないのだが、一番上手側で何度も何度も柵に上がって煽っていた子がカッコ良かった。この日ほかにも何組かアイドル観たけれど、さっぱり響くものがなく、もうオレは今のアイドルはベルハー一本推しでイイと思った。
今日のパシャっ
「サーカス&恋愛相談」の時の恒例の1枚。後ろの方にオレと娘が写ってる。
1. c.a.n.d.y.
2. World World World
3. the Edge of Goodbye
4. Crimson Horizon
5. Pleasure~秘密の言葉~
6. サーカス&恋愛相談
7. Rainy Dance
8. WIDE MIND

あとはベルハーのあと、ホールの真ん中にセッティングして行われたodd eyes×contact Gonzoのライヴがおもしろかった。ハードコアっぽいodd eyesの演奏の間、コンタクトゴンゾの連中が段ボールを投げ合い、ぶつかり合う。せっかくフロアでやってるんだからもっと観客とパフォーマーの垣根が壊れたら面白かったのだけど、なかなかそこまではいかない。でも、次のLimited Express (has gone?)が登場し、ボーカルのYUKARI嬢がいきなりフロアに飛び込んで引っ掻き回し火を付けると、一気にフロアはカオス状態に。よく見るとコンタクトゴンゾの連中やピントカのメンバーもいたような。リミエキってこんな弾けたサウンドをぶちかましてくれるバンドやったんや!

odd eyes × contact Gonzo from contact Gonzo on Vimeo.



この辺でくたびれ果ててしまった。カレー食ってベルハーの物販に並んだあたりまではまだ元気あったんだけど、川本真琴with ゴロニャンずの演奏の時は途中で後方に退却してうずくまって落ちてしまっていた。ラブクライ三沢さんとテニスコーツ植野さんのツインギターとか夢のバッキングだったんだけどなあ。
なんとか復活して最後はクリープハイプ…ではなくロビーステージのクリトリックリス!これが大盛り上がりでたぶんメインステージ大トリのクリープハイプ含めてどのバンドよりもロングセットだったというw。ラストはなぜかOasisの大合唱。

歴史のあるDIYフェスなのに実はボロフェスタ、今回がはじめての参加だった。
雰囲気もいい、メンツも楽しいイベントでまた来たいと思った。カレーもうまかったし。
愛しの愛doll BiS
ロビーでお出迎えしてくれた愛しの愛DOLL BiSのおねえさま方。
リフトされてミライスカートのステージ見守ってました。


スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2014/10/27 22:41】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世界の終わりのいずこねこの終わりのはじまり(12/20、渋谷WWW)その1 | ホーム | 女性アイドルソングベスト20(1980-1989)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1594-b579acb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |