後藤まりこと大森靖子(5/29、梅田AKASO)
この日のステージは対バンではなく「後藤まりこと大森靖子」として演奏するということで、二人が仲良く並んで登場した時には、この二人の強烈な個性が上手く共存するのか、期待と不安が半々というのが正直な気持ちだった。
舞台上手に白いミニのドレスに素足の後藤さん、下手側に黒と赤のワンピースドレスにヒールの大森さんという並びで、後藤さんがエレキを爪弾き、大森さんアコギをかき鳴らしだす。おもむろに後藤さん「♪わたし、中学3年生」、大森さん「♪脱法ハーブ、握手会」と同時に歌いだした瞬間をうわっこれはヤバいと思った。「4がつ6日」と「音楽を捨てよそして音楽へ」というお互いのいわば自己紹介のような曲を、いつものようにお互いまったく動じず自分のスタイルで歌っている、なんという名刺交換。

2曲目「新宿」は後藤さんが歌いだしたけれど、あとは基本的に弾き語りでそれぞれの持ち歌を間髪入れずに交互に歌い継いでいく形で、その間もう一方が即興でコーラスや伴奏を付けていく。交互に歌われると後藤まりこと大森靖子の違いみたいなものがはっきりと意識させられる。直情型のシンガーに思われがちだけど、大森さんの歌の世界って、実は韜晦や修辞を周到にめぐらされたことばの世界をたぐいまれなボーカルの技で力技的に歌として成立させていると思う。僕は後藤さんの活動はミドリ時代からあまり熱心に追っていなかったのだけど、そんな大森さんの歌と続けて聞くと、その無防備なまでのストレートさが心に残った。お互いのバッキングの演奏も含めて、(これは印象だけなので実際にそうなのかどうかはわからないけれど)大森さんが非常に計算して(もしかしたら事前に準備して?)演奏しているような気がしたのに対して、後藤さんはその場の瞬発力でぽーんと思わぬ方向に飛んでいくような、野生のジャンプ力のようなものを感じた。

「m@u」での大森さんの絶叫や「Over The Party」の後藤さんのギターソロなど相手の曲にジャストでハマったっという印象的な瞬間はいっぱいあった。でも実は一番印象に残っているのはちょっと違って、大森さんが「夏果て」歌う間、ずっと軽やかなステップを踏みながら伴奏を付ける後藤さんの姿だ。「夏果て」といえば大森さんの歌の中でももっとも重くシリアスな曲で、その曲のバックで無邪気な笑顔すら見せている後藤さんの姿はちょっとショッキングですらあった。正直なところ、その場では戸惑いを感じたし、うまくいっていたのか今も判断はついていない。後藤さんの野生の怖いところだ。

50分くらい切れ目なしにテンションの高い演奏が続いて、「君と映画」のラストでふたりが目をかわしながら「靖子とまりこ、ふたりでらいぶ」と歌詞を変えて歌われる激萌えの一幕でいったん小休止、MCが入る。このMCのふたりの掛け合いが噛み合わないことこの上なく、おかしい。ちなみにおふたりとも楽天カードは審査で落とされたそうです。
ひとしきり空気が緩んだ後、「hayatochiri」から「ドローン」とまたテンションの高い終盤の演奏にすっと入っていく。大森さんの「デートはやめよう」のエンディングで激しいギターノイズの嵐に突入し、その中から静かに「桜新町2丁目」が歌いだされ、そのまま続けてオープニングの2曲が再演される。今度はいつの間にか互いのパートが交換され、後藤さんが「音楽は魔法ではない」、大森さんが「さなぎは飛ぶ」と歌う感動的なエンディング。

アンコール、大音量のカラオケであのイントロが流れた瞬間会場がどよめいた。「ミッドナイト清純異性交友」だ!後藤さんはギターを派手に弾きまくり、大森さんが絶叫する。客席ではサイリウムが振られ、ぱんぱぱん、ヒュー!で客がジャンプする、なんというファンタジックなアイドル現場! さらに止まらない拍手、客電がつき客出しのアナウンスが流れ始めたところで再度二人が登場、さすがにネタが尽きたようで、MCの時と同様のいまひとつ噛み合わないgdgdなひとときもまた楽しい。最後はなんとかオチがついたけれど、まあこの様子は実際に観た人だけのおたのしみ、ということで。
【セットリスト】
1.4がつ6日/音楽を捨てよ、そして音楽へ
2.新宿
3.あたしのお歌
4.あまい
5.sound of me>m@u
6.エンドレスダンス
7.すきころしたいあいしてる
8.Over the Party
9.(今宵のダンス・今宵のミュージック)
10.Kitty's Blues
11. グッバイ
12.夏果て
13.ゆうびんやさん
14.ハンドメイドホーム
15.M@HΦU☆少女
16.君と映画
(MC)
17.hayatochiri
18.ドローン
19.絶対彼女
20.(あなたを支配する)
21.デートはやめよう
22.世田谷区桜新町2丁目
23.4がつ6日/音楽を捨てよ、そして音楽へ
(アンコール)
E.ミッドナイト清純異性交遊
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2014/05/30 23:36】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<FUJI ROCK FESTIVAL ’14 DAY 1(7/25、苗場スキーリゾート) | ホーム | 祝春一番2014(5/3、服部緑地野外音楽堂)>>
コメント
あのライブはよかったですよねー!!

ホントかどうかは知らないのですがミドリを解散した後藤まりこのバンドプロジェクトのメンバー募集に大森さんも応募してバンドは流れたんだけどそれ以来なんか親交はあったみたいですよ。だからそれなりに合わせてたんじゃないでしょうか?
またこの組み合わせでやってほしいなー・・・
竹山ロックフェスいきたかったなー!!
【2014/06/17 02:12】 URL | まつだいらたけちよ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1575-f8d2b554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |